INTERVIEW / 01

MAI KOMIYAMA

INTERVIEW / 01

INTERVIEW 01

サービスプロバイダ事業本部 第三営業部
営業
2018年入社

何事もポジティブに考えて行動することが信条。文系出身ながら、社会に与える影響力の大きさに魅力を感じ、IT業界を志す。メーカーや社内のSEが主催する勉強会などに積極的に足を運び、新たな知見を得ることにやりがいを感じている。

入社3年目で早くも大規模顧客を担当
難度の高い仕事も、周囲を巻き込み、かたちにする

komiyama
さまざまな業界のインターンシップ参加を通し、最先端技術で生活を支えるIT業界の存在の大きさを知り、本格的に就職活動を始める頃にはIT業界1本に絞っていました。その中で当社を志望したのは、「海外の最先端技術や商材を発掘し、事業化する」という当社のIT×商社のビジネスモデルに興味を持ったためです。お客様への提案の際に制限がなく、お客様に寄り添った提案ができる点に可能性を感じました。また、当社のインターンシップで、社員が自分のキャリア形成について自己申告ができる「キャリアディベロップメントプログラム(CDP)」という制度を知り、個性を生かしながらキャリアを重ねている先輩たちの姿を見て、この会社なら自分らしさを活かして活躍ができるのではないかと感じました。
現在は営業として、ある大手OTT事業者のグループ企業を担当しています。OTTとはインターネット回線を通じてコンテンツを配信するストリーミングサービス等の提供をされている通信事業者のことで、お客様の要望に沿った新規提案や既存システムの更改の提案を行っています。お客様はそれぞれ専門の技術分野をお持ちで自分よりも知識がある方が多く、実力不足を感じるときもあります。しかし、社内の営業チームメンバーやエンジニア、マーケティング、各メーカーの方との連携を密にすることで、お客様のニーズに合う提案を行い、受注に繋げています。チームワークが必須であることを実感する毎日です。また、ITの技術は日々進化するため、勉強することも仕事の1つです。インターネットで情報を取得することはもちろん、社内で開催されるセミナーに参加したり、ITイベントに参加して最新の情報を取り入れるようにしています。
komiyama

人々の生活や社会をより良いものにする
ITに携わっていることに誇りを持つ

先日、私が以前に提案した働き方改革を促進するシステムを導入いただいたお客様から、「有効活用している」「導入して良かった」という声をいただきました。その言葉が私の胸に響いたのは、契約に至るまでにとても苦労したからです。会社全体で働き方改革を進めるには、幾つもの壁が立ちはだかっていました。
大規模導入を予定していたため、現在すでに利用しているシステムとの親和性や他製品との比較ポイントを何度も確認・説明し、費用対効果をご理解いただく必要がありました。また、その会社のセキュリティポリシーに沿った利用が可能なのかという点も重要であり、時には海外のメーカーを直接訪問したり、メーカーの方に来日いただいたり、関係者間でも何度も打ち合わせを重ね、お客様の懸念点を一つひとつ解消することでようやく受注につながりました。あらためて、ITは人の生活や社会の仕組みをより良い方向に変えていく重要な役割を担っていることを再確認しました。お客様に大きな価値を提供することが可能なこの仕事に誇りを持つことができた経験でした。
komiyama
komiyama

自ら未来を選び取れる環境があるから
挑戦と成長への意欲が育まれる

komiyama
自分自身でこれから目指すキャリアを明確にイメージし、そのために必要な職務へのアサインを申告できるCDPの制度があることは、私が当社を志望する大きな理由の一つでした。社内で制度が浸透しており、上司も支援してくれますし、多くの先輩も制度を利用してそれぞれに合ったキャリアを歩んでいます。 以前、頼りにしていたチームの先輩が異動することになり、少し不安を感じていたとき、その先輩が真摯に相談に乗って下さいました。「組織全体の方針も重要だが、まずは自分自身の描くビジョンやキャリアイメージを大事にすべきだ」とアドバイスを頂き、そのおかげで自分の考えをしっかり発信することができるようになり、今こうしてやりがいを感じながら仕事ができているのだと思います。
新しいことに挑戦することが好きな私は、ゆくゆくは営業以外の、マーケティングやコーポレートといった職種を経験しながらキャリアを重ねていきたいと考えています。この先もライフイベント問わずに働き続けたいと考えているので、女性がやりがいをもって働き続けられるような職場を作っていきたいです。

DAY OFF

DAY OFF
外から刺激を受けることが好きなので、友人とはよく旅行に出かけますし、音楽や美術などのアートに触れるためにライブや美術館にも足を運びます。家にいる時でもオンラインで友人と語り合っていることが多いですね。また、いつも新しいテーマに挑戦したいと考える性分は仕事の面だけではなく、プライベートでも同じです。今は新しい楽器を購入し、うまく弾けるように練習に没頭しています。

※記載の部署名及び仕事の内容は2021年2月時点のものです。