• TOP
  • 社風・環境を知る|女性社員対談
WOMEN CROSSTALK 女性社員対談

WOMEN
CROSSTALK

女性社員対談

日商エレクトロニクスでは、さまざまな職種、業務で女性社員が活躍しています。
ICTの最前線で働く女性社員に仕事のこと、描くキャリア、当社で働く魅力などを語ってもらいました。

MEMBER

KAMIJYO
ITプラットフォーム事業本部
営業部
2017年入社
営業
社会人1年目。OJTの先輩のサポートを受けながら、日々成長中。新入社員でもチャンスを与えてもらえる会社だと感じている。
OKADA
ITプラットフォーム事業本部
システム・エンジニアリング部
1986年入社
エンジニア
さまざまな職務を経験しキャリアチェンジを経て、現在はエンジニアを束ねる課長職。後進の育成にやりがいを見出している。当社初の産休・育休の取得者。
FUJII
ネットワーク & セキュリティ本部
ネットワーク事業部
2005年入社
マーケティング
ネットワーク製品のマーケティング担当。スキルアップを求め、最近キャリア申告制度であるCDPを活用して異動を実現。子育て中のため、短時間勤務を利用中。
NARUSE
ITプラットフォーム事業本部
営業部
2015年キャリア入社
営業
前職でのエンジニア経験を生かし、ICTの最前線で営業をしたいと当社へ入社。当社のキャリアパスへの柔軟な対応や、働き方改革が進んでいることに驚いている。

THEME_01 皆さんは普段、どんなお仕事をされているのでしょうか?

KAMIJYO
私は新卒で入社したばかりです。外国語学部で英語やICTを使ってどう社会問題を解決していくのかということを学んでいたので、アメリカの最先端技術を扱い、さまざまな業界のお客様が抱える課題解決のお手伝いができることに惹かれて当社に入社しました。私は営業1年生として学んでいる最中ですが、大先輩の皆さんは現在、どのようなお仕事をされていますか?
NARUSE
私はもともとSIer系企業でエンジニアをしていましたが、ICTの最先端で営業がやりたくて、2年前に当社に転職してきました。当社は社会を変えるような尖った商材をたくさん扱っていたので、キャリアチェンジするならここしかないと考えました。今はコンピューティング商材をメインに担当しています。
FUJII
私はマーケティング担当です。担当する製品やソリューションを導入する価値を、お客様に伝える業務をしています。例えば、展示会やセミナーなどイベントの企画と実施、ケーススタディ集やパンフレットなどの制作、SNSやWebを活用したデジタルマーケティングからメーカーとのリレーションに至るまで、全方位的にマーケティング業務を進めています。
OKADA
皆さんは、キャリアを充実させている真っ最中ですね。私は、現在は管理職として、システム導入後の運用保守フェーズのシステムの問い合わせや技術課題の発見、改善点の提案、スキルトランスファーなどを提供するお客様のシステムの良きアドバイザー「TAM」(Technical Account Manager)と呼ばれるエンジニアをとりまとめていますが、これまでにはいろんな職務を経験してきました。最初は事務職として経理や人事・総務に携わり、次にお客様に対応するインストラクターを経験し、さらにシステムエンジニアにキャリアチェンジ。それからはオープン化やネットワーク化、クラウドや仮想化など、その時々の最先端インフラを実現する製品のプリセールスや導入、保守サポートに携り、今に至ります。
KAMIJYO
まさに、ICT業界の進化を体現されてきたのですね。
OKADA
皆さんも、これから時代を進化させる新しい技術に次々に触れていくはずですよ。

THEME_02 仕事がしやすい、やりがいがあると感じるのはどんなとき?

FUJII
成瀬さんにぜひお聞きしたいのですが、当社に転職してきて前職とのギャップや驚いたことなどはありましたか?
NARUSE
ええ、驚いたことはたくさんあります。まず、働き方改革が進んでいること。リモートワークの環境と制度が整っていて、どこでも自在に仕事ができるのが嬉しいですね。今日は自宅で集中して企画書を作ろうとか、午前と午後のアポイントの間にサテライトオフィスを使って仕事を有効にこなそうとか、効率的に仕事を進められます。あと、たくさんの優秀なエンジニアが営業をバックアップしてくれるので、とても心強いですね。
OKADA
当社は自由に任せてもらえる社風だからこそ、仕事がしやすく、やりがいを感じられるのだと思います。任されるから責任感も芽生えますし、自分で考えて行動する習慣も鍛えられます。
また、少し背伸びをしてでも挑戦する仕事を与えるのも当社の特徴です。それはまさにチャンス。その時期をクリアすれば、達成感は大きいはずですし、お客様にも周囲にも認めてもらえる。それがどんな仕事でも一番のやりがいじゃないかな。
NARUSE
確かにチャレンジさせてもらえる会社だと思います。パートナー企業向けの営業から直接エンドユーザーに提案をする営業をやりたい!と言っていたら、上司から「やってみるか?」と声をかけてもらえて、希望の業務につくことができました。
KAMIJYO
新人の私でもチャンスを与えてもらえる会社だと感じています。はじめは先輩方に同行してもらい、商談の流れやヒアリング・ご提案のポイントなどさまざまなことを学ばせてもらいましたが、最近ではお客様先で発言の機会を作ってもらったり、案件も少しずつ任されるようになりました。それに、海外から来たベンダーと一緒にお客様先へ訪問したり有志の先輩方が研修を開いてくれるなど、意欲をバックアップする風土があると思います。

THEME_03 これまでのキャリアの中で、悩んだことはありましたか?

NARUSE
転職してきて3 年目、自分は順風満帆だと感じていますが、皆さんは悩んだり、困ったりしたことはなかったですか?
OKADA
やはり女性ですから、結婚や出産、子育てなどのライフイベントと、仕事の両立は考えました。私、実は当社初の産休・育休の取得者なのです。
NARUSE
その当時は珍しい制度だったのですか?
OKADA
ええ、20数年前のことでしたが、妊娠が分かったときは、仕事を辞めなければならない、退職しなければならないと思いました。そのような風潮の時代だったのです。そのつもりで上司に報告したら、「ちょっと待って。男女雇用機会均等法も施行されたし、せっかくのキャリアを無駄にせずに済むように上に掛け合おう」と言ってくれたのです。それで、産休をもらうことに。ちょうど仕事が面白くなってきた時期だったので、とても嬉しかったですね。
KAMIJYO
当時から女性のキャリアをしっかり考える雰囲気があったのですね。
FUJII
今では産休や育休を取り、元の部署の同じ仕事に復帰するのが当たり前のようになっています。私も現在子育て中で短時間勤務をしていますが、岡田さんが道を切り拓いてくれたのですね。
OKADA
今後は親の介護などの必要もあるかもしれませんし、男性も育児に積極的に取り組む時代ですから、キャリアの継続とライフイベントの両立は会社全体でまだまだ取り組んでいかなければならないでしょう。

THEME_04 皆さん、これからどんなキャリアを歩みたいですか?

OKADA
今の私は付加価値サービスを企画・構築・提供するミッションを任されつつ、エンジニアをとりまとめる課長として後進の指導にもやりがいを見出していますが、皆さんはどのようなキャリアを築きたいですか?
KAMIJYO
私は営業経験を積み、お客様の課題やニーズに対応できるようになったら、ぜひNEA(NISSHO ELECTRONICS U.S.A.)に駐在し、スタートアップの企業にアクセスしたりカンファレンスに参加したりして、次のICT時代を切り拓く製品の発掘に携わりたいという夢を描いています。そのためには営業としての実績づくりやマーケティング業務の経験が必要になるはずです。高い目標ですが、チャレンジしたいですね。
OKADA
実力を磨いたら、きっとチャンスが巡ってくると思うから頑張って!
FUJII
私はCDP(キャリアディベロップメントプログラム)制度を利用して、コンピューティング製品からネットワーク製品のマーケティングに異動させてもらったばかり。マーケティングのスキルをもっと伸ばしたいと考えての希望でした。そんなポジティブな想いを十分に受け止めてくれるのが当社だと、改めて感じました。当社では本当によく「あなたは何がしたいの?」と聞かれますよね。自分は何をしたいのか、どうなっていきたいのかをきちんと考えられることが求められます。それが当社のDNAであり、強さの一つだと思います。自分の未来のキャリアを自分で作っていける会社ですよね。
NARUSE
私もパートナー営業から直販営業に移らせてもらいましたから、よく分かります。この先、ICTはどんどん進化していくでしょうが、当社は最先端にチャレンジしながら自分のキャリア形成とリンクしていける環境なので、ライフイベントとのバランスをとりながらキャリアアップをしていきたいです。
KAMIJYO
皆さんのお言葉には、とても勇気づけられました。今日は本当にお話ができて良かったです。
NARUSE OKADA FUJII
女性同士、これからも情報交換しながら頑張っていきましょう!

※記載の部署名及び仕事の内容は2017年10月時点のものです。

働く環境・制度についてはこちら