Innovation Leading Company

ソリューション

VDI(仮想デスクトップ)対応 労務管理支援サービス

~サービス残業やカラ残業、労働環境悪化にストップ~

VDIの使用時間を把握し、
貴社の働き方改革・ワークスタイル変革を支援します。

働き方改革・ワークスタイル変革の影響

昨今、働き方改革・ワークスタイル変革にともない、VDI(仮想デスクトップ)導入を計画される企業様が増加しています。VDI導入は社員からみれば、いつでも、どこでも仕事ができるメリットは大きいですが、管理者側は社員の"本当の働き方"をどのように把握し管理すればいいのでしょうか?

VDI導入企業の悩み!?どうしても把握できないこと

VDI導入により、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務など、会社に出社せず働くことが当たり前になってきました。管理者の目が届かないため、出退勤や残業、労災認定等あいまいになってしまうことが多くあります。会社と社員、両方を守るためにも客観的に"本当の働き方"を把握することが重要です。

サービス概要

労務管理支援サービス:物理PC・VDIの使用時間取得イメージ

労務管理支援サービスでは、物理PCのログイン/ログアウト時間、VDIのセッション接続/切断時間をはじめ、画面上での操作/非操作時間、接続中のアプリケーション情報を取得し、レポートとして提供いたします。サービス残業の有無や従業員の働き方、生産性などを把握することにより、働き方改革に欠かせない客観的データによる労務管理を支援いたします。

サービス提供フロー

労務管理支援サービス:クラウド形式でのサービス提供フロー

・専用ポータルサイト画面

※画面イメージは作成中のものです。実際のサービス提供時にはデザイン・仕様等変更になる場合がございます。

対象となるPC/VDIにデータ収集エージェントを組み込んでいただくことで、各種データの取得が可能となります。データをもとにしたレポートは、クラウド形式で提供。専用のポータルサイトより閲覧・ダウンロードいただけます。

※一部、就業管理システムとの連携も可能です。お気軽にご相談ください。

サービスの特長

VDI(Citrix/VMware)対応

1.VDI(Citrix/VMware/Microsoft)での時間取得に対応

物理PCに加え、VDIの時間取得ができることは本サービス最大の特長です。Citrix社、VMware社、Microsoft社いずれのVDIにも対応しています。また、物理PC・VDIの混成環境でも、1つのサービスで集約管理が可能です。

精度の高い使用時間の取得

2.精度の高いVDI使用時間を取得

現状、数十分~1時間単位で誤差がでることの多いVDIの接続/切断時間について、分単位で取得可能。客観的、かつ高精度のデータとして労務管理に活用できます。

操作時間のデータも取得

3.画面上での操作時間のデータも取得

ログイン時間だけでなく、実際に使っていたアプリや操作の有無まで把握可能なサービスです。時間データと合わせることで、仕事の実態が見えてきます。

シンプルに導入可能

4.シンプルに導入可能

基本的には、お客様のPC/VDI環境にエージェントを入れていただくだけ(※)でサービス利用が可能です。複雑な設定は必要ありません。

※お客様環境により、ファイアウォール設定など必要な場合があります。

お問い合わせ

詳しくは、webフォームよりお問い合わせください。

> お問い合わせはこちら

関連情報