Innovation Leading Company

VMware Horizon 7
業界をリードする仮想デスクトップとアプリケーションのプラットフォーム

VDI 導入を検討する背景

近年、ワークスタイル改革やオフショア開発などで社外でのPC利用の要望が増えています。

利用者はワークスタイル変革を求め、できるだけどこでもどんな端末でも簡単に使用でき、成果を上げることを求めています。経営層は利用者の成果を実現し、利益を上げていくことと同時に、どのようなデバイスが使用されることになってもセキュリティを強化する必要があると考えています。

IT担当者はワークスタイル変革という大きなデスクトップ環境の変化があっても、運用コストを最適化する必要があると考えます。

これらをすべて解決できるソリューションがVDI(デスクトップ仮想化)であり、多くの企業で採用されている理由です。

VDI を活用した業務の全体像

VDIはWindowsの仮想マシンの画面をクライアントに転送する技術です。

画面データのみの転送となるため、クライアント側には一切データを残さずに利用することが可能で、どこでもどんな端末でも業務を実行することができるのです。

仮想デスクトップ(VDI)とは?

1ユーザーが1つの仮想マシンを利用するVDI方式

  • 仮想基盤上にデスクトップを作成
  • データのやりとりは社内で完結
  • ユーザには画面情報のみ転送

VDIは、サーバ仮想基盤上の仮想マシンとしてWindowsデスクトップ環境を運用します。

そしてユーザーには、各自が利用するデスクトップ環境の画面情報のみがネットワーク経由で転送されます。したがってユーザーが使用する端末の種類は問われません。

また、あらゆるデータの運用がデータセンター内のみで完結するため、ユーザーはどんな場所から でも、セキュアな状態を保ちながら業務を行うことができます。

VMware Horizonは企業にVDIを提供します。VMware Horizonを利用することで、セキュリティを考慮したワークスタイル変革を推進することができます。

VDI 方式と SBC(ターミナルサービス)方式

ユーザへのWindows提供方法としてはVDI(デスクトップ仮想化)とRDS(ターミナルサービスリモートデスクトップ)の2通りがあります。

VDIでは完全なWindows10が提供されるため、多くのクライアントアプリケーションに対応できます。RDSではWindowsServerを複数のユーザが共有して使う方式です。1つのWindowsを共有するためライセンスや、インフラの面でVDIよりもコスト削減が見込めます。

ただし、サーバベースのWindowsを使うため一部のアプリケーションが対応しなかったり、公開アプリケーション方式に対応していないアプリケーションは使用できないなど自由度が制限されます。

Vmware Horizonでは両方の方式を併用することができますので人や業務に合わせて最適なWindowsアプリケーショの提供を行うことができます。

業界初の Horizon 7 のイノベーションによるモバイル クラウドの実現

最新のHorizon7ではユーザの利便性とセキュリティを向上しつつ運用を削減可能な多くの先進的な機能が搭載されています。

ユーザの利便性では画面転送プロトコルBlastExtreameにより低帯域でも画面転送のストレスがなくなっています。

セキュリティ面でAirwatchのクラウドサービスとの連携が強化され、オンプレミスのVDIに接続する端末の制御が可能になります。

TrueSSOによりデスクトップ接続の認証情報をほかのアプリケーションに引き継ぐことで繰り返しの認証入力を簡素化することができます。

運用面ではアプリケーションの配信やイメージ管理、更新ライフサイクルを簡素化する「InstantClone」「AppVolume」によりイメージを変更せずにアプリケーションを配信したり、セキュリティパッチの更新時のダウンタイムを最適化できます。

Horizon 7 の新機能