Innovation Leading Company

xStra Contents Suite
登録機能

契約書の登録は、自動登録と手動登録の二種類があります。
また、タイムスタンプ付与によりe-文書保存可能です。(※オプション機能)
大量に紙で保管されている契約書がある場合、日商エレクトロニクスの提案するアウトソーシングサービス(BPO)により契約書のスキャニング、データ入力、電子化を請け負うことが可能です。

契約書登録機能

自動登録

大量な契約書イメージファイルであっても、サーバー上の所定のフォルダに電子ファイルを配置することでまとめて自動登録が可能です。また、契約書にひもづいた関連文書の電子ファイルも登録することができます。
契約書はユーザー個別にアップロードすることが可能のため、各拠点の契約書を登録することができます。登録可能なファイル形式はPDF/TIFF/JPEG/Word/Excelで、幅広いファイル形式に対応することができます。

手動登録

アウトソーシングサービス(BPO)の活用による電子化

日商エレクトロニクスの子会社である「エヌビーアイ株式会社」によるアウトソーシングサービスでは、過去にわたる大量の契約書を一括電子化することが可能です。契約書のスキャニング、契約書情報の入力、電子化など、すべての業務を専門スタッフが処理します。
日商エレクトロニクスのアウトソーシングサービスを利用することでお客様の業務負担を一気に削減し、短期間で契約書管理の運用開始を実現します。

xStra Contents Suite 契約書管理モデル アウトソーシングサービス(BPO)の活用による電子化

契約書のe-文書保存

e-文書法とは?

  • 紙での保存が前提条件としていた文書でも、電子的に作成した電子データが原本性のある文書として保証される
  • 紙で保管された文書をスキャナーで読み取り電子データに変換しても、その電子データが原本性のある文書として保証される
  • という法律です。
    e-文書法は、2015年に施工された改正電子帳簿保存法によって重要書類の金額上限が撤廃されたため、対象の契約書を幅広くe-文書保管することができます。
    《参照》e-文書対応ソリューション