Innovation Leading Company

Workspotで実現するリモートアクセス

リモートアクセスが必要な理由と最適な製品

多様な働き方が求められるこの時代、外部から社内と同じ業務ができるようテレワーク環境の整備が進められています。
そのテレワーク環境整備の足がかりとしてリモートアクセスツールを導入し、社外のインターネット回線から社内ネットワークのシステムやクラウドサービスへセキュアにアクセスすることを要望しているお客様が多くいらっしゃいます。Workspotはそのようなお客様に向けて「いつでも」「どこでも」「どのデバイスでも」「セキュア」にそして「カンタン」にアクセスするセキュアブラウザの機能を提供しています。
また単純に「社外からメールを見たい」といった要望であればセキュアブラウザ機能だけで十分ですが、パワーポイント資料の修正などこまかな作業はPC環境を提供する仮想デスクトップ(VDI)が最適です。
Workspotではセキュアブラウザから仮想デスクトップ(VDI)までを1つのライセンスでシームレスに利用できる唯一の製品です。

※「リモートアクセス」とは : 用語辞典はこちら >
リモートアクセスが必要な理由と最適な製品

Workspotの特長

Workspotでは企業で利用しているポータルサイト、メール、スケジューラ、ワークフローシステムなどをいつでもどこでも様々なデバイスから安全に利用することができます。社内のファイルサーバと連携させてファイルの編集や閲覧も可能です。またG SuiteやOffice365、Salesforceといったクラウドサービスにも対応しております。

高いセキュリティ

Workspot 高いセキュリティ

社内のシステムやクラウドサービスに安全にアクセスができます

マルチデバイス対応

Workspot マルチデバイス対応

Windos、Mac PCはもちろんAndroidやiOSのスマートフォン/タブレットなど様々な端末に対応しています

カンタン導入

Workspot カンタン導入

Windows Controlと接続するハブサーバを用意しSSL-PN越属できる環境を整えるだけで、容易に導入できます

アプリケーション/クラウドサービスと連携

Workspot アプリケーション/クラウドサービスと連携

Windowsで作られたアプリケーションやクラウドサービスに対応しています

VDIまでシームレスに

Workspot VDIまでシームレスに

特殊なアプリケーションや細かな作業をする際に便利なVDIも1ライセンスで利用できます

Workspotで利用できる機能

セキュアブラウザ機能

Workspot セキュアブラウザ機能
Workspot専用のブラウザです。端末内に閲覧した情報は残さない/持ち出せないため、端末の盗難や紛失による情報漏洩対策をすることができます。また接続できるURLを制限することも可能です。
セキュアブラウザの詳細はこちら >

認証機能

Workspot 認証機能
Passcode(パスコード)と呼ばれるパスワードの設定から指紋認証、RSAを利用した2要素認証など強固な認証方式を利用することでセキュリティを向上させることが可能です。

MAM(モバイルアプリケーション管理)機能

Workspot MDM機能
端末内外へのコピー&ペースト防止に始まり、スクリーンショット(画面メモ)防止やファイル(メール添付、ポータルサイト内、ファイルサーバー内)の端末内への保存、持ち出しを禁止する設定が可能です。またリモートワイプ機能を利用することで対象のクライアントデバイス内にある接続用のキャッシュなどを含むWorkspotクライアント内のデータをリモートにて削除することができます。
MAMの詳細はこちら >

オンプレミスアプリケーション連携機能

Workspot オンプレミスアプリケーション連携機能
社内にあるメールやスケジューラ、ワークフローといったWindows Server上のアプリケーションをWorkspotクライアントから利用することができます。
※下記Windows アプリケーションがサポートされています。
-Remote App 2008 R2、Remote App 2012、Remote App 2016
-Citrix XenApp 6.5

WEBアプリケーション連携機能

WorkspotWEBアプリケーション連携機能
社内外にあるメールやスケジューラ、ワークフロー、プロジェクト管理ツールなどのWebアプリケーションをWorkspotクライアントから利用することができます。

クラウドサービス連携機能

Workspot クラウドサービス連携機能
Microsoft社が提供するOffice365サービスや、Google社が提供するG Suiteなどのクラウドサービスを利用することが可能です。
クラウドサービス連携の詳細はこちら >

ファイルサーバ連携機能

Workspotファイルサーバ連携機能
社内にあるファイルサーバーと連携(CIFS接続)することでファイルの閲覧/編集、アップロード/ダウンロードが可能です。
※アップロード、ダウンロード、編集はポリシーで有効/無効を適用することができます。

ファイル閲覧/編集機能

Workspot ファイル閲覧/編集機能
ファイルサーバ上のデータだけでなく、メールに添付されたファイルの閲覧やメール、Sharepoint上のファイルなどを閲覧、編集することが可能です。

他社製品との比較

Workspotでは他社のリモートアクセスツールやMAM機能をもった製品と比較しても遜色ない機能を有しています。特にデスクトップ用の仮想マシンを格納する仮想化基盤を用意するだけで、様々な機能がひとつのライセンスに統合され、シームレスに仮想デスクトップ(VDI)まで利用できます。

Workspot E社リモートアクセスツール C社VDIソフトウェア
仮想デスクトップ機能 別製品が必要
アプリケーション利用機能
セキュアブラウザ機能
ドキュメント閲覧機能 別製品が必要
ドキュメント編集機能 別製品が必要 別製品が必要
ファイルサーバ機能 別製品が必要
モバイルデバイス管理機能 別製品が必要

リモートアクセス用途での導入事例

Workspotのリモートアクセス機能はSSL-VPN装置とWorkspot Controlに接続するためのかハブ機能を持つ仮想マシンを用意するだけでカンタンに利用できます。
当社ではリモートアクセスサービスとして有名なCACHATTOやMDM製品として有名なXenMobileなど複数のツールを利用してリモートアクセスをしていましたが、端末に情報を残さないことはもちろん、仮想デスクトップ(VDI)を経由せずにメールやスケジューラ、CRMといったアプリケーションにすぐアクセスできること、こまかな資料の修正などはVDIに切り替えて利用できること、何より運用者側のメンテナンスも楽であることからWorkspotに切り替えて利用しています。

Workspotをさらに検討してみませんか?