Innovation Leading Company

クラウド型運用|HPE Synergy

ハイブリッドクラウド化を検討したり、DevOpsによる開発やアジャイル化を進めたりと、新たな時代のインフラを支えるための動きが活発に見られるようになりました。HPE Synergyでは、これらの環境構築に向けても数多くの機能を提供しています。

「クラウド型運用」で、物理環境の境界を意識しない運用へ

これまでのインフラ運用の実情は、物理サーバ・仮想サーバ、オンプレミスとクラウド、各種コンテナ...など、様々なシステムやサービスの境界あり、その都度異なる管理の方法をとらなければならないことが多くありました。

しかし、新時代に求められるのはプライベートクラウドとオンプレミアス、さらにはパブリッククラウドをシームレスに活用できるような環境であり、開発・運用をアジャイルに実行できる環境です。このような時代の要請に答えるのが、HPE Synergyです。下図のように数多くの製品群がシームレスに活用できることで、運用負荷が多い環境を改善できるだけでなく、ビジネスに時代にあった速度をもたらすことができるのです。