• TOP
  • 仕事・人を知る|仕事の流れ・職種紹介
WORK FLOW 仕事の流れ・職種紹介

WORK FLOW

仕事の流れ・職種紹介

ABOUT JOB

職種紹介

SALES 営業

SALES

営業

日商エレクトロニクスのお客様は、先端ICTの導入によって競争力の獲得やビジネスの拡大を目指している企業です。そのため、単にプロダクトの機能や性能を紹介するだけの営業活動では期待に応えられません。営業は、担当するお客様の属する業界や業務内容を理解した上で、密な関係性を築くことで経営上の課題を把握し、解決や改善に導くソリューション提案を行っていきます。

MARKETING マーケティング

MARKETING

マーケティング

ICTの動向を見極め、イノベーティブな商材の発掘を担うリサーチ系のマーケティングと、有望な商材を世の中に紹介していくためのプロモーション系のマーケティングの両面があります。情報収集拠点である米国子会社のNISSHO ELECTRONICS U.S.A. (NEA)と連携し、時には自ら現地に出向いて情報収集を行い、次世代を担う新たな製品や技術を発掘、代理店契約締結を経て、その商材や技術を日本国内でどう広め、拡販していくか、事業戦略を立て、イベントや展示会などでプレゼンテーションを行うなど、一連の流れを担います。

ENGINEER エンジニア

ENGINEER

エンジニア

ICTインフラ系

プリセールスエンジニア

お客様に対する営業の幅広い商談アプローチを、技術的な側面からサポートするのがプリセールスエンジニアの役割です。営業と連携しつつヒアリングやミーティングを重ね、お客様へのデモンストレーションを実施することもあります。お客様に安心・安全で快適なICTインフラ環境を提供するため、丁寧に検証し、解決策=ソリューションの提案につなげていきます。

アフターサポートエンジニア

ICTインフラを導入して終わりではなく、むしろ、ユーザーが利用を開始した後に、新たに発生したニーズや障害について継続して対応していく必要があります。アフターサポートエンジニアは、こうしたお客様からの要望に迅速に応えていく役割です。単発的な業務ではなく、日頃からお客様と接し、時には発生が予測される障害を事前に伝え、未然に防ぐ「攻めの保守」を実践しています。次の更改の際にも当社が指名されることにつながる重要なポジションです。

プロダクトエンジニア

担当するプロダクトを深く理解するプロフェッショナルとして、提案、設計・構築、アフターフォローに至る一連の活動において、ユーザー対応のすべてをバックアップします。

プロジェクトマネージャー

ICTインフラの導入が決定した後、実際にサービスイン、安定稼働に至るまで全体をマネジメントする司令塔のポジションがプロジェクトマネージャーです。大規模な案件になるほど、当社1社のみではなく複数の協力会社にも依頼し、対応していくことが多くなり、協力会社の管理、メンバーのアサインからコスト管理、工程管理、品質管理など幅広く担います。

業務アプリケーション(ソフトウエア)開発系

ソフトウエア開発系エンジニア

ICTインフラ上で動く業務アプリケーションソフトウエアの開発を担います。お客様の業務内容を深く理解して課題を把握し、当社のシステム導入によりお客様の業務負担を減らし、どれだけ効率化できるかを常に意識して向き合っています。要件定義などの上流工程から、詳細設計・プログラミング・テストを担う下流工程まで分担し、チームで協力して進めています。

プロジェクトマネージャー

業務システム導入プロジェクトの責任者として、開発メンバーのアサインからコスト管理、工程管理、品質管理など幅広く担います。大規模なプロジェクトになるほど多くの協力会社を束ね、期間は数年続くこともあります。協力会社も含めのべ数百人/月規模のメンバーを率いる役割です。

WORK FLOW

仕事の流れ

仕事の流れ
新規商材、ビジネスモデル発掘

新規商材、ビジネスモデル発掘

ICTの新しいトレンドを察知し、お客様にイノベーション(技術革新)やソリューション(課題解決)を提供するため、次世代を担う新技術や新製品を発掘しています。米国シリコンバレーに情報収集拠点としてNISSHO ELECTRONICS U.S.A.(NEA)を構えるなど、国内外で有望な新規商材の獲得をいち早く図れるしくみを築いています。

新規商材、ビジネスモデル発掘
プロモーション(展示会・セミナーなど)

プロモーション
(展示会・セミナーなど)

市場開拓を担うマーケティング担当は、あらゆる展示会への出展や社内外での技術セミナー実施によって、新技術・新製品のプロモーション活動を行い、新規顧客の獲得を図っています。事前に当社技術センターNETFrontier Centerで検証することにより、説得力のあるプレゼンテーションを可能にしています。イベント後にも問い合わせ対応や営業につなげるためのリレーションを図ります。

プロモーション(展示会・セミナーなど)
勉強会

勉強会

ICT業界は変化のスピードが速い業界です。中でも当社は最先端の技術を日々追求しているため、マーケティングやエンジニアによる取り扱い商材の勉強会が頻繁に行われています。社員が行う他、メーカーの担当者をお呼びして実施するケースもあり、多くの社員が積極的に参加しています。

勉強会
会社訪問 ヒアリング課題抽出

会社訪問 ヒアリング
課題抽出

営業は担当顧客と普段から密な関係を築く中で、顕在化した課題はもちろん漠然としたニーズまで広範囲に察知し、解決に導く方策を検討していきます。新規の場合は、初回訪問で自社の紹介とともにお客様のシステム環境を把握。技術面での深い話になる場合はプリセールスエンジニアも同行してヒアリングを行い、課題の本質を深掘りしていきます。その後、顧客にとって利益や成果が見込める提案ができるよう問題点を整理します。

会社訪問 ヒアリング課題抽出
提案 受注

提案 受注

提案するソリューションの方向性が見えてきたら、お客様の状況と照らし合わせて提案内容を詰めていきます。その際、エンジニアがお客様と同様の環境を作り、検証を行った結果なども反映されます。提案内容の具体化とともに見積もりも行い、スケジュールや価格についても検討します。その後、商談交渉を経て受注へと至ります。大型案件の場合は、入札や競合数社とのコンペティションの形式となる場合もあります。

提案 受注
提案 受注

提案書作成

検討を進めた提案内容を、提案書の体裁でドキュメントにまとめます。その際には検証で得られた各種データや、想定する成果についての具体的な効果予測も記載します。

要件定義 / 設計・検証

要件定義 / 設計・検証

導入する機器のスペックや機能を決めていくのがICTインフラ導入における要件定義です。その後定義された仕様を満たす機器の構成(基本設計)を行います。

提案 受注

商材情報提供 / メーカー交渉

提案内容に含まれる複数の装置・機器類やソフトウエアなどの調達を行います。SIerとして、必要な情報の提供や補償内容、納期、価格などの交渉も行います。

構築 導入

構築 導入

受注後、提案内容に従って調達した機器(サーバー、ネットワーク機器、ストレージなど)を設計どおりにラックに設置し、OSの設定や必要なソフトウエア、ミドルウエアをインストールします。テストを重ね、システムとして正しく稼働するかどうかを確認しながら、想定したスループット(処理能力)やレスポンスタイムに達するまでチューニングします。

構築 導入

スケジュール調整

設計から構築に至るフェーズでは、営業は顧客の窓口となり、機器類の調達・搬入・実作業、引き渡しに至るスケジュールを設定・管理することで構築現場を支援します。特に、顧客が業務を停止できる時間帯や期間に更改作業を入れる場合は、顧客側の都合を考えながら段取りを進めます。

構築 導入

導入

設置完了後、引き渡しにより導入完了となります。その際に、お客様の情報システム部門や運用担当者に対し、操作ポイントや新機能など、運用に必要な情報の提供を行います。

構築 導入
フォロー・改善提案

フォロー・改善提案

新たなICTインフラの導入効果を最大化させるため、営業やプリセールスエンジニアはシステムの導入後も稼働状況や新たに発生したニーズについて定期的なヒアリングを続け、フォローアップに努めます。また、お問い合わせに随時対応したり、メーカーから入手した新情報を提供するなど、導入効果を高める提案を行います。

フォロー・改善提案

保守

定期的な保守点検などアフターサポートサービスに加え、万が一の障害発生時も、24時間365日体制のコールセンターが報告を受け、障害対応の経験豊富なエンジニアが対応できる体制を整えています。また、当社の技術センターNETFrontier Centerでもお客様と同様の環境を用意し、迅速に障害原因を突き止め、対応できる体制となっています。

フォロー・改善提案