日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ソリューション

テレマティクス クラウドサービス

社会から車両による重大事故を撲滅し、安心安全を届けたい。

『社会から車両の重大事故を撲滅する』をキーワードに掲げたサービスとなります。        企業が直面する様々な問題を解決いたします。                          ~事故リスク、安全運転という意識の改革、適正保有台数によるコスト削減 etc~



概要

   昨今、若年層の車離れ/運転が苦手/運転指導の方法が分からない等の理由から、
   車両リスク(事故/クレーム/コスト など)を何とか軽減したい!というお声を数多く
   頂戴しております。
   当社は本サービスを通じて「車両の見える化」を実現します。また数多くの導入事例から
   蓄積してきたノウハウを活用してお客様の課題を解決を強力にサポートしてまいります。

     ◆何よりも安全を優先 ◆重大事故の撲滅 ◆安全運転意識の啓蒙

   お客様が保有する車両にIoT(※1)技術搭載の車載機を設置することで、お客様の手を
   煩わせることなく車両情報を自動取得します。管理者様やドライバーさんはポータル
   サイトにアクセスするだけで取得されたデータの閲覧/ダウンロードなどの利用ができます。
                      ※1. IoTとは Internet of Things の略称です。

 

 ◆GPSによる動態監視、走行軌跡のログ集積
 ◆危険度センサーによるヒヤリハットイベントの通知
 ◆速度超過情報の通知
 ◆ヒヤリハット時の動画
 ◆ヒヤリハット発生時一斉メール送信




くるま-i紹介動画

 導入効果事例

 当社でご利用頂いているお客様から伺った生の声の一例です。










特徴

主な特徴 メリット 期待される効果
動画の自動送信機能

  ※当社指定のレベルとなります。

事故以外のヒヤリハット情報
PUSH型の通知で運転指導もスムーズ
事故削減
運転意識の向上
②動態管理

GPS衛星電波による位置情報の特定が可能 急な呼び出しにも迅速対応
災害時の場所特定も容易
③簡単取付 工事費不要 付け回しもお客様で可能
くるま-i: 特長2
取り回しの工事費が不要
好きな時に取付車両を変更可能
④データ自動収集 導入効果の見える化
(適正車両稼動/安全運転意識レベル/
 ワークタイムバランス etc)
契約台数の見直し=コスト削減
稼働率の見える化=効率性向上
⑤車両の予約機能 

  ※2017年7月以降のリリースとなります。

共有車両のドライバー別管理が可能
月次の集計等が容易に!
共有車両利用時の危険運転の
見える化を実現


デモンストレーションは無償!




サービスプラン

基本機能

「くるま-i」では、5つのサービスプランをご用意しています。

通信プラン
(※2)
非通信プラン
(※3)
端末売切
(※4)
Plan15
Plan5
Plan1
GPS(※5)
ドライブレコーダー(※6)
デジタルタコグラフ
クラウド(※7)
-
通信機能
-
-

※2. Webと携帯電話回線を利用した双方向通信により、クラウド上でリアルタイムに運行管理。車両走行軌跡の更新間隔(1分、5分、15分)に応じた
3つのプランより選択可能。

※3. リアルタイムの双方向通信を必要としないお客さま向けプラン。電話回線を用いず、SDカードの抜き差しによってデータをクラウド上で管理。

※4. 車両運行管理ソフトウエア「LOGSEER」を用い、ローカルPCで車両運行管理。

※5. GPS機能: Google マップ連動表示。

※6. ドライブレコーダー機能: CMOSセンサー付き200万画素カメラによる、ハイブリッド録画方式(常時録画およびイベント録画)を採用。

※7. 「くるま-i」のWebサイトからサーバー上のデータを引き出し、ドライバーの運行実績や運転分析を実施。

サービスメニュー

ビッグデータ分析サービス

「くるま-i」では、車両やドライバーごとに、日時・位置・急ブレーキ・急発進・速度超過などの情報が秒単位で収集されます。さらに、連続運転時間、総運転時間、総移動距離、アイドリング時間といった運転関連情報もサーバーに自動で蓄積されます。これらのビッグデータをお客様の状況に合わせて地域・部署・期間・時間帯といったさまざまな切り口で分析し、その結果をメール添付でお知らせすることで、企業の運転におけるリスク傾向を「見える化」します。

事故削減コンサルティングサービス

ISO39001のフレームワークを用いて、「事故低減」「コスト削減」「業務効率向上」ができる体制構築を支援します。お客様の業態や方針に応じ、事故を削減するための「過労運転の防止」「制限速度の遵守」といった目的を明確にし、管理目標を設定します。
例えば、「時間あたりの全社平均ヒヤリハット回数は3回以下に抑える」や、「スクールゾーンなど指定エリアでは最高時速15km」といった具体的目標を取り決め、達成するための運用方法や要因分析手法を提案します。

動作環境

対応ブラウザー

Internet Explorer9~11、FireFox最新版、Google Chrome 最新版

ネットワーク型統合車載機(MVT100)

  • GPS・ドラレコ・デジタコ一体型のオールインワン車載機
  • 携帯モジュールを内蔵
  • 走行データ・イベント情報・画像をSDメモリーカードに記録し自動送信
  • 設置/結線工事不要(※8)で取り付け・取り外しが簡単
  • 適用温度範囲が広い(-20℃~70℃)

くるま-i: ネットワーク型統合車載機(MTV100 HARVEST)

※8. 要望により結線タイプのケーブル接続も可能(モデル名: MVT100T、一般財団法人環境優良車普及機構の簡易型ドライブレコーダー選定車載機)

ホワイトペーパーダウンロード

資料をダウンロードしていただくには、簡単なお客様情報の登録をお願いしています。

  • 「くるま-i」ご紹介資料

    くるま-iの概要から各種機能、有償オプションであるデータ分析サービスまでをまとめたご紹介資料です。

  • 除雪車両マネジメントサービス

    積雪の多い地域の自治体においては、車両や住民の安全な通行を確保するために、道路除雪作業を行う車両の管理が課題となっています。「除雪車両の作業の見える化・最適化」を実現する、除雪車両マネジメントサービスを提供します。

  • 関連情報