Innovation Leading Company

【受付終了】在宅勤務急増におけるサイバーセキュリティ脅威 ~脅威予兆検知のベストプラクティス~

昨今、あるVPN製品のパッチ未適用だった日本企業のIPアドレス一覧が、ハッカーが集まるWebサイト上で公開されていることが明らかになり、大きなニュースとなりました。
新型コロナウイルス感染症により在宅勤務が急速に拡大していく中で、暫定的にVPN装置などの専用装置を用意した企業は多いのではないでしょうか。攻撃者に脆弱性を悪用されると、マルウエアを遠隔から実行され任意のファイルを読み取られたり、認証情報を不正に取得される恐れがあり、企業は情報漏洩を未然に防ぐためのアプローチが必要となります。
また、対策にあたっては、リモートワーク環境、モバイル、クラウドサービスなど様々な環境下における全デバイスを対象に俯瞰した可視化が必要不可欠です。

本セミナーは、このような方にオススメです。
・リモートワーク環境下における最新のセキュリティ脅威動向を知りたい方
・侵入を継続的に監視するツールとしてSIEM、EDR、NDRを検討または導入している方
・脅威の予兆検知対策の強化、または既存の脅威検知対策の見直しを検討している方

開催概要

日時 2020年 9月29日(火)16:00~16:30
形式 Webセミナー
※本ウェビナーは、Zoom Web会議システムを使用いたします
※お申し込み後、開催前日までに参加用URLをメールにてお送りいたします
参加費 無料(事前申し込みが必要です)

プログラム


16:00-16:25

在宅勤務急増におけるサイバーセキュリティ脅威と脅威予兆検知のベストプラクティス

今後のセキュリティ対策は、リモートワーク環境、モバイル、クラウドサービスなど様々な環境下における全デバイスを対象に俯瞰した可視化が必要になります。
本セミナーでは、現在増加しているサイバーセキュリティの脅威と、脅威の予兆検知対策をNDRの観点からご紹介します。


日商エレクトロニクス株式会社
セキュリティ事業本部
寺下慶亮

16:25-16:30

Q&A

※プログラムは変更になる可能性がございますのであらかじめご了承ください

お申し込みいただいた情報に関して

お申し込みいただいたお客さまの個人情報は、当社がご提供する商品・サービス・キャンペーン・イベントなど各種情報のご連絡に利用させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

関連情報