Innovation Leading Company

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)
製品比較

Nutanix

Nutanixは、ハイパーコンバージドベンダーロックインをさけ、お客さまへオープンな仮想化プラットフォームを提供します。
さらに、エンタープライズで必要とされる様々な機能を実装すると共に、日々の運用負荷を軽減すべくそれらの機能や物理/仮想環境をWebベースの1つの管理ツールで直感的に操作できることで、TCOを大幅に削減します。

Nutanix製品情報 >

マルチハイパーバイザー対応

Nutanix マルチハイパーバイザー対応

Vmware vSphere、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServerのハイパーバイザーに対応しています。さらに、Nutanix独自のKVMベースのハイパーバイザーAHV(Acropolis Hypervisor)を無償で提供しています。
例えば本番環境は自社に導入実績のあるvSphere、検証環境やコストを抑えたいDR環境には無償ハイパーバイザーのAHVを利用するなど、用途にあわせて使い分けをすることも可能です。

AHVについてもっと詳しく >

仮想化基盤の運用管理 "Prism"

Nutanix 仮想化基盤の運用管理 Prism

Webベースの運用管理ツール"Prism"を提供しています。ハードウェア、ソフトウェア、仮想マシン、拡張、バージョンアップデート、障害切り分けなど仮想環境の運用管理に必要なほぼ全ての作業をPrismだけで容易にすることができます。
Prismを活用することで運用管理者の負荷を大幅に削減し、属人的な運用から脱却することができます。

Prismについてもっと詳しく >

TCO削減

Nutanix TCO削減

Acropolis Hypervisorや、災害対策、リソースの将来予測など様々な機能を独自開発のソフトウェアで実現しているため、従来は必要であったソフトウェア費用を削減できます。
またPrismを活用して日々の運用を行うことで管理工数を50%削減し、システム停止時間を98%削減することができます。
これによりTCOを大幅に低減できます。

Nutanix TCO削減シミュレーション >

仮想化インフラで必要な様々な機能を実現

Nutanix 仮想化インフラで必要な様々な機能を実現

エンタープライズで求められるハイブリッドクラウド連携、マルチハイパーバイザー、セルフポータルサービス機能のみならず、Oracle、SAP、ファイルサーバーのITインフラとしても利用できます。
これにより、エンタープライズのITインフラをシンプルに集約し、Prismから容易に運用・管理できることから真のエンタープライズ向けソリューションを提供します。

Nutanixが目指すEnterpriseのためのクラウド >

HCIで実現する機能

  • サーバーとストレージの統合
  • バックアップおよびDRサービス
  • ストレージ仮想化

HCI++で実現する機能

  • システム管理、運用管理
  • マシンインテリジェンス
  • ハイブリッドクラウドサービス
  • マルチ・ハイパーバイザー対応
  • 独自ハイパーバイザー

エンタープライズクラウドで実現する機能

  • ネットワーク仮想化
  • アプリケーションのモビリティ
  • ネットワークセグメンテーション
  • アプリケーションエコシステム
  • オブジェクトストレージ
  • ファイルサービス
  • ブロックサービス
  • コンテナサービス
  • セルフサービス
  • クラウドの自動化

SimpliVity

SimpliVityは、2009年に創業したハイパーコンバージドインフラ専業メーカーです。
vSphereに特化したハイパーコンバージドインフラ製品を提供。専用ハードウェアアクセラレータの活用により高圧縮、高パフォーマンスを実現し、驚異のデータ容量削減を実現します。
2017年1月にHPE社がSimpliVityの買収を発表し、国内では2017年夏頃にHPE社製品としてリリース予定です。

SimpliVity製品情報 >

HPE社製品としてリリース

SimpliVity HPE社製品としてリリース

SimpliVityは2017年にHPEに買収され、今後はHPE製品としてリリースされます。
今後はHPEサーバー製品にSimpliVityのソフトウェアが実装されることで、これまで以上に信頼性の高い製品、保守サポートが提供されます。

SimpliVity ラインナップ >

信頼性の高いvSphere仮想化環境

SimpliVity 信頼性の高いvSphere仮想化環境

アクセラレーターカードを搭載し、重複排除・圧縮をハードウェアでオフロード処理するため性能劣化なく、高い容量効率を実現してノードあたりの集約率を向上することができます。
これにより、データ容量を平均60-70%削減でき、ディスクの有効活用ができます。

SimpliVity重複排除 >

全ての運用管理はVMware vCenterから

SimpliVity 全ての運用管理はVMware vCenterから

全ての管理操作単位はユーザー目線の仮想マシンで行います。
SDSストレージ管理、性能監視、バックアップ、BCP/DRコントロールなどSimpliVityを従来使い慣れたvCenterから一元管理できます。

VMware vCenterでSimpliVityを管理 >

WAN高速化、バックアップ機能も標準搭載

SimpliVity WAN高速化、バックアップ機能も標準搭載

従来仮想化インフラで必要となっていたWAN高速化やバックアップの機能を標準搭載しています。そのため、これらの製品を別途購入して構築する必要がなくなり、導入コストを削減することができます。

HPE SimpliVityのバックアップ・データ保護 >

VxRail

VxRailは、Vmware社vSAN機能を搭載したVmware環境専用のDellEMC社製ハイパーコンバージド製品です。
ワールドワイドで実績豊富なvSANとPowerEdgeサーバーを組み合わせた製品となり、vSphereハイパーバイザー環境に特化した信頼性の高い仮想化基盤を提供します。

Dell EMCとVmwareによる共同開発

VxRail製品 Dell EMCとVmwareによる共同開発

ハードウェアとソフトウェアのリーダーであるDellEMC社とVmware社が共同開発した製品です。
Vmware環境に特化しているため、信頼性はもちろんのこと、Vmwareの各種ソフトウェアと親和性が高い製品です。

信頼性の高いvSphere仮想化環境

VxRail製品 信頼性の高いvSphere仮想化環境

ハイパーコンバージドインフラを実現する機能vSANは、vSphereのカーネルに組み込まれているため、従来利用中のvSphereにあるvSAN機能をオンにするだけで利用することができます。
また、vSphereのバージョンを上げることで、最新のvSAN機能を容易に手に入れることができます

仮想化マシンの運用管理は使い慣れた"vCenter Server"から

VxRail製品 仮想化マシンの運用管理は使い慣れたvCenter Serverから

vSAN機能、仮想マシンの管理は、導入実績豊富なvCenter Serverから行えます。
新しい管理ツールは不要で、従来使い慣れたツールを活動できることで、運用管理者の負荷を軽減します。

ハードウェア環境はVxRail Managerで容易に管理

VxRail製品 ハードウェア環境はVxRail Managerで容易に管理

ハードウェア環境を簡単に管理できるVxRail Managerが搭載されており、ステータス状況などを一括して確認できます。これにより初期セットアップも30分程度で自動的に行うことができます。