日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ソリューション

標的型攻撃 内部情報漏えい対策
Managed Cyber Gate

1.サイバーセキュリティ対策(Managed Cyber Gate)とは

最新鋭のSIEMによる相関分析で
標的型攻撃や内部情報漏えいの脅威から企業を守ります

※2017年1月4日付にて旧エヌシーアイ株式会社のサイバーセキュリティ事業を日商エレクトロニクス株式会社に統合しました。

サイバーセキュリティ対策(Managed Cyber Gate)とは

標的型攻撃対策・内部情報漏えい対策サービスであるManaged Cyber Gate(マネージドサイバーゲート:MCG)は、最新鋭のSIEMを利用し高いスキルと豊富な経験を持つ専門のセキュリティアナリスト、エンジニアによる情報収集力と分析力を強みとしたハイレベルなサービス型Security Operation Center(セキュリティオペレーションセンター:SOC)です。お客さま環境に設置されたネットワーク機器から収集したログ情報を相関分析することで「標的型攻撃対策」「内部情報漏えい対策」に重点を置いた月額料金によるSOCサービスとなります。
単体のデバイス監視もご用意しており、お客さまが必要とする対策レベルに沿ったセキュリティサービスを提供ししております。

サイバー攻撃の現状と必要なサイバーセキュリティ対策

サイバー攻撃は日々巧妙化、多様化し、サプライチェーンを足掛かりにした不正侵入による被害が増えています。 サイバーセキュリティに対するリスクは、業種・業態・事業規模に関係なく、すべての事業者が背負わなくてはならないものとなっています。 このため、従来からのサイバーセキュリティ対策である攻撃者に侵入機会を与えないことを目的とした入口対策や単体機器の運用監視等に加えて、攻撃者の侵入を前提としながら実害の発生を未然に防ぐための次世代のサイバーセキュリティ対策が必須となりつつあります。また、侵入されることを想定し被害を最小限に抑える対策も重要です。

次世代のサイバーセキュリティ対策として、SOC(Security Operation Center)やCSIRT(Computer Security Incident Response Team)の構築が挙げられ、SOC/CSIRTでは膨大なログ情報やサーバ情報、ネットワーク機器、セキュリティツール等から集められる情報を相関分析し、既知の攻撃とゼロデイ攻撃(未知の攻撃)を検知・分析が可能なSIEMの活用が進んでいます。
SOC/CSIRTを運用するには国境のないサイバー空間から多言語での情報収集が必要であり、またその内容も専門性が高い場合が多く情報セキュリティ専門人材の確保が必須となります。しかし、セキュリティアナリストをはじめ情報セキュリティ専門人材は世界的に不足しており確保することが困難です。莫大な投資を行い自社でSOCやCSIRTを構築しても、いざセキュリティインシデントが発生した際に機能しないケースが顕在化しつつあります。

  

巧妙化し頻発するサイバー攻撃

標的型攻撃、組織内部の不正行為による情報漏えい事件が頻発しています。狙われる情報はお金になるような情報ばかり!ターゲットを計画的に狙っての犯行が多いことが分かります。

managedcybergate
- 警察が把握した標的型メール攻撃の件数 -
出典:「平成27年上半期のサイバー空間をめぐる脅威の情勢について」(警察庁)
(https://www.npa.go.jp/kanbou/cybersecurity/H27_kami_jousei.pdf)を加工して作成

巧妙化する標的型攻撃の手口とは(再生時間:1分34秒)

      

標的型攻撃はますます増加の一途をたどりその手口は、日々巧妙化・多様化しています。
動画では標的型攻撃の手口の一例と標的型攻撃から企業を守るために必要なセキュリティ対策を説明します。

広がる不正アクセスのターゲット

自社の強化だけでは足りない!?自社には情報がないから関係ない!?狙われるサプライチェーンやオンライン連携・・・

managedcybergate

サイバー攻撃の現状 -手口の巧妙化と計画的犯行-

攻撃者は狙った情報を確実に入手しようと計画的且つ巧妙な罠を仕掛けてきます。

managedcybergate

  • ・愉快犯や趣味的なものから政治的・金銭的な利得を目的とし機密情報を盗み売買する、 麻薬取引を超えるビッグビジネスへ変化。
  • ・価値ある情報を窃取のためサイバー攻撃(標的型攻撃)の手口は日々巧妙化・多様化
  •   
managedcybergate

  

導入事例 | 静岡ガス・システム・ソリューション株式会社様(再生時間:5分34秒)

   ※2017年1月4日付にて旧エヌシーアイ株式会社のサイバーセキュリティ事業を日商エレクトロニクス株式会社に統合しました。

   

エネルギー事業を展開するインフラ企業 静岡ガスグループが増大するサイバーセキュリティ脅威に対抗すべく 対策強化を決断し選択したのが、迅速で専門性の高いサービス型SOC Managed Cyber Gateでした。 標的型攻撃対策・内部情報漏洩対策としてなぜMCGだったのか決め手や導入後の効果を伺いました。

関連情報