Innovation Leading Company

Network as a serviceのすゝめ  ~ハイブリッドクラウドの効果を最大限引き出すネットワーク~

情報システム部門担当者、ネットワーク担当者必見!

ビジネスのスピードにあわせてクラウド環境を迅速に利用したい、自社リソースをオンプレ環境に依存せずに効率よく管理したいという要望から、クラウド需要は日々高まっています。クラウドリフトからシフトへ進むなか、今後これまで以上にクラウドの恩恵を受け、その効果を最大限引き出さねばなりません。皆さまのインフラはそのための準備が出来ていますでしょうか?
オンプレミス、クラウドへのネットワークアクセス経路、パフォーマンス、運用管理等を意識しながら柔軟にクラウドニーズに対応する必要があります。本セミナーでは、対象を主にハイブリッドクラウド環境に絞り、Network as a service(NaaS)がいかにクラウドの効果を発揮し、ビジネスに貢献できるかを分かりやすくご案内します。

◇このような方におすすめ◇
・ハイブリッドクラウド環境におけるネットワーク、およびセキュリティの設計、構築、運用にお困りの方
・マルチクラウド化を検討中の方、マルチクラウド利用中の方

開催概要

日時 2022年8月4日(木)16:30~17:10(16:15開場)
開催場所 オンライン(Zoomウェビナー)
※前日までに受講票を送付させていただきます。
参加費 無料
主催 日商エレクトロニクス株式会社
関連ソリューション Alkira
Alkira詳細はコチラ
Webでのお申込み

プログラム

ご案内
16:30~16:35

セッション1
16:35~16:50

ハイブリッドクラウド環境におけるネットワークの理想形とは?

クラウド移行が活発化するなかでも、オンプレミス環境を引き続き利用するケースは多数あります。
ネットワークエンジニアはうまくオンプレミスとクラウドを使い分け、複雑化するネットワークの経路やセキュリティなど、多くのポイントを考慮する必要があります。
ハイブリッドクラウドの効果を最大限発揮するには、どのようなネットワークが理想的なのかご説明します。

日商エレクトロニクス株式会社
エンタープライズ事業本部
クラウドサービス事業推進室
黒岩 彩

セッション2
16:50~17:05

クラウドを使いこなすためのネットワークアシストツール
クラウドネイティブ機能を補完するNaaS・Alkiraご紹介

データセンターとのクラウド接続、クラウドネットワークの設計・構築・運用が面倒や手間、難しく感じることはないでしょうか?クラウドネイティブの操作画面では慣れるのに時間が掛かり、オペレーションミスや見直し、再設計が発生する可能性があります。これらの課題解決のためにAlkiraを使うことでネットワーク操作を抽象化、簡素化、簡略化することでどう使い勝手が向上するかご説明します。

日商エレクトロニクス株式会社
エンタープライズ事業本部
クラウドサービス事業推進室
坂口 武生,CISSP,CISA

Q&A/アンケート
17:05~


※プログラムは変更になる可能性がございますのであらかじめご了承ください。

※同業他社様および申し込み多数の場合、参加をお断りすることがございます。

Webでのお申込み

お申し込みいただいた情報に関して

お申し込みいただいたお客さまの個人情報は、本イベントに関するご連絡のほか、当社がご提供する商品・サービス・キャンペーン・イベントなど各種情報のご連絡に利用させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

関連情報