Innovation Leading Company

Nutanixで進めるワークスタイル変革

企業データの情報漏えい対策、災害対策やパンデミック対策、PCデバイス管理の効率化といった以前からのニーズに加え、近年は在宅勤務やテレワークなど多様なワークスタイルに対応するため、デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)をやDaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)を導入する企業が増えています。従来の仮想化基盤に対して、より「迅速」・「簡単」・「快適」に実現できるのがNutanixです。

近年のワークスタイル変革と働きかた改革

近年の働き方改革やワークスタイル変革においては、単なるツール導入としてではなく経営戦略の一環、グループ・グローバルでのコミュニケーション、情報共有、人とのつながり方を抜本的に刷新し、結果的に「生産性向上」、「顧客価値最大化」、「イノベーション」などの効果を創出することで他社と差別化し、競争優位性を築くための全社的な変革活動を意図して進められます。そのためツールの導入以外にも人事制度や会社のオフィスの在り方など、多様なプロジェクト形態で進められます。



これまでのデスクトップ仮想化の課題:パフォーマンス

これまで、ワークスタイル変革を実現するソリューションとしてVDI(仮想デスクトップ)が使われてきました。物理端末をなくして仮想化することで、セキュリティの向上や会社外からのアクセス等、端末運用管理の効率化など、一定の効果を発揮しました。

他方、まったく問題がないわけではありませんでした。VDIの仕組みそのものに大量のリソースを利用する点や、パフォーマンスの面で課題がありました。特にパフォーマンスのトラブルは深刻で、 端末からもレスポンスが遅く仕事にならない、ネットワーク経由でリソースを使うケース(DaaS)では十分なパフォーマンスが得られないといった課題を抱えてきました。

またいままでのVDIはVDIそのものを管理する仕組みにも多くのリソースを割く必要があり、管理コンポーネント向けに多くの仮想サーバや高速なストレージ(高額なAll Flashストレージ等)の導入が必須となっていたことも、コスト面で二の足を踏む原因となっておりました。
これまでのデスクトップ仮想化の課題:パフォーマンス

これまでのデスクトップ仮想化の課題:リソース提供の柔軟性

また、ユーザーリソースに物理サーバーを利用しているため、すぐ作って3日ぐらいで利用停止・・といったような、リソースに波があるようなケースには必ずしも最適なケースにおいては、物理リソースを利用することが最適でないケースも昨今増えてまいりました。階段状にユーザー(リソース)が増えていく場合には物理リソースの増強を行えば解決しますが、ユーザーの減少が見込まれる、季節変動等増減が見込まれる場合においてはピークを見越したリソース準備が必要となり、リソースに無駄が生じてしまうケースが発生していました。

Nutanixでできること:オンプレミス

Nutanixは上記のような、オンプレミス・Daas双方にわたっての課題に対しシンプルな解決を実現します。

オンプレミスでは、独自の分散処理アーキテクチャーによるノイジーネイバー(特定の経路にアクセスが集中する問題)を防ぎ、スムーズなアクセスを実現します。パフォーマンス確保のためにリソースを確保せずともよくなり、適切なリソース量での提供を実現します。日本国内でも多くの実績を誇り、数多くの導入事例を誇ります。



これまでのデスクトップ仮想化の課題:パフォーマンス

Daasでもシンプルな展開を実現

NutanixはXi FrameというDaasサービスを提供しています。いままでのVDIとは違い、VDIそのもののコントロールをつかさどるリソースはクラウド上に保持する設計となっていており、コントロールリソース分は削減され適切なリソース量での構築が可能です

また、オンプレミスやクラウドの種別を問わず構築が可能なため、適切なときに適切なリソース量を準備することが可能です。

提供形式もHTML5やH.264などの言語やコーデックに対応しており、ブラウザも多種に対応しています。仮想デスクトップおよびアプリケーション仮想化にも対応しています。セキュリティ面でもユーザー認証はもちろんのことSOC-2、FedRAMP、FIPSなどの規格に対応し、既存環境とのスムーズな統合を実現します。

回線の利用とパフォーマンスについてもFrameは元々ブラウザへのビデオストリーミングの開発を行っており、H.264ベースのコーデックに対応したQoSを提供して、WANおよび低帯域のネットワークにも対応できるようになっています。

得られる効果

働き方改革で得られる効果はさまざまですが、NutanixはITの運用に時間を取られるのではなく、コミュニケーションツールの導入定着や新しい企画等、より時間を使わなければならないことに時間をさけるようになります。そしてそれを可能にするのがNutanixの提供するシンプルな運用管理です。

オンプレミスの場合であれば、いままで構築な運用に要した時間をより 本質的な業務へと振り向けることが、Daasであれば構築作業そのものをなくすことが可能といっても過言ではございません。
得られる効果

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでNutanixが提供するVDI/Daasソリューションについて解説してまいりました。NutanixはVDI/Daas分野で多くの実績を持っておりますが、日々アップデートが行われております。クライアントに悩んでいるそこのあなた、ぜひ再びVDI/DaasとしてのNutanixのご検討をお勧めします。