Innovation Leading Company

VDI(仮想デスクトップ)とは

~ 働き方改革 用語辞典 ~

●VDI(仮想デスクトップ)


VDI(Virtual Desktop Infrastructure)とは、PCのデスクトップ環境を拡張するソフトウェアのことです。物理的な1つのディスプレイに対して、仮想的なデスクトップ環境を提供します。実際にOSやアプリケーションが実行されるのはデータセンターや、サーバールームにある自社の仮想サーバー環境上になります。操作をしている手元の端末には、画面情報が仮想サーバー環境より転送されているだけのため、仮想デスクトップ上のデータがローカル端末に残ることはありません。そのため、情報漏洩などのリスクを回避することが可能です。

VDIには2種類の方式が存在します。従業員一人一人に個別のデスクトップ環境を提供する方法「占有型(VMware:フルクローン、Citrix:MCS)」と、同一イメージの複数のデスクトップ環境を複数の従業員と共有する方法「共有型(VMware:リンククローン、Citrix:PVS)」です。「占有型」は、従業員にとって自由度や利便性が高くなりますが、システム管理者は管理工数が増える可能性もあります。「共有型」は、従業員は自由度や利便性が低くなりますが、システム管理者は管理工数を削減することができます。

<VDI(仮想デスクトップ)導入メリット>
  • BYODへの対応・スマートデバイスの活用
  • 従業員の利便性・生産性の向上
  • 働き方改革・ワークスタイル変革の促進
  • セキュリティ対策に対する負荷の軽減
  • デスクトップ運用・管理の負荷軽減
  • BCP(事業継続計画)対応
●関連ページ:作業・運用コストを50%削減できる仮想デスクトップ(VDI) >
●関連ページ:従来型VDI vs 次世代型VDI コスト比較シミュレーション >