Innovation Leading Company

製品情報

Search by products

製品から探す

Search by solutions

テーマから探す

フローによるDDoS攻撃検知

フローによるDDoS攻撃検知

トラフィックの可視化

トラフィックの可視化

DDoS攻撃のミティゲーション

DDoS攻撃の
ミティゲーション

性能監視

性能監視

フローによるDDOS攻撃

フローによるDDoS攻撃検知

ISPをはじめとした事業者ではBGPを運用するような大きなネットワークをもっています。そのなかでDDoS攻撃検知を効率的に行おうとするとフローの活用は必須です。SNMPやDPIを含むキャプチャ型の製品では取れる情報が断片的であり、全体感を把握するためにはキャプチャポイントを増やす必要があります。そのための設備投資も必要となり、あまり現実的ではありません。フローの活用でしたらフローコレクターだけあればDDoS攻撃検知が簡単にできるようになります。また、簡易的なDDoS攻撃への対処もフローコレクターで行うことができます。

Sightline
トラフックの可視化

トラフィックの可視化

ISPにとってはトラフィックの可視化はもはや運用上欠かせなくなっています。運用者は、トラフィック流量の傾向性をもとにネットワークの設備投資計画を立てたり、ピアリング分析によるトランジットコストの最適化を行ったり、自社顧客に対してどのようなトラフィックが流れているかを分析したりします。その際、ただレポートを出せればいいというわけではありません。使いやすいレポーティングツールである必要があります。

InsightAIF For Sightline
DDoS攻撃のミティゲーション

DDoS攻撃のミティゲーション

DDoS攻撃を受けてしまうとサービスが停止してしまい、企業に大きな損害をもたらす可能性があります。そこでDDoS攻撃と正常通信を判別し、DDoS攻撃を落とすことでサービス停止が起こらないようにする仕組みが必要です。DDoS攻撃にはさまざまな手法があり、そのボリュームも異なります。中には正常なパケットを送出する巧妙なものもあるため、攻撃内容によって対処方法が異なります。NETSCOUT社ではあらゆる攻撃手法に備えて適切に対処可能な製品を用意しています。

Arbor CloudTMS  AED APS
性能監視

性能監視

ミッションクリティカルなサービスの運用者はネットワークの遅延や輻輳など敏感にならざるを得ません。いざ障害が起こったときにはあらゆる視点から障害の原因解析を行います。しかし、性能監視ツールは監視箇所や利用製品に応じて多数あります。それぞれのツールのアウトプットを膨大な時間と労力かけて整理し、原因を特定していきます。一方、ネットワークのキャプチャ情報には多くの障害原因追及に必要な要素が含まれています。効率的な性能監視にはかなり有効です。

ISNG/NG1