Innovation Leading Company

ソリューション

Dynamics 365

Office製品と親和性の高いクラウドERP

Microsoft

Microsoftの「Dynamics 365 Business Central」は、販売から会計までの基幹業務の全般をカバーし、初期投資を抑え、短期での導入が可能なクラウドERPです。 196ヵ国以上の国や地域で販売され、導入実績は230,000 社を超えております。 日商エレクトロニクスは、 「総合商社 双日」の情報システム子会社として、商社向けの課題解決のノウハウを深めて参りました。 商社へのERP導入は2003年から実施しており、多数の導入実績がございます。 豊富な商社業務知識をもとに、 Dynamics 365による課題解決を行います。

日商エレクトロニクスでは、Webサイト「Dynamics 365特設サイト」にてDynamics 365に関する専門メディアを開設しております。「Dynamics 365特設サイト」ではERP製品をご検討のお客様に対して、当社の豊富な導入事例をはじめ、ERPに関するコラムなどERP製品についての幅広い情報も交えて提供しております。ぜひお立ち寄りください。


Dynamics 365 特設サイトへ

Dynamics 365少人数オンラインセミナー

 中堅企業向けにDynamics365導入サービスをスタート、特長や魅力は?

今月の用語解説「グループウェア 」

‎‎‎2022‎年‎6‎月20‎日


現在日本の企業においてグループウェア導入率が9割近くあり、多くの企業で利用されています。しかし近年では、DXの推進やリモートワーク、働き方の多様化、コミュニケーションの主体がテキスト文字から動画へのシフトなどもあり、グループウェアを見直す企業もかなり増えています[...]

今月の用語解説「API(Application Programming Interface)」

‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎2022‎年‎6‎月‎20‎日


多くの企業では、自社で導入している社内システムが複数存在しています。更に現在ではSaaSサービスの躍進で様々なSaaSサービスを組み合わせて社内システムとしている企業が多数派になっているように思います。今回は、様々なサービスの情報を連携させるためのAPIについて解説します。[...]

7/21(木)「Dynamics 365」少人数オンラインセミナー

‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎2022‎年‎6‎月9‎日


Microsoftの「Dynamics 365」は、販売から会計までの基幹業務の全般をカバーし、初期投資を抑え、短期での導入が可能なクラウドERPです。 当セミナーでは「Dynamics 365」の概要や弊社の取り組みについてご紹介します。さらに「Dynamics 365」の一般的な業務プロセスから特徴的な機能、新機能についてデモンストレーションいたします。オンラインとはいえ、少人数で開催することで、丁寧に対応いたしますので、初めてERP製品に触る方もお気軽にご参加ください。[...]

【オンラインセミナー】DXを支える業務改革の鍵 ~最新プロセスマイニング活用法~

‎‎‎‎‎‎2022‎年‎6‎月6‎日


DXを加速させていく中で、各種システムのログデータから業務を可視化するプロセスマイニングツールが、今大きな注目を集めています。業務を可視化した後の成果をイメージすることができるため、 RPA等様々なテクノロジーとの親和性により相乗効果が生まれる事が期待されています[...]

国内と世界のERP市場シェアは依然混沌。ERPのクラウド移行が進む。業種カットのERPの普及が進むと予想

‎2022‎年‎5‎月‎31‎日


2年前に書いたヒットコラムの続編を書いてみる。前回の調査データは「Top 10 ERP Software Vendors and Market Forecast 2017-2022」だったが、今回はその3年後の「Top 10 ERP Software Vendors, Market Size and Market Forecast 2020-2025」である。[...]

RP業界トップランナーの鍋野敬一郎氏によるコラム「ERP再生計画」第46回:混乱が続く経済にクラウドERPが有効な理由と新しいERPの新常識(その1)パッケージからクラウドへ、安定性と柔軟性を兼ね備えた未来志向型クラウドERPとは

‎2022‎年‎5‎月‎31‎日


ロシア軍のウクライナ侵攻は長期化、新型コロナウイルス再感染が再び拡大、サプライチェーンの混乱が続き、エネルギーや資源・食料など値上がりは当面続きそうです。これまでも災害や景気変動などありましたが、欧米とロシア、米国と中国など大国間の対立と戦争勃発は80年前の第二次世界大戦以来かもしれません[...]

今月の用語解説「BI(Business Intelligence)」

‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎2022‎年‎5‎月‎23‎日


ビジネスにおいて、今ではITの普及もあり様々なデータが取れるようになりました。こういったデータは企業活動、経営において非常に重要なデータのため上手く活用することが必要で、「データドリブン」の経営などと呼ばれます。しかしどのくらいの企業がデータの活用を十分に実施できているでしょうか。[...]

中堅企業向けにDynamics365導入サービスをスタート、特長や魅力は?

‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎2022‎年‎5‎月‎21‎日


こんにちは。ERP事業部 ERP営業課 課長補佐 武藤 健一郎です。当社は2003年以降、商社企業を中心にERPパッケージGRANDITの導入支援を行っており、商社・卸売業界において、大手企業を中心に多数の実績を積んできました。昨今のお客様を取り巻く環境の変化に対応し、これまでのERP導入の知識と経験を生かす形で、Microsoft Dynamics365によるソリューションの提供を新たに開始いたします。[...]

今月の用語解説「Web3.0」

‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎2022‎年‎5‎月‎18‎日


インターネットによって世の中が大きく変わってから数十年が経過しました。その間にもコンピューター、PC、携帯電話、スマートフォン、タブレットと私達が使う機器も変化をしてきたわけですが、現在も大きな過渡期にいるといえます。それは、Web3.0です。[...]

6/16(木)「Dynamics 365」少人数オンラインセミナー

‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎2022‎年‎5‎月‎12‎日


Microsoftの「Dynamics 365」は、販売から会計までの基幹業務の全般をカバーし、初期投資を抑え、短期での導入が可能なクラウドERPです。 当セミナーでは「Dynamics 365」の概要や弊社の取り組みについてご紹介します。さらに「Dynamics 365」の一般的な業務プロセスから特徴的な機能、新機能についてデモンストレーションいたします。オンラインとはいえ、少人数で開催することで、丁寧に対応いたしますので、初めてERP製品に触る方もお気軽にご参加ください。[...]

今月の用語解説「スマートグリッド」

‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎2022‎年‎4‎月‎17‎日


国連の気候変動に関する政府間パネルであるIPCCは2022年4月に気候変動緩和に関する報告書を発表しました。この中では、世界の平均気温上昇を1.5度上昇に抑えるために、世界の温室効果ガスの排出量を2030年までに2019年比43%削減を行う必要があり、そのためには官民で現在の3〜6倍の投資を行う必要があると報告しています。[...]


Dynamics 365 特設サイトへ

関連情報