• TOP
  • 仕事・人を知る|キャリアステップストーリー
CAREER STEP STORY キャリアステップストーリー

CAREER STEP STORY

キャリアステップストーリー

自らの将来を設計していくCDP制度で飛躍した先輩たち

日商エレクトロニクスでは「自ら考え行動できる」ことを基本とし、それは自らのキャリア形成の際にも求められる力になります。当社にはさまざまな職種があり、職種間異動なども含め多様なキャリアパスを描くことができます。年1回実施する「CDP(キャリアディベロップメントプログラム)」制度では、社員一人ひとりがこれまでのキャリアを振り返り、今後の自身の「強み」や「軸」となる業務分野やコンピテンシーを形成していくこと、そのためにどのような経験を積めば良いか、2~3年後までのキャリアプランを考えて申告します。社員の申告後、上司は部下のキャリア形成、進路を真剣に考えてアドバイスを行い、実現のための具体的なプランを考えて実行していきます。
ここでは、そんなCDP制度を活用して飛躍した2人の先輩のケーススタディを紹介します。
エンジニア 秦しおり

DX第二事業本部 デジタルレイバー推進部

大学ではITと関係が薄い生活科学部を卒業。エンジニアとして国内だけではなく海外プロジェクトまで経験したいという思いから当社へ入社。
それだけに入社初期から技術スキルの獲得に苦闘する。そんな秦を強力にサポートしたのは、充実した教育環境とチャンスの多い風土に、本人の長所と個性を見極めてポテンシャルを引き出そうと手を差し伸べる上司の存在だった。本人の挑戦意欲や自助努力もあり、確実に経験を積み重ね、現在では目指すキャリア像に向かって確かな足取りで歩んでいる。

1年目
高い目標を掲げて技術スキルの習得に励む

入社当初から、漠然とプロジェクトマネージャーになりたいと思っていました。それを実現する配属先として希望したのは、親会社である総合商社の双日向けのアプリケーション開発ができる部署です。海外プロジェクトでも活躍したいと考えたからでした。
そして希望通りの配属になりましたが、情報系の大学を出ていないこともあり、スキルの獲得に最初は苦労しました。JavaやSQLなどの開発スキルに加えてインフラ技術まで網羅的に学ぶ新人研修では、これまで触れたことのない分野の真新しい学問に意欲がわきました。新人研修が終わっても、自主的に参考書を使った勉強を続けました。

01

2年目〜3年目
上司・先輩のサポートを受けてスキルアップ

双日のリスク管理系アプリケーションの保守開発に携わり、どんどんと任せてもらえる業務の幅が広がっていった時期です。その背景には、上司や先輩の思いやりの深いサポートがありました。私の書いたドキュメントの推敲に根気よくつきあってもらったり、私が何に躓いているのかを確認してから適切なアドバイスをもらったりできたのです。
こうして、私のエンジニアとしてのキャリアは周囲に恵まれてスタート。最初はテスト担当から始まりましたが、徐々に設計も担当し、ユーザーとのやり取りも増え、少しずつ開発の楽しさを実感するようになりました。

02

4年目
目指したいプロジェクトマネージャー像を見つける

この頃になると要件定義など上流工程も任されるようになっていました。同時に、目指すプロジェクトマネージャー像も少しずつ見えてきました。その大きなきっかけとなったのは、上司からかけられた「秦さんの、これと決めた時の集中力の高さと度胸、そしてコミュニケーション能力は、誰にも負けない強みだよ」という言葉です。コミュニケーション力に関しては自覚が皆無だっただけに、特に心に響きました。そして、コミュニケーション力の証として「不思議と色々な話が集まってくる魅力がある」と評価された私のキャラクターは、プロジェクトを進める上で必要不可欠な課題認知力に直結するのではないかと考え、それを強みとするプロジェクトマネージャーになるという目標を持つに至ったのです。

03

5年目
プロジェクトを前に進める醍醐味を味わう

双日のIT部門へ出向し、ユーザーの立場からIT導入の企画に携わりました。ここで要求されたのは、各種プロジェクトのステータス管理や会議を円滑に進めるためのファシリテート、またスピードも網羅性も兼ねた問題解決能力でした。それを一つ一つこなし、刺激的な日々を送り、プロジェクトを進める楽しさを実感できたこの1年は、以降のキャリアの選択に大きく影響しています。

04

6年目〜7年目
本当の実力を試す機会を得たい

上司からも評価された「これと決めた時の集中力の高さ」を武器に、そして「プロジェクトを前に進める楽しさ」を活力に、双日のグローバルRPA導入プロジェクトに取り組みました。RPAとは、ホワイトカラーの業務を自動化するシステムのことです。シンガポールやロンドン、北京・上海など数都市への海外出張も経験するなど、とても充実した2年間でした。一方で、入社してからずっとグループ内の案件に携わっていたため、周囲に知っている人が誰もいないような環境下でも同じパフォーマンスを発揮できるだろうか…?と、自分自身の実力に疑問を持ち始めました。それで、次はグループ外の案件にチャレンジしたいと思うようになり、その思いを上司に伝え続けていました。

05

現在
外販部門でキャリアの幅を広げている

新たなチャレンジの場を求めたところ、双日向けの開発部署から現在の所属部署であるデジタルレイバー推進部への異動が実現しました。会社としても注力している技術を取り扱う部署になります。当推進部はコミュニケーションが闊達で、活気があり、ユニークな人材も多く、これからの業務が楽しみです。今度は、グループ外を対象にRPAを推進していく業務となります。視野が一段と広がり、新たな知見を得ることができると期待しています。そうして一歩一歩、理想とするプロジェクトマネージャー像へ、近づいていきたいと考えています。

06
営業 久保田 泰

※記載の部署名及び仕事の内容は2020年3月時点のものです。

ネットワーク&セキュリティ本部 ソリューション技術部 廣橋 慶多

サービスプロバイダ事業本部 SE部

情報系の大学を卒業し、ネットワークエンジニアのキャリアをスタート。技術の習得に努め、当社の主力であるJuniper Networks社製品のプリセールスエンジニアから、その他ネットワーク製品全般を扱うプリセールスエンジニアまで幅広く担当。今までの経験をベースに今後のキャリアを考えていたところ、ネットワークだけではなくコンピューティング、セキュリティなど幅広い商材を扱い、お客様に寄り添い最適なソリューションの提案を行う部署への異動が実現。日々貪欲に幅広い技術の取得に取り組んでいる。

1年目
プリセールスエンジニアとして配属

学生時代に学んだことを活かし、ネットワークエンジニアとしてスタート

新入社員研修後に、Juniper Networks社のネットワーク製品を担当するプリセールスエンジニアとして配属されました。学生時代に通信工学で学んできたことが、仕事を通してインターネットにどのように活かされているかを知り、とても感動したのを覚えています。必死にネットワーク技術を学び、どんな大変な仕事であっても可能な限り挑戦してきましたが、振り返ると大変さよりも楽しさのほうが強かったように思います。
また、1年目の終わりには一人でお客様先に行く機会も増え、どんどん世界が広がっていく刺激的な毎日でした。

01

3~5年目
単独でも顧客対応を任されるように

ネットワーク技術の基礎を確立し、担当製品も広がる

3年目はJuniper製品の中でも、主にエンタープライズ向けのプリセールスを担当。
取り扱う商材は今までと変わらずJuniper製品でしたが、お客様が変わることで仕事の進め方や技術への目線が変わり、同じ製品の取り扱いであってもここまで変化があるんだ、と驚きと共に面白さを感じました。また、このときには一人で大きな案件も任せてもらえるようになり、仕事へのやりがいや自分への自信が徐々についてきた頃かと思います。
4年目はJuniper製品以外にもネットワーク製品全般のプリセールスを担当。
取り扱う商材がJuniper製品だけではなく、ネットワーク製品という括りでお客様にとって価値のある提案が求められるようになりました。そのため、求められる役割が今までのひとつの製品に詳しい人間ではなくネットワークの分野全般に詳しい人間に変わりました。それに応えるためには、たくさんの知識や経験が必要となり大変だったのを覚えています。
ただ、今思えばこの様々な経験により視野が広がり始めたと思います。

02

6~7年目
今までの経験を活かし、再びJuniper製品のプリセールスエンジニアへ

新たな課題意識が芽生え、面白さを見つける

製品に縛られない提案に面白さを見出し始めたころ、再びJuniper製品のプリセールス担当として指名されました。改めて戻ってみると今まで当たり前だと思っていた出来事に対して課題意識が芽生え、また目の前の案件だけではなく、どのようにJuniper製品のビジネスを成長させるかといったマーケティング的な視点も持つようになり、新たな面白さを見つけたと思います。
7年目になる頃には今後のキャリアをどう積み上げていくかを考えるようになりました。ネットワークだけでなく、今まで経験したことのない分野へと挑戦してみたくなり、社内のITリテラシー向上プロジェクトにも参加し、自分の幅を広げる方法を模索し始めました。

03

8年目
幅広いソリューション提案に携わる

視点が高くなり、カバーする技術領域がさらに広がる

重要顧客に対し、担当エンジニアとして営業チームと共に動き、提案を行う部署へ異動しました。
現在担当しているお客様は先端技術に精通され、さまざまな通信サービスを提供されているため、要求レベルが高く、エンジニアとしてプロフェッショナルであることが求められます。
それには強みとしていたネットワークだけではなくコンピューティング、セキュリティなど幅広い知識と経験が必要です。
そのため、わからないことも多く勉強の日々ですが、新入社員の頃の様な刺激的な毎日を思い出しながら楽しんでいます。
まだ道半ばですが、自身の強みも持ちつつ、同時に幅広い知識や経験を身に着け、時代が変わっても常に活躍し続けるエンジニアでありたいです。

04
プリセールスエンジニア 廣橋 慶多

※記載の部署名及び仕事の内容は2018年6月時点のものです。