Innovation Leading Company

Karbon
Nutanixが提供する
オンプレミスKubarnates

Nutanix Karbonは、Nutanixが提供するオンプレミスでのk8sを実行するソリューションです。複雑性を伴うkubatnatesの運用 をオンプレミスでシンプルに実行します。エンタープライズグレードのKubernetes認定ディストリビューションであり、ネイティブのKubernetesエクスペリエンスを使用してKubernetesのプロビジョニング、運用、ライフサイクル管理を簡素化します。Karbonを使用すると、可用性の高いKubernetesクラスターを簡単に展開し、Webスケールのワークロードを操作できます。

<Kubarnatesが使われる理由とその特性>

従来型のようなスクラッチでの開発を行っていては、時間もお金もかかってしまうだけでなく、クラウドに適した(俊敏性を要求される)環境には全く適しません。そこで、最新のアプリケーションとサービスを一つの環境で実行できるものとして、コンテナ技術が使われます。最近のアプリケーションはアプリケーションを複数のサービスに分割するマイクロサービスと呼ばれるものに移行されています。アーキテクチャーとして個々の役割ごとに分割されているため、アプリケーションの更新や変更が簡単になります。したがって、ビジネスの競争力を維持しながら更新が迅速が可能です。中でも近年多く使われているのがKubernetesと呼ばれるディストリビューションです。

Kubernetesを利用する理由

管理の単位として、コンテナーをアプリケーションまたはサービスにグループ化します。 アプリケーションの高可用性を実現可能
アプリケーションを自動的にスケールアップまたはスケールダウン プライベート クラウドを含むクラウド全体のアプリケーションに移植性を提供します。

<Nutanix Karbonとは?>

Kubernetesクラスターのデプロイ及びマネージドKubernetes製品です。マルチクラスターのKubernetes管理用プラットフォーム として、 Kubernetes特有の管理をPrismからの操作によりシンプル化します。Nutanix上に展開することにより、回復力とセキュリティを向上させ、ロギングやモニタリング機能も提供します。これによKubernetesをスケジューラー・オーケストレーターに据えたコンテナ実行環境を即座に提供し、ユーザはKarbonをデプロイするだけですぐにコンテナの利用が可能になります。 またKubernetesそのものカスタマイズせず純粋なままを提供することで、既存の環境からの移行を用意し選択の自由を提供します。


Kubernetesのデプロイを始める最速の方法
自動化されたシンプルな管理、アップグレード、監視機能により、操作が容易
非永続化ストレージを内包
独自の拡張機能やインターフェイスを持たない純粋なKubernetesであり、移植性と顧客の選択を提供

<Karbonでできること>

Karbonのメリットは使いやすく、管理しやすいプラットフォームにあります。KarbonはPrism Centralで管理されるプラットフォームであり、Prismでのアラートやクラスタのヘルス管理も連携します。また、Karbon内部の解析も行うことができるようになるので、よりNutanixがインフラ(オンプレミスおよびクラウド含めて)アプリケーションの統合環境を実現します。またCalmで作成するBlueprintは仮想マシンとコンテナの両方をサポートし、LCMによるアップグレードでコンテナも一括してアップグレードされます。

人気ブログ記事