Innovation Leading Company

BizRobo! Basic

BizRobo! Basicは、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボットの導入・運用を支援するデジタルレイバー基盤です。エンドユーザーのオフィスワーク、作業工程をマクロ化することで、繰り返し実施される定型業務を人に代わって実行させることができます。例えば、Webページの情報を収集し、Excelファイルに出力するなどといった単純作業を行わせることが可能です。

製品の特長

ノンコーディングによるロボット製作が容易

一般的なRPA製品はWindowsのデスクトップ画面上で操作するため、複数の処理を同時に動かす際は、その台数分の端末(デスクトップ環境)が必要です。
ロボット作成クライアント(Design Studio)の中のブラウザーを用いて、業務手順に沿って操作すると、ロボットの処理手順が自動的に記録されます。その後、繰り返しの手順や条件分岐の設定を行います。必要に応じて、DBへの操作、ファイルの操作、メール送信等の業務ステップを追加する、といったステップを踏んでいきます。この間コーディングは発生しないので、プログラム経験者でなくとも、ロボット製作が容易です。

bizRobo-02

Web、Excelに関する処理は、バックグラウンドで行われるため、複数台のロボットを1台のサーバーで運用可能

操作対象画面を直接操作しながら処理を作り込んでいくため、コーディングせずにロボット製作が可能です。
また、処理速度もデスクトップ上で動作するため、端末のパフォーマンスに左右されやすくなっています。
一方BizRobo! Basicは、Web、Excelに関する処理であればバックグラウンドでの処理が可能となっているため、サーバーだけで自動化可能です。

bizRobo-03

管理機能により、ロボットの稼働状況・各種設定を一元管理

デスクトップ型のRPA製品は、ロボットファイルを実行端末に配布したり、ロボットの変更の度に配布をしなおしたりする必要があります。
BizRobo! Basicはサーバーで稼働中のロボットを一元的に管理が可能で、ロボットを変更しても、実行端末にファイルを配布する必要がありません。
また、ロボットの実行状況のログ取得や、Webサイトのパスワード一元管理、ユーザーの権限管理など、細かな設定が可能です。

bizRobo-04

ライセンスについて

BizRobo! Basicサーバーで同時に実行可能な処理量に応じたライセンス料となります。
最小のパッケージには、以下の内容が含まれます。

  • BizRobo! Basic サーバー (1KCU) ※KCUとは、同時実行可能な処理量の単位のことです。
  • BizRobo! Basic 管理コンソール(Management Console)(1台)
  • Design Studio(ロボット作成クライアント) (同時接続10台まで)

動作環境について

ハードウェア環境

項目 概略仕様
運用環境(サーバー) CPU Intel Xeon X5680/X5677 相当以上
メモリ 8.00GB以上
HDD 空き容量5GB以上
開発環境 CPU Intel Core Duo 2.66 GHz CPU相当以上
メモリ 8.00GB以上
HDD 空き容量5GB以上

※ロボットの複雑さ、大きさ、同時実行数の規模、求められる処理速度に応じて、記載以上のスペックが必要となります。

ソフトウェア環境

項目 概略仕様
運用環境(サーバー) Windows Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2
Linux(64bit) CentOS-7, Red Hat Enterprise Linux 6.x/7.x, Debian 8.2
開発環境 Windows Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows 7, Windows 8, Windows 10
Linux(64bit) CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6.x/7.x, Ubuntu 14.04 LTS with libqt5webkit5 library
デスクトップ環境 Windows Windows 7, Windows 10
※Windows アプリケーション利用時に必要
データベース Oracle、MS SQL Server、IBM DB2、Sybase、MySQL、HBaseなど
※対応しているバージョンの詳細などはお問い合わせください。