Innovation Leading Company

社内システム/クラウドサービスに安全にアクセスするためのセキュアブラウザ

社内WEBポータルにはじまりファイルサーバやOffice365のようなクラウドサービスを社内だけでなく社外かも利用したいという要望がある一方で業務データを持ち出しや利用するデバイスの盗難・紛失などによる情報漏洩リスクも存在します。Workspotのセキュアブラウザは情報を持ち出させずに社内へもクラウドサービスへもセキュアなアクセスを可能にします。

Workspotのセキュアブラウザ

Workspotのアプリケーション配信方法(セキュアブラウザと仮想デスクトップ(VDI))

セキュアブラウザ

セキュアブラウザ

  • スマートフォンなどのデバイス上でブラウザアプリが実行
  • デバイスへのコピー&ペースト、ファイルダウンロードを禁止
  • 社内Webアプリやファイルサーバやクラウドサービスの利用がメイン

仮想デスクトップ(VDI)

仮想デスクトップ(VDI)

  • サーバ上で稼働するクライアントのデスクトップ画面を画面転送
  • デバイスへのコピー&ペースト、ファイルダウンロードを禁止
  • いつものデスクトップで利用しているWindowsアプリを含む全てのアプリケーションが利用可能

Workspot:セキュアブラウザの特長

情報を持ち出さない、セキュアな仕組みを実現

Workspot 情報を持ち出さない、セキュアな仕組みを実現

Workspotが提供するセキュアブラウザは利用する端末内に業務用の隔離された領域(セキュアコンテナ)を作成し、そのコンテナ内で実行されるセキュアなブラウザです。利用するアプリケーション/ファイルサーバからのコピー&ペーストやファイルダウンロードを禁止することで情報漏えい対策が行えます。

社内のWebアプリ、クラウドサービス、ファイルサーバを安全に利用

Workspot 社内のWebアプリ、クラウドサービス、ファイルサーバを安全に利用

Workspotのセキュアブラウザはデバイスのネイティブブラウザと同じ使用感で社内のWeb アプリケーションやクラウドサービス( SaaS アプリケーション)、ファイルサーバへ安全にアクセスが可能です。スマートフォンやタブレットだけでなくPCからも利用できWindows、macOS、iOS、Androidに対応しています。

閲覧だけでなく編集も

Workspot 閲覧だけでなく編集も

ブラウザのプレビュー機能や専用のファイルビューワを利用してWordやExcel、PowerPointやPDFファイルなどの閲覧が可能です。通信が不安定な地域での業務に備えてセキュアコンテナ内にファイルのダウンロードをすることも可能です。またWorkspotのRemoteApp機能を併用することでファイルの閲覧だけでなく編集もすることが可能です。

Workspot:セキュアブラウザの機能

  • 利用する端末に情報を残さないことで情報漏えいを防止するセキュアな業務環境を提供できます
  • Officeアプリが入っていないスマホ/タブレットなどからでも利用端末に情報を残すことなく資料の閲覧ができます
  • クライアント内にダウンロードすることでオフライン時でも利用ができます。暗号化されているため、直接アクセスしても閲覧することはできません
  • RemoteApp環境を作っておき連携させることで、閲覧するだけでなく
必要に応じてその場で編集を行うことができます

画面イメージ

Internet Explorerサイトへの対応

Workspot セキュアブラウザ Internet Explorerサイトへの対応

Android

Workspot セキュアブラウザ Android

ファイルブラウザ

Workspot セキュアブラウザ ファイルブラウザ

Workspotをさらに検討してみませんか?