日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ソリューション

VMware on NetAppソリューション

SnapManager for Virtual Infrastructure

NetApp、ヴイエムウェア

NetApp FASシリーズとSnapManager for Virtual Infrastructureによるサーバー仮想化に必要なデータ管理基盤を提供します。

仮想化マシン環境における課題をNetAppで解決

従来、仮想化環境でのバックアップ/リストアは、VMware・ストレージ両方の知識が必要で作りこみが発生していました(ESX管理者とストレージ管理者の連携が必要)。 しかし、NetApp FASシリーズとSnapManager for Virtual Infrastructure(以下、SMVI)によりESX、ストレージの連携(連携するためのスクリプトなどの作りこみ)が不要となり、SMVIの操作のみで簡単にバックアップ、リストアを行うことができます。

仮想化マシン環境における課題をNetAppで解決

こんなお客さまの課題を解決

RPO/RTOを改善したい

仮想マシン(VM)の整合性がとれたVM単位の高速バックアップ、リストアを実現

バックアップ、リストアの負荷を改善したい

VM、I/Oのオーバヘッドがないバックアップ、リストアを実現

災害対策

SMVIとSnapMirrorが連携、VMware Site Recovery Managerとの連携も可能



機能概要と特長

機能概要

  • 整合性のとれたDataStore(NFS、VMFS)単位のバックアップ、リストア
  • 整合性のとれたVM単位のバックアップ、リストア
  • NetAppのスナップショット機能との連携を自動化
  • バックアップスケジュール管理
  • DataStoreの拡張、縮小
  • ストレージの利用効率向上(重複排除)

特長

  • VMおよびESXサーバに負荷を与えない、瞬時のオンラインバックアップ
  • NetAppの知識がなくても、NetAppの機能を活用したバックアップを実現するインターフェース
  • インターフェースとしてGUIとCLIを用意
  • GUI上にDataStore、VMを自動検出
  • NetApp機能による仮想マシンの高速な復旧(SnapRestore)
  • バックアップのべリファイ(整合性確認)機能を搭載
  • 災害対策(SnapMirror)との連携も自動化
  • 重複データブロックを排除し、ストレージを有効活用

VMware管理者の視点による管理インターフェース

SMVIがない場合、VMwareとNetAppの両方のオペレーションならびに連携が必要です。
SMVIにより、VMware管理者がNetAppを意識せず仮想環境のバックアップ、リストアが可能です。

VMware管理者の視点による管理インターフェース

1つのデータストアに複数VMを載せる設計が容易に

SMVIによりVMごとのバックアップ、リストアが可能です。

1つのデータストアに複数VMを載せる設計が容易に

迅速で信頼性の高いシンプルなDR

サーバー仮想化により今までよりいっそうディザスタリカバリ(以下、DR)構築が容易になります。
サーバー仮想化の共有ストレージをNetAppにすることで、NetAppのソリューションであるSnapMirrorにより簡単にDRサイトが構築できます。
NetAppはVMware環境下でのDR構築の最適化が可能です。

特長

  • すべての仮想マシンに対する実用的なDRを実現
  • 仮想マシンとの整合性を維持
  • VMware Site Recovery Managerのサポート
  • VMとデータの複製
  • 変更データのみの複製
  • 最新のデータに対応

迅速で信頼性の高いシンプルなDR

重複排除機能

重複排除機能

サーバー仮想化により物理サーバー台数の削減が可能です。しかし、ストレージの観点からすれば、ベースとなるGuestOSを含むVMイメージは削減されず、重複部分がかなり含まれます。このデータの重複は、ストレージをNetAppにすることで排除が可能となり、ストレージの使用効率が向上します。

  • VMイメージはテンプレートと同量だけストレージを消費
  • VMイメージは100%近く同じ内容
       -OSソフトウエア、パッチ、ドライバー、アプリケーションデータ
  • 重複排除後、プライマリストレージの50%以上を節約

導入後お客さまからのコメント

「NetAppは仮想サーバー環境への移行に本当に役立ちました。NetAppを導入することで、私たちは業務停止のリスクと時間を最小限に抑えることができました。」
<某NetApp導入企業様の声>

記載されている会社名、製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

関連情報