Innovation Leading Company

Nutanix Xi Services
Nutanixが提供する従量課金型のIaaSクラウドサービス

Nutanixは、Google Cloud Platformのデータセンターを利用して従量課金のIaaSサービスを提供します。オンプレミスでNutanixを利用し、例えば災害対策などに別拠点にもインフラを用意すると別途費用、運用管理が必要になります。一方で、AWSやAzureなどのクラウドサービスを利用すると、オンプレミスのNutanix環境とネットワークレベルで透過的に利用できず、管理ツール、SLA、サポートも全く異なるため利用しずらいという問題もあります。Nutanix Xi Servicesは、このような問題を課題します。Nutanix Xi Servicesは、2018年前半に米国で販売開始予定です。(日本では未定)

ハイブリッドクラウドも "インビジブル" に

Google Cloud Platformのデータセンターの一部を借りて、ベアメタルサーバ上でEnterprise Cloud Platformソフトウェアのフルスタックを動かすことで、オンプレミスのNutanixとL2レベルで透過的に接続でき、あたかも社内環境かのようにクラウドを意識することなく利用することができます。

Nutanix Xi Servicesでハイブリッドクラウドもインビジブルに

シームレスな拡張、災害対策

オンプレミス環境とNutanix Xi Services環境下にあるアプリケーションを、リフト&シフト(停止を伴っての置き換え)することなく、ワンクリックで簡単に相互に移行できます。iPhoneでiCloudを利用するように、NutanixはオンプレミスなのかNutanix Xi Servicesなのかを意識することなく利用することができます。

災害対策では、DR先にNutanix Xi Servicesを利用することで、アプリケーション(仮想マシン)単位で保護を設定、リカバリプランも柔軟に設定可能、レプリケーションはリカバリプランに応じて自動的に設定されて利用できます。Nutanixから提供されるDRサービスを利用すれば、DRの設定、管理、試験を数分以内に行えます。

Nutanix Xiでシームレスな拡張、災害対策

Prismから一元管理、ワンクリックで利用開始

Nutanix Xi Servicesは、Nutanixの運用管理ツール"Prism"から機能をオンにすることができます。このPrismでオンプレミスのNutanix環境だけでなく、Nutanix Xi Services環境も一元管理することができ、それぞれの環境下にあるアプリケーションをワンクリックで相互に移行することができます。
Prismの詳細はこちら >

Nutanix XiはPrismから一元管理、ワンクリックで利用開始