Innovation Leading Company

xStra Contents Suite
アクセス管理/ログ管理

契約書は、内部統制やコンプライアンスの観点からも厳格に管理する必要がある重要な書類の一つです。
契約書と関連文書を電子化し安全な運用を行うには、閲覧、印刷、更新などを制御したり、部署単位で閲覧制限を行うアクセス管理と、誰が、いつ、どの様な操作をしたかを記録するログ管理は必要な機能となります。

xStra Contents Suiteでは、「契約書の分類」と「ユーザーの権限」の二つの側面からアクセス管理、ログ管理を実装しています。
契約書の閲覧、契約書情報の変更、契約書の承認に対するアクセス権限を設定することで、契約書と関連文書の安全な運用管理を実現します。また、契約書原本へのアクセス管理として、バーコードによる入出庫管理を実現します。
ログ管理では、全体のログのみではなく、ユーザーグループや契約書グループごとのログを確認することができます

アクセス管理/ログ管理

認証機能について

認証機能
xStra Contents Suiteの認証機能は、金融機関のセキュリティスタンダードに準拠した認証を実装しています。
例えば、パスワードの有効期限設定、変更履歴を管理することが可能です。一度使用した同一パスワードの再使用を禁止します。さらに、ログオンの失敗時のユーザーIDロック機能により、不正アクセスを防ぐことができます。

アクセス権限

契約書と関連文書を電子化し安全な運用を行うには、閲覧、印刷、更新などを制御したり、部署単位で閲覧制限を行うアクセス管理が必要です。
xStra Contents Suiteでは、使用できる機能の制限や閲覧できる契約書の種類をユーザーグループに応じて設定することができます。
例えば、多数の拠点で契約書を管理する場合、自拠点管轄の情報のみに契約書の閲覧制限を掛けるという使い方をすることができます。
制限する機能はグループごとに設定することができるため、柔軟な運用をすることが可能です。

xStra Contents Suite 契約書管理モデル アクセス制限

ログ管理

情報漏洩リスクを軽減するためにも、ログが管理されていれば不正などの抑制につながります。
ログ管理では、システムにログインした日時から、誰が、何を検索、印刷を行ったか、すべて保存されています。
また ログ情報は、権限を与えられた人しか表示することができません。
管理者は、ログからシステムの利用状況を確認することができます。「いつ/誰が/どの契約書を/どのような操作をしたか」を把握することで、分析ツールとしてログを活用することが可能です。