Innovation Leading Company

Workspace ONE
統合デジタル ワークスペース プラットフォーム

Workspace ONE は、シンプルでセキュアなデジタル ワークスペース プラットフォームです。アクセス コントロール、アプリケーション、マルチ プラットフォームのエンドポイントを統合管理することで、デバイスを問わずにあらゆるアプリケーションの配信と管理ができます。クラウド サービスとしての利用、またはオンプレミス環境への展開が可能です。

クライアント環境を取り巻く状況の変化

デバイス
  • 多様なデバイス
  • PC/Tablet/Smart Phone
  • 会社や家のデバイス
  • PC/Tablet/Smart Phone
アプリケーション
  • 多様なアプリケーション
  • クライアントアプリ
  • クラサバレガシーアプリ
  • ブラウザ依存 Webアプリ
  • SaaS アプリ
  • モバイルアプリ
ユーザー
  • 働き方の多様性の広がり
  • 働きやすい仕事環境の要求
  • 人材の活発化
  • 女性
  • 海外拠点

企業のインフラでは現在1人に多くのデバイスが提供され、アプリケーションは新しいクラウドサービスから社内のレガシーアプリケーション、業務の中心作業を担うWindows環境など多くの手法が入り乱れています。

ユーザは、労働効率の向上や多様性の広がりが進み、個人での最新サービスの利用により、デジタルと濫訴フォームが進んでいます。企業も、生産性向上や優秀な社員の確保のために「働き方改革」の推進が求められています。

しかし、実態の業務は多くのアプリケーションを使わなくては完遂することはできず、企業は自社のインフラをどんな端末でも、どこでもセキュアに利用できる環境を用意し、働き方改革を推進しなければならない状況です。

働き方改革を推進できるプラットフォームとはなんでしょう。

VMware のEnd User Computing のコンポーネント

Digital Workspace
Workspace One
デスクトップ環境・レガシーAP配信
Horizon Family
エンドポイント デバイス・モバイルAP管理
AirWatch
仮想デスクトップ
Horizon View
レガシーAPP
RDSH Remote AP/ThinApp
SaaS/Mobile APP
SSO認証連携+セキュアAP
データ共有
Content Locker *オプション

Workspace ONE は、社内のVDIやWebシステム、SaaSにあらゆる端末からセキュアに接続するVmwareの統合プラットフォームです。

業務を実行するためにはWindowsなどのデスクトップ環境や専用の自社アプリケーション、Webシステムが点在します。働き方の改革のためにはこれらを、どこにいてもどんなデバイスでも、利便性を損なうことなく簡単にセキュリティを確保した状態で使用させる必要があります。これにより、効果的な働き方井価格を実現できます。

WorkspaceOneでは、効果的な働き方改革を実現できるプラットフォームを統合して提供しています。仮想デスクトップの「Horizon」,レガシーアプリケーションを配信する「ThinApp/Horizon RDSH」端末セキュリティのセキュリティを向上させる「Airwatch」、Office365やSalesForceなどのSaaSサービスを含む認証機構を強化、統合する「SSO」を統合しています。

VMware が提唱するビジネス・モビリティ: ビジネス変革の促進

企業は社員と顧客を守るために、自社のアプリケーションやデバイスをシンプル、かつセキュアに提供し、生産性の向上をしなければなりません。

そのためには利用者にはコンシューマ製品並みのシンプルな活用が求められつつ、さらにコンシューマよりもレベルの高いエンタープライズクラスのセキュリティが求められます。

どのデバイスから接続しても同じ環境が使える

ユーザとアプリケーションが紐付けされている環境 = 接続デバイスに影響されない

WorkspaceOneはデスクトップ仮想化の「Horizon」やアプリケーション仮想化、SaaSなどを統合したDigitlWorkspaceポータルを提供します。

企業が提供するアプリケーションを統合して、エンドユーザにそれぞれの違いを意識させないようにシンプルにします。

社員はブラウザーからWorkspaceOneに接続すると利用可能なアプリケーションやSaaS,VDIのアイコンにアクセスし、必要なサービスを起動できます。

また、ID,Passwordを統合管理するSSOの機能を内蔵しており、WorkspaceOneへのログイン情報を他のアプリケーションに連携し、パスワードの再入力を軽減します。セキュリティ強化のために2要素、3要素の認証もサポートします。

端末制御にはAirwatchを使用し、WorkspaceOneへの接続や接続可能端末を管理することができます。

組み込みの2要素認証で手軽に本人認証を強化 : VMware Verify

コンシューマ製品のようなシンプルさでエンタープライズレベルのセキュリティを

  • スマートフォンを利用
    ユーザーが利用しているスマートフォンを2要素認証デバイスとして使用可能
  • シンプルな利用方法
    プッシュ通知を利用し、ワンタイムパスワードを入力する手間を省くことでワンタッチ認証を実現
  • 導入コストの削減
    Workspace ONE 組み込み機能のため VMware のみで 2要素認証環境を実現
  • セキュリティリスクを低減
    強固な本人認証によるパスワード漏洩やなりすましへの対応

VMware Verifyにより、最大3つの要素を認証に組み込むことができます。WorkspaceOneにログインしたタイミングでSaaSを含めてすべてのアプリケーションに認証無しでシームレスにログインできる利便性と高いセキュリティを実現することができます。