Innovation Leading Company

働き方改革 用語辞典

働き方改革やテレワーク・・・最近よく見かけるけれど、意外とわからない用語も多いですよね。
働き方改革をキーワードに、よく耳にするIT関連の用語を中心に解説します。

●働き方改革とは

働く人の立場・視点に立つことで、企業文化、ライフスタイル、働き方を変革させることをいいます。ワーク・ライフ・バランスの実現、業務効率性や生産性の向上を目指して、国内の企業では様々な取り組みを開始しています。

例えば日商エレクトロニクスの場合は毎週水曜は「リフレッシュ&エコ・デー」として残業を原則禁止としています。これは、従業員の健康維持やライフビジョンの実現を目指す取り組みです。

働き方改革とは

●テレワーク(=リモートワーク)とは

「テレ(tele) = 離れた場所」と「ワーク(work) = 働く」を合わせて作られた言葉です。 ICT (= Information and Communication Technology)を活用し、ノートPC、スマートフォン、タブレットなどを用いて場所や時間にとらわれない柔軟な働き方をすることを指します。モバイルワークや在宅勤務の働き方は、それぞれテレワークの一形態のことを指します。

モバイルワークも在宅勤務も全てがテレワーク

●モバイルワークとは

ノートPC・スマートフォン・タブレット型端末などを携帯し、インターネットに接続することで、時と場所を選ばず仕事ができることをいいます。例えば、電車の中でスマートフォンを用いて仕事のメールをチェックする、会議後にカフェにてBYOD端末で仕事をするなど、自宅からの直行直帰を可能にします。会議など、必要がある時だけオフィスに出社するような働き方です。

●在宅勤務(在宅ワーク)とは

会社に出勤せずに、自宅で会社の業務を遂行することをいいます。全日在宅勤務する場合もあれば、週に数日間のみの場合など企業や人合わせて様々です。自宅のデスクトップPCやノートPCから、勤務先のサーバーとインターネットに接続することで、自宅にいながら会社の仕事を行うことができます。業務効率、優秀な人材の確保を目指して推進する企業が増えています。