Innovation Leading Company

Calm

Calm(読み:かーむ)とは、Nutanixの管理ツール「Prism」に新たに追加された、アプリケーションライフサイクル管理とクラウドオーケストレーションツールの機能のことです。
アプリケーション開発や運用というのは年々複雑性を増しており、情報システム部門にとって、ユーザー部門が求めるスピード感でITリソースを提供し続けることは難しくなってきました。しかも通常はインフラ部門とアプリケーション部門など、各分野ごとに組織が分かれてしまい、その隔たりは小さくありません。さらに両者をつなぐにはそれぞれの分野で深い知識が必要で、自社のIT環境を網羅的に正しく理解できる担当者は数少ないという状況です。したがって社内調整には多くの時間と労力がかかり、新しいサービスを開始するには時間がかかっているのが現状です。
新たに追加されたCalmの機能を利用すれば、Prismだけでインフラとアプリの両方の管理ができるようになります。さらにオンプレでもパブリッククラウドでもPrismから一元的に管理できるので、新しいサービスも素早く展開できるようになります。

Calm

アプリケーションライフサイクルマネジメントの実現

Calmの機能で、アプリケーションの展開だけでなくライフサイクル管理まですべて自動化することができます。拡張やアップグレードなどの複雑な設定を行う場合でも、AWSとAzureなど複数のパブリッククラウドにまたがる構成を組む場合でも、アプリケーションのデプロイから管理までの一連の作業を自動化できます。
これによって、情報システム部門の皆様の日々のアプリケーション管理に費やす時間や労力を大幅に削減することができるのです。

Calm アプリケーションライフサイクルマネジメントの実現
Microsoft Azureの詳細はこちら

Blueprintとは

Blueprintとはアプリケーションの展開や構成情報などを持ったテンプレートのことです。あらかじめBlueprintを定義しておくことで、様々なアプリケーションのデプロイを自動化し、複数のVMも自動でプロビジョニングできます。これによって、これまで複雑で手間の掛かっていたアプリケーションの導入が簡単に短時間で実施できるようになります。
なお、BlueprintはPrismから簡単に作成できます。Blueprintを実行すると、自動的にアプリケーションの導入が始まり、最新のバイナリや設定の詳細などを確実に実装できます。

Calm Blueprintとは

マーケットプレイス経由でのセルフサービスの実現

ユーザーはApple のApp Storeのような「Application Market Place」から使いたいアプリケーションをクリックし、導入するインフラを指定するだけで、推奨構成で半自動的にアプリケーションをデプロイできます。
近年のアプリケーション設計は複雑性を増し、設定ミスの発生も多くなっています。そこでマーケットプレイスを使えば、必要な時にすぐにITリソースを利用できるようになります。

Calm マーケットプレイス経由でのセルフサービスの実現
Calm マーケットプレイス画面
Market PlaceからACXのBlueprintをDL

例)Market PlaceからACXのBlueprintをDL

ACXのBlueprintをローンチ

例) ACXのBlueprintをローンチ

ハイブリッドクラウドの実現

Calmの機能で、オンプレのNutanixにもAWSなどのパブリッククラウドにも簡単にデプロイできるだけでなく、費用もPrismから確認が可能です。権限管理の設定まで行えるため、特定のグループだけにパブリックラウドへ展開する権限を付与することも可能です。
これにより、Nutanixの管理ツールPrismから離れることなく、すべてのITリソースの使用状況や費用まで一元的に管理できます。

Calm ハイブリッドクラウドの実現