Innovation Leading Company

ソリューション

標的型攻撃 内部情報漏えい対策
Managed Cyber Gate

3.Managed Cyber Gateの特長

最新鋭のSIEMによる相関分析で
標的型攻撃や内部情報漏えいの脅威から企業を守ります

  

※2017年1月4日付にて旧エヌシーアイ株式会社のサイバーセキュリティ事業を日商エレクトロニクス株式会社に統合しました。

サイバーセキュリティ対策(Managed Cyber Gate)とは

標的型攻撃対策・内部情報漏えい対策サービスであるManaged Cyber Gate(マネージドサイバーゲート:MCG)は、最新鋭のSIEMを利用し高いスキルと豊富な経験を持つ専門のセキュリティアナリスト、エンジニアによる情報収集力と分析力を強みとしたハイレベルなサービス型Security Operation Center(セキュリティオペレーションセンター:SOC)です。お客さま環境に設置されたネットワーク機器から収集したログ情報を相関分析することで「標的型攻撃対策」「内部情報漏えい対策」に重点を置いた月額料金によるSOCサービスとなります。
単体のデバイス監視もご用意しており、お客さまが必要とする対策レベルに沿ったセキュリティサービスを提供ししております。   

Managed Cyber Gateの特長

特長1:標的型攻撃、内部情報漏洩対策

不正な動作ログ(不正検知)や、正常に見えるが他の事象と相関させることによって異常と判る事象(異常検知)を攻撃兆候として検知

*不正検知:既得データ(ログ、通信履歴)と攻撃パターンを比較し不正を検知する
*異常検知:観測したイベントを過去のイベントと照らし合わせて評価する

managedcybergate1
managedcybergate2

特長2:事前アセスメントとチューニング

managedcybergate3

managedcybergate4

特長3:コストの低減

managedcybergate5

managedcybergate6

特長4:経験豊富なアナリストによる運用体制

自社の強化だけでは足りない!?自社には情報がないから関係ない!?狙われるサプライチェーンやオンライン連携・・・

managedcybergate7

関連情報