日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

実地調査、戸別訪問業務における課題

債権回収の実地調査業務、税金・年金徴収などの戸別訪問業務にはいくつかの課題があります。

こんなお客さまの課題を解決

煩わしいペーパーハンドリング

  • 毎日異なる訪問先の地図を印刷する時間を短縮したい
  • 出先で地図を広げて訪問先を探すのが煩わしい
  • 報告書を紙にまとめるのに手間がかかる

在宅勤務を実現する勤怠管理

  • 訪問員がきちんと訪問できているのか確認したい
  • 自宅からの出勤を可能にして、効率的に訪問してほしい
  • 訪問状況をリアルタイムに把握したい

導入のメリット

Mobile ACCでは、以下の手法で課題を解決します。

紙(写し)での地図持参が不要

  • 従来のような地図をコピー、印刷する時間が不要になります
  • 複数訪問先(最大25件一括)の最短ルートを検索可能です

万全のセキュリティ対策

  • Webアプリ構造のため、モバイル端末上にデータを残しません
  • ログインID・パスワードが無ければ、アプリへのログインができません
  • 遠隔地からのリモートロックなど、MDM(Mobile Device Management)対応も可能です

業務特化型アプリケーション

  • 業務上、標準的に必要な項目を網羅しており、訪問員ごとに異なる報告内容を標準化させることが可能です
  • 業務に特化した訪問報告画面により、簡単に報告書を作成できます

訪問報告内容を債権管理システムへ反映

  • 債権管理システムなどのCRMシステムとのデータ連携(※)が可能です

※CRMシステムとの連携には、カスタマイズ対応費用が発生する場合があります。

GPS機能による勤怠管理

  • モバイル端末のGPS機能により、所在地ログを取得でき、タイムリーな訪問実施の確認や勤怠管理が可能です

システム全体概要

Mobile ACCソリューション全体図

Mobile ACCは、既存CRMシステムとのDB連携により、リアルタイムで顧客動向を把握することで、お客さまのビジネスを加速します。

基本機能概要

Mobile ACCは、実地調査・戸別訪問業務を支援するためのさまざまな機能を標準で提供しています。

業務処理フロー例

Moblile ACC導入前
管理者は、訪問員が帰社後にデータ登録もしくは報告書を提出するまで、作業進捗状況がわかりません。


Moblile ACC導入後
管理者は訪問員の作業進捗状況をリアルタイムに把握できます。

システム連携図