INTERVIEW / 03

GENKI UENO

INTERVIEW / 03

INTERVIEW 03

ネットワーク&セキュリティ事業本部 ネットワーク技術部
アフターサポートエンジニア
2015年新卒入社

最先端のネットワーク技術とともに、もうひとつ入社を決めた大きな理由は社内の雰囲気や社風。風通しが良く何でも気軽に話せて働きやすそうな印象だったため。

最先端のICTインフラ製品を触ってみたい
だから商社系SIerのリーダー企業を選んだ

ueno
情報系の学部で私が専攻していたのはネットワークテクノロジー。大学で学んだことを生かしたいと思い、就職活動では自然にインフラを得意とするICT企業に目が向きました。その中で日商エレクトロニクスに注目した理由は、数多くのネットワーク機器を取り扱っていて、販売だけではなく、メーカーと同等の技術サポートを行っていたからです。この会社に入社したら、設備が整っていて常にさまざまなベンダーの最先端のネットワーク機器に触れることができ、技術を磨けると考えました。現在所属している課では、ネットワーク製品を中心にさまざまな最先端商材の保守を担当しており、私はExtreme Networks社やHuawei社のネットワーク製品を担当。障害対応と、設定などへの質問に答える役割といった、顧客に対する導入後のサポートを全般的に担っています。
ueno

ネットワーク運用のプロであるお客様が困っている
それを助けられることが最上のやり甲斐に

障害が発生したときや製品についての質問があると、主にお客様のネットワーク運用担当エンジニアから連絡があります。中には問題解決に時間を要する障害もあり、そのような場合はお客様と同じ環境を当社の技術センターに構築し、原因の究明に当たります。お客様と同様な障害が発生したら、そこからソフトのバグなのか、ハード側に起因するものなのか、考えられるポイントを一つひとつ切り分けていきます。そうして原因を突き止めて、解決策をお客様に提示。ネットワーク運用のプロから「助かったよ」と感謝の言葉をもらえることも多くあり、とても充実感があります。この仕事に携わって3年目ですが、日々ネットワーク技術が進化しており、技術の追求には終わりがないと感じています。
ueno
ueno

立ち止まることなく、
ネットワークの最前線を走り続けたい

ueno
現在の仕事に自信がついてきたのは2年目の途中からです。後輩が入社してきて、追い上げてくることも良い刺激になっています。先輩たちとの距離はまだ大きく、障害検証のノウハウや技術的なナレッジなど、学びたいことがたくさんあります。
その先に目指すのは、「ビジネスを引き寄せるサポートエンジニア」。数々の保守サポート経験を積み、お客様から信頼してもらえるようになれば、ネットワーク更改についてのアドバイスや意見を求められる関係になれると思います。ぜひそうなって、「日商エレクトロニクスの上野元樹」を再指名してもらえたらこんな光栄なことはありません。

DAY OFF

DAY OFF
バイクに乗ることが好きなので、休日はよくツーリングに出掛けています。会社の先輩にもバイクに乗る方が多くいるので、一緒にツーリングにいくこともしばしばあります。
写真は北海道に2週間ほどツーリングに行ったときのものです。
あと最近サバゲーにハマっているのですが、ここ最近、日商サバゲー部が設立されたので、今後の活動に期待しています(笑)。

※記載の部署名及び仕事の内容は2017年10月時点のものです。