Innovation Leading Company

データセンターをシンプルにする
「Nutanix」のテクノロジー

ハイパーコンバージドを超えてエンタープライズプラットフォームを実現するNutanix。従来の複雑な仮想化環境をシンプルにし無限にスケールアウトできる仕組みに始まり、Nutanixが仮想化環境だけでなくクラウドライクな基盤を提供できる、そのテクノロジーをご紹介いたします。

ソフトウェアデファインド

ソフトウエアアップデートで進化する仮想化基盤...AcropolisとPrism、AHV

サーバー/ストレージを一体化した仮想化アプライアンスであるNutanixは、その機能をソフトウエア化しています。その機能をつかさどるコア・テクノロジーがAcropolisであり、統合管理を司るツールがPrismです。このAcropolisとPrismにより、Nutanixはクラウドライクな基盤を提供することができます。またNutanixでは、VMware / Hyper-V / Xenserverといったハイパーバイザーをサポートしていますが、Nutanixの先進的な技術を利用するにあたって最適なハイパーバイザー:AHVを開発し、無償で提供しています。
これらはすべてソフトウエアで提供され、AOSやAHVをアップデートすることで常に最新の機能を利用することができます。

Nutanix ソフトウエアデファインド

Acropolis

Acropolisは高いパフォーマンス/可用性/拡張性を提供するNutanixのコア・テクノロジーです。
AcropolisはNutanix社独自の分散ファイルシステムで構成され、高パフォーマンスを維持する仕組みや圧縮/重複排除、スナップショットなど、エンタープライズ企業の仮想化基盤で必要とされるストレージ機能が提供されます。また、仮想マシンを他のNutanixやパブリッククラウド間で自由にそしてシームレスに移行させて利用することができるAppMobilityファブリックでは複数のハイパーバイザー間での移行やNutanix/クラウドを利用した災害対策機能などを提供します。
詳しくこちら >

Nutanix Acropolis

Prism

Nutanixのハードウェアから稼働する仮想マシン、アプリケーションまでを統合管理するPrism

Prismは仮想化インフラだけでなくパブリッククラウド、アプリケーションをシンプルに統合管理するためのWebベースのツールです。コンシューマ向けの非常にわかりやすい直感的なデザイン、データ分析、リソース予測画面などを提供することで、運用負荷を軽減できます。シンプルさにこだわり、ほんの数クリックで管理を行うことができるのが特徴です。
また、これまでの仮想環境ではさまざまな管理、運用、監視のため追加のソフトウエアを購入する必要がありました。すべての機能はPrismに含まれているため新たな管理ソフトウエア購入の必要がなく、ライセンスや運用にかかるコストを大幅に削減できます。
詳しくこちら >

Nutanix Prism

Calm

アプリケーション配信の自動化やライフサイクル/ハイブリッドクラウドを管理するCalm

Calmとは、Nutanixを形成するコンポーネントの一つで、管理ツール「Prism」を拡張する機能を担っています。Calmによってアプリケーション管理の自動化やNutanixだけでなく、パブリッククラウドのライフサイクルマネジメントまで可能となります。Calmにより、IT部門の皆様はインフラの管理から解放され、本来ビジネスを遂行する上でフォーカスすべきアプリケーションにより専念できるようになります。
詳しくこちら >

Nutanix Calm

AHV(旧:Acropolis HyperVisor)

ワールドワイドで採用が急激に進んでいるNutanix社独自のハイパーバイザー

AHVは、Nutanix社が開発したKVMベースの無償ハイパーバイザーで、Nutanixの先進的な技術を利用するにあたり最適なハイパーバイザーです。Nutanix社はお客様が必要としている様々な機能を開発/リリースしていますが、それらはまずAHV環境上にてサポートされます。ワールドワイドではNutanix製品を導入するお客様のうち23%のお客様がAHVを選択していますが、その採用数は今後も伸びていく、まさにNutanixとともに進化するハイパーバイザーです。
詳しくこちら >

Nutanix AHV