日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

データセンターをシンプルにする
「Nutanix」のテクノロジー

Webscale ITを実現するNutanix。このページでは、複雑化したデータセンターをシンプルなものへと変え、無限のスケールアウト力を提供する、その独自のテクノロジーの一部を紹介します。

ソフトウエアデファインド

ソフトウエアアップデートで進化する仮想化基盤...AcropolisとPrism

サーバーやストレージを一体化した仮想化アプライアンスであるNutanixは、その機能をソフトウエア化しています。その機能をつかさどるのがAcropolis Base Software (AOS、以下Acropolis)であり、機能を管理するツールがPrismです。このAcropolisとPrismにより、Nutanixはその先進性を支えられています。

Nutanixでは、VMware/HyperV/AcropolisHypervisorを搭載したx86サーバーに展開されるAcropolisによって、分散ストレージや、さまざまなインテリジェントな機能を提供。ストレージのSnapshotや重複排除のようなエンタープライズストレージ機能はもちろん、仮想化で求められるレプリケーションやディズスタリカバリ、クラウドの連携まで実現することができます。このような機能はすべてソフトウエアで提供されることから、アップデートすることで常に最新の機能を利用することができます。

Acropolis

スケールアウトしやすい仮想化基盤

Nutanixは、将来的に必要なリソースが不明確な場合でもスモールスタートしやすい仮想化基盤です。
Nutanixは最小3台のサーバー(ノード)から仮想化基盤をスタートさせることができます。CPUやメモリー、ストレージなどのリソースが不足した場合、無停止で1ノードずつスケールアウト可能です。Nutanixのスケールアウトはすべての仮想化リソースが同時に拡張されるために、拡張限界やパフォーマンスの低下がありません。無限にすべてのパフォーマンスがスケールアウトできます。

Nutanixは2Uの筐体に最大4ノードのサーバーを搭載することができます。2Uという小規模からスタートして、柔軟にスケールアウトできるので、変化が速いビジネスへの活用や、今後の展開が予測しづらい新サービスを始める際にも有効に活用できます。

ストレージコントローラーをソフトウエア化してシンプル化

Nutanixは、従来のシステムにおけるストレージコントローラをソフトウエア化(AOS)しました。ストレージの機能は仮想化されたx86サーバで稼働する Acropolisにより提供されることになります。Nutanixは最小3台のAcropolisとHDD、SSD、ハイパーバイザー(VMware、Hyper-V、Acropolis Hypervisor)、10Gbpsネットワークカードを搭載したサーバーでクラスターを構成します。

各サーバーがネットワークスイッチを介してつながることで、各サーバーのSSD、HDDがAcropolisの分散ファイルシステム機能により、ひとつのNFS、iSCSI共有ストレージに変換されます。サーバーに搭載された、ハイパーバイザーからはNAS、SANが接続された時と同じ環境となります。従来のように運用管理負荷が高く、複雑なストレージ設計が必要だったSANやNASは必要ありません。

また、ストレージとハイパーバイザーの関係は、従来の共有ストレージと変わりませんので、ハイパーバイザーの機能や利用に制限はありません。Acropolisによりサーバーとネットワークスイッチだけで仮想化の環境が構築できるため、従来よりも非常にシンプルなインフラ構成になります。

ストレージIOを効率的に利用できる、SSDとHDDのハイブリッド構成とデータ自動配置

Nutanixのデータの書き込み先としてはSSDとHDD双方が用意されています。データの書き込みの際には、書き込み要求がNutanixのAcropolisに渡され、ローカルSSDに書き込まれます。この時、SSDを効率的に利用するために、アクセス頻度の少ないデータ(コールドデータ)はSSDからHDDへと自動的に移行します。

しかし、HDDに移行した後にアクセス頻度が多いデータ(ホットデータ)になると、再び自動的にSSDへと戻されます。アクセス頻度に合わせてSSDとHDDという2つのストレージを効率的に利用できます。これをデータローカリティと呼び、ハイパーコンバージド製品でもNutanixだけの特別な機能です。この機能により、1ノードあたり15,000を超えるIOを発揮することができます。

分散ストレージ機能により高い可用性を実現

Nutanixは複数のx86サーバーから構成されますが、その構成するx86サーバーに均一に仮想マシンデータを分散して管理することで高い可用性を実現します。もしNutanixを構成するノードに何らかの障害が発生した場合には、他のノードで冗長化していたバックアップデータから仮想マシンを再起動することでサービスを復旧させます。サービス復旧後は、データの再冗長化を自動的に実施し、アクセスを高速にするためにデータの最適な分散を行います。

Acropolisの詳細はこちら >

Prism

異なる環境も一元的に管理するNutanix管理コンソール「Prism」

NutanixにはWebブラウザーで利用できる、HTML5ベースの操作性に優れた管理コンソール「Prism」が搭載されています。リソースの管理、障害への対応など、さまざまな操作を「Prism」からワンクリックで実行可能です。

NutanixOSのアップグレードも、スマートフォンのアプリケーションをアップデートする時と同じような感覚で「Prism」からワンクリックで実行できます。さらに、REST API、Powershell、SNMPv3にも対応しているため、運用管理や分析を自動化することも可能です。

Nutanixの異なるモデルを併用していたり、異なるハイパーバイザーを利用していたりする場合であっても、「Prism」上で一元的に管理・運用することができます。さらに、オンプレミスとパブリッククラウド間でのリソースを移行する操作も可能です。

Prismの詳細はこちら >

マルチハイパーバイザー

幅広いニーズを満たすマルチハイパーバイザー

Nutanixは、「vSphere」「Hyper-V」「KVM」という3つのハイパーバイザーに対応。また、Nutanix独自のハイパーバイザーである「Acropolis Hypervisor」も利用可能です。

マルチハイパーバイザーに対応することで、1つのNutanixクラスターで幅広いエンタープライズアプリケーションをサポートすることができます。たとえば異なるハイバーバイザーを使った仮想化環境であっても、管理コンソールの「Prism」からワンクリックで仮想マシンを移行することが可能です。さらに、将来的には「Amazon Web Services」や「Microsoft Azure」といったパブリッククラウド環境にも、「Prism」上での仮想マシンの移行を実現できるようになることが予定されています。