Innovation Leading Company

AI最適配車サービス

AIの力で誰でも簡単に
効率的に配車・配送が可能に

AIによる最適配車計画(VRPの解決)と残量予測により
LPガス・灯油・自動販売機補充など定期配送を行う事業者様向けに
いままでの配送効率化システムで実現できなかった効率化を提供。

こんな課題を解決します

AI最適配車
サービスとは?

AIによる最適配車計画(VRPの解決)と残量予測により、積荷と残量を意識して
最も効率的にだれが、いつ、どこに、どの順番でいくのかをシステムが自動算出します。

※VRP(Vehicle Routing Problem):複数車両の使用を前提とした複数顧客への訪問、集荷or配達等の移動コストを最小化した経路を求める問題

最適配⾞計画

残量予測

サービスイメージ

利活用シーン

定期配送、回収の業務を行っている事業者様向けにサービス展開をしております。

  • LPガス配送
  • 灯油配送
  • ⾃動販売機補充
  • 廃棄物回収
  • 産業ガス配送

特徴・選ばれる理由

point01

VRP解決による配車チームの
パフォーマンス向上

VRP解決の技術を用いて複数人のドライバーが、本日回る必要がある複数箇所を、誰が、どの順番で、どこに行く、まですべての工程を自動的に決定します。

point02

センサーレスでの
初期コストの低減

独自開発した残量予測モデルにより、センサーレスでタンク等の残量把握が可能です。※お客様の対象や環境によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

point03

事業計画に活かせる
データ分析サービス

事業拡大に際して、出店、M&A、パートナリングを予定している販売店について、どの程度配送効率が上がるのかをデータ分析を行うことによって試算可能です。

point04

導入しやすい
価格体系

クラウドサービスのため、高額な導入初期コストもかかることなく、利用状況に応じたサービス料金となります。

point01VRP解決による
配車チームの
パフォーマンス向上

特許申請済み技術によりVRPを解決し、
一般的なルート最適化では実現できなかった最適配車計画を提供します。

  • ※TSP(Traveling Salesman Problem):1車両の使用を前提とした複数顧客への訪問、集荷or配達等の移動コストを最小化した経路を求める問題
  • ※VRP(Vehicle Routing Problem):複数車両の使用を前提とした複数顧客への訪問、集荷or配達等の移動コストを最小化した経路を求める問題

一般的なルート最適化
(TSPの解決)

  • 1台の車両が複数箇所を最適な順番で巡回する道を決定する
  • だれがどこに行くかは人間が決定する
  • ドライバーごとの業務量の偏りが発生する

日商エレの最適配車計画
(VRPの解決)

  • 複数台の車両が複数箇所を最適な順番で巡回する道を決定する
  • 役割分担、積み荷の残量をシステムが自動的に考慮
  • だれがどこにどの順番でいくかの配車業務全体を自動的にカバー
  • ドライバーごとの業務量の偏り、配車業務の属人化が発生しない

point02センサーレスでの
初期コストの低減

センサーに頼らず、独自開発した残量予測モデルを使用して
訪問先の優先順位付けを行います。

一般的な残量監視
(IoT)サービス

  • センサーのメンテナンス(バッテリー、通信状況)
  • 初期コストや取付調整が発生する
  • 配車業務は依然として計画者の指示に依存

日商エレの最適配車計画
(VRPの解決)

  • センサーは補完的のため高額な初期投資不要
  • 残量予測に基づき配車業務を最適化
  • ※一部のロードヒーティング向けタンクにはセンサーの取り付けり付けを推奨します。

point03事業計画に活かせる
データ分析サービス

データ分析で出店、M&A、パートナリングを予定している販売店について、
どの程度配送効率が上がるのか、経営効率化可能なのか試算します。

データ分析で最適な経営資源投入量を算出

青色地域の販売店と連携する場合、既存のグレー色支店のドライバー数と、青色販売店のドライバー数を最適な配分にする事で、
M&Aなどした場合の経営効率化の度合いを試算や、販売会社取り込みの利点にすることが可能になります。