Innovation Leading Company

運用効率化|HPE Synergy

サーバ台数が増加するほど、管理者の負荷は高まる一方。多くの管理者が抱えている運用負荷に関する課題に対し、HPE Synergyはどのような解決策を提供するのか紹介します。

HPE Synergyがもたらす3つのメリット...さまざまな運用負荷を軽減する機能

HPE Synergyは先進的な管理機能を搭載。管理者の運用負荷軽減に貢献します。

1: 多大な時間がかかっていた作業を、数分レベルに短縮. 迅速に使用開始. たった数分で増設. 故障対応不要. 2: ファームウェア更新作業の負担を大きく軽減. ファームウェアの更新を自動的に実施. 3: OneViewで仮想ネットワークと物理ネットワークの接続をわかりやすく可視化.

ファームウェア更新の負荷を軽減

HPE Synergyに搭載されたコンピュートノードや、インターコネクトモジュールは、必要に応じてファームウェア更新を行う必要があります。これまで、運用管理者はファームウェア更新時に作業の手間が生じていましたが、管理ソフトウェアである「OneView」や「Smart Update Manager(SUM)」、 「まとめて更新&あとから適用」、自動ローリングアップデートなどの機能を活用することで、ファームウェア更新を自動的に実施したり、負荷を減らすことができます。

ファームウェアの更新は, 最新情報の把握・適用状況の確認から更新対象を特定し, オンラインでの更新を自動的に実施する.

OneViewで仮想化管理ツールに物理管理を強化して運用負荷を軽減

HPE Synergyの管理ソフトウェア「HPE OneView」を、 VMware vCenterにプラグインすることで、物理サーバ管理を強化できます。これまで仮想化管理ツールが苦手だった、仮想ネットワークと物理ネットワークの接続の可視化が可能になるとともに、新たなESXiホストの増設やクラスタへの追加専用の構築機能を搭載することで、一連の動作を自動化して実施できるようになります。