Innovation Leading Company

NETSCOUT研究所

そもそもDDoS攻撃とは何か、攻撃を受けた場合、どれだけ損害があるのか、近年のDDoS攻撃のトレンドや最適な対策方法の選び方など、DDoS攻撃に関するさまざまな情報をお届けいたします。是非お役立てください。

いまさら聞けない

DDoS攻撃とは
DDoS攻撃とは
DDoS攻撃とは、「大量のトラフィックを送ること」では、ありません。大量のトラフィックを送ることは、あくまで手段です。DDoS攻撃の目的は、攻撃先のサービスをダウンさせることにあります。
損害の定量化
損害の定量化
「DDoS攻撃を受けてしまった場合どれくらいの損失があるのか?」あらかじめ定量化をしておくことは、とても重要です。本ページではDDoS攻撃の被害を定量化する際のポイントを解説します。

攻撃のトレンド

DDoS攻撃のトレンド
DDoS攻撃のトレンド
DDoS攻撃の傾向を把握しておきましょう。攻撃が来てしまった際に、どのような対策を取るべきかを想定するうえで非常に重要です。本ページでは、DDoS攻撃の近年の傾向について解説します。
すすむ武器化
すすむ武器化
DDoS攻撃を攻撃者が仕掛ける際、利用するボットの数を増やす活動を常に行っております。ボットを増やすことで武器を蓄えるためです。ここ数年では、そうした攻撃者の活動が非常に活発化しています。
絨毯爆撃
絨毯爆撃
攻撃者は、常に対策側の仕組みの裏をかくことで攻撃が到達するようにします。その手法の一つとして、絨毯爆撃があります絨毯爆撃の説明と効果的な対策手法について解説します。

DDoS攻撃対策について

OTT可視化
OTT可視化
多くのISPは自社バックボーンのトラフィックの傾向性を把握しようと努めています。手法のメリット・デメリットと注目されているフロー情報を活用したOTT可視化について解説します。
最適な対策手法の選び方
最適な対策手法の選び方
DDoS攻撃対策にはさまざまな手法があり、それぞれの手法にメリットとデメリットがあります。
ここでは主な手法を最適な対策手法の選び方として解説します。
BGP Flowspec
BGP Flowspec
BGP Flowspecとは、RFC5575にて定義をされたRouterへのパケットフィルターの記載手法です。BGP Flowspec技術のDDoS攻撃対策への活用は、昨今実施される企業が増えてきております。

性能監視について

ローカル5Gと性能監視​
ローカル5Gと性能監視
 
ローカル5Gを構成するネットワークは非常に複雑です。そのため、障害が発生した際の解析に非常に手間取ることが想定されます。本ページでは、具体的な障害事例を紹介します。そのうえで、ローカル5Gコアネットワークに必要な監視について解説します。また、5Gの要件である低遅延を実現するための性能監視の必要性についてもあわせて解説します。
ネットワークチームで取り組む顧客満足度の向上
ネットワークチームで取り組む​顧客満足度の向上​
働き方が変わってきている今、ISPやクラウド事業者に対して回線品質の向上要求がより強まってきています。
「ネットワーク屋の視点で顧客満足度向上にどう取り組むべきか」について本ページでは解説します。