Innovation Leading Company

自動化|HPE Synergy

運用負荷の軽減や人手不足解消、業務の効率化のためにも、運用業務を自動化することは多くの価値をもたらします。HPE Synergyでは、自動化を推進することで、運用管理者の負荷軽減に貢献します。

ハードウェア担当、運用管理担当、開発担当...すべての担当者が操作可能なインフラ

企業のインフラを支える担当者は数多く存在することでしょう。導入、設定、アプリケーション開発、運用や保守など数多くの業務を行うことになり、それには従来、時間も人手もかかっていました。しかし、人手不足の時代を迎え、生産性向上が多くの企業の命題となる今、これらの作業を効率化することが必要です。そのためにも、下記の流れのように、できる作業を自動化していく必要があります。

コード化による自動化で業務不可を軽減し、安い・速い・高品質を実現

一方、運用管理者にとっては、日々の「パッチ適用」、「システム構成変更」、「システム増強」などの業務は大きな負荷となります。しかも、管理するデータが膨大になるほど、運用負荷は増大します。このような負担を軽減するためには、作業自体を人の手から切り離す形での『自動化 (Infrastructure as Code)』が解決策となります。

人でを介した作業は...高い, 遅い, 低品質. コード化により作業は...安い, 早い, 高品質