Innovation Leading Company

【開催中止】事例から学ぶRPA実践セミナー

開催概要

日時 2020年3月11日(水)15:00~17:30 (受付 14:30~)
場所 梅田ダイビル B1F会議室
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10

アクセス
定員 50名

※定員に達した場合は受付終了いたします
参加費 無料(事前申し込みが必要です)
共催 日商エレクトロニクス株式会社
協賛 Blue Prism株式会社

プログラム

15:00‐15:40

日商エレクトロニクスが実践しているRPA活用事例

日商エレクトロニクス株式会社
DX第ニ事業本部 地域デジタルレイバー推進室
ITコンサルタント 西村 友良

「自社取扱製品の自社事例」。製品の善し悪し・宣伝文句で謳われる期待効果は使ってみないと分からない。2017年6月にWinActorからスタートし、現在BluePrismの導入に至るまでの2年半の軌跡を、ツール・運用ルール・組織体制など様々な視点でご紹介いたします。

15:40‐15:50

休憩

15:50‐16:40

RPA適用事例 2020年3月版(仮)

BluePrism株式会社

従来は間接業務や事務効率の改善といったアプローチで適用されてきたRPA「Blue Prism」ですが、近頃、Blue Prismの持つ優れた機能を活かした、基幹システムへの刷新や製造業の生産技術や品質保証などの管理へ、適用事例が拡大しております。
本セッションではなぜ「Blue Prism」が、適用範囲を拡大出来ているか?RPAの将来像とともにご紹介いたします。

16:40‐17:10

デジタルレイバーセンター構想を支援する5つのサービス


日商エレクトロニクス株式会社
DX第二事業本部 本部長
青木 俊

RPA事業を始めて約3年、社員の生産性向上や業務改善を実現するためにRPAツールを活用するには、運用ルールの策定や支援体制が重要という結論に至りました。本セッションでは、弊社事業のビジョンを表す「デジタルレイバーセンター構想」のご説明と、センターの構築・運用に必要となる5つのサービスをご紹介いたします。

17:10‐17:20

閉会のご挨拶

日商エレクトロニクス株式会社
DX第二事業本部 地域デジタルレイバー推進室
室長 河野 宏史

17:20‐18:00

案件相談会


※プログラムは変更になる可能性がございますのであらかじめご了承ください。

お申し込みいただいた情報に関して

お申し込みいただいたお客さまの個人情報は、当社および以下の会社で本イベントに関するご連絡のほか、各社がご提供する商品・サービス・キャンペーン・イベントなど各種情報のご連絡に利用させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

共同利用会社の個人情報の取り扱いについては以下をご確認ください。
Blue Prism株式会社 プライバシーポリシー

関連情報