Innovation Leading Company

Blue Prism

Blue Prism は、デジタルワークフォースを実現します。IT部門によるガバナンスとセキュリティ方針に基づいて構築し、事業部門が活用するデジタルワークフォースです。このことにより、さまざまなスキルを備え、疲れ知らずの自立したソフトウエアロボットが、ミスなく、ルールベースの作業をこなし、従業員はより価値ある業務に集中できるようになります。

Blue Prismとは

Blue Prismコンセプト

Blue Prismはロボットが組織として無人で動作、運用され続けることをコンセプトに開発されており、その機能は単なるソフトウェア操作の自動化とは異なる発想で構築されている集中型RPAソリューションです。

ロボットが組織として動作、運用されるということは、通常組織と同様にリソースの最適なコントロールや各種の統制が必要と考えられており、また業務の結果についての証跡やロボット自身の構成管理など、通常の各種統制に求められる内容をシステム基盤として保持しています。

Blue Prismはドキュメントや設計手法などのベストプラクティスを提供

同時に長年のソフトウェア開発において培われてきた開発・運用効率を最大化するアーキテクチャが採用されており、プロセス作成や実行ロボットリソース管理の自由度の高さや、運用時に必ず発生するエラー対応や修正運用の手間が他のRPA製品に比べ大きく削減可能です。

また、RPA導入や運用に関する各種ドキュメントや設計手法などのベストプラクティスを、ソリューションの一環として提供します。

製品の特長

ガバナンス&セキュリティ

Blue Prismのガバナンス&セキュリティ
不正利用防止

ロボットが使用するパスワードの自動生成機能を保持し、一切人手を介さない定期的なパスワード変更が可能です。また、操作対象システムに対するパスワードも集中管理することが可能でセキュリティを確保することができます。

使用対象の機能やプロセス、実行リソースなどをグループごとに定義し適用することで豊富な権限設定が可能となっています。

Blue Prismの不正利用防止
ロボット、プロセス実行ログ取得

開発時にサーバーを介しMicrosoftSQLServerを使用することで多くの実行ログを取得可能です。
ログの種類としてロボットやプロセスの実行ログのみならず、ロボットが操作し入力したデータ内容までログを残すことが可能です。また、ログを残さないようにプロセスを作成することも可能な自由度を備えています。

きめ細やかな例外処理ハンドリング

例外時のエラーエスカレーションやアラート通知、一部再実行の可能性など、極めて高い自由度でプロセス設計と実装が可能です。

Blue Prism きめ細やかな例外処理ハンドリング

メンテナンス容易性

操作対象のアプリケーションの特定をオブジェクト指向で管理

操作対象のアプリケーションや稼働環境にバージョンアップや修正が発生した場合でも、変更部分(オブジェクト)のみを修正すればそのオブジェクトを使用するプロセスすべてに反映されます。

Blue Prism メンテナンス容易性
プロセス(シナリオ)の構成管理を標準装備

プロセスの修正差分を自動記録し、履歴管理が可能です。
エラーが発生しプロセスの不備が判明した際、数代前のプロセスとの差分を確認したり、数代前にロールバックすることが可能です。

Blue Prism プロセス(シナリオ)の構成管理を標準装備

操作対象アプリケーション

集中型でありながら広範なアプリケーションに対する操作が標準で可能

一般的なRDAやRPAが得意とするブラウザやOfficeなどのWindowsアプリケーションのみならず、SAPや、AS/400などのメインフレームへの対応も標準装備し高い開発生産性とメンテナンス性を保持しています。

実行ロボットリソース管理

デジタルレイバープラットフォームとして十分な機能を保持しています

他のRPAに比べワークキュー、リソースプール、スケジューリング機能など、ロボットの稼働状況などに応じて柔軟かつ効率的にロボットリソースを使用することが可能です。

Blue Prism 実行ロボットリソース管理

ライセンスについて

Runtime Resource数に応じたライセンス料となります(3年契約/最低ライセンス数あり)

Microsoft SQL Serverライセンスが必要となります。

動作環境について

  1. ランタイムリソース端末
    ※同時稼働数分のデスクトップ環境が必要となります。
  2. インタラクティブクライアント端末
  3. アプリケーションサーバー
  4. データベースサーバー

※1~3のインストール/実行前提として.NET Frameworkが必要となります。
※1~3は仮想環境が推奨されています。
※各端末やサーバー構成、推奨スペック、.NET Frameworkバージョンは稼働規模やBluePrismバージョンにより異なりますのでお問い合わせください。