日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ソリューション

VMware

デスクトップ仮想化・クラウドインフラストラクチャー

VMware

日商エレクトロニクスは、デスクトップ仮想化、サーバ仮想化、クラウド基盤向けのソリューションを強みとしています。また、長年培ったストレージインテグレーション力により、ディザスタリカバリ(DR)、事業継続性(BCP)のソリューションも合わせて提供します。 VMwareソリューション プロバイダ プレミアパートナとして、お客様の課題を解決する最適な仮想化基盤を提供します。

vSOM (vSphere with Operations Management)

製品概要

vSOMとは、vSphere + vRealize Operations Manager のパッケージ製品です。

vCenterのさまざまなログを収集して統合管理ダッシュボードに表示します。「管理対象」、「仮想化環境の今の状態」、「将来のリソース予測」、「仮想化の効率化による無駄の発見」が可視化され、システム全体を俯瞰することができます。

製品特長

  • システムトラブル時の、問題特定までの時間短縮

仮想マシン1つ1つの状態をヒートマップで纏め、問題のあるセルをドリルダウンすること容易に問題の特定ができます。vCenterのさまざまなログを解析する必要がなく、問題の特定時間を短縮することができます。

  • 将来のリソース枯渇状態の把握

現在の利用状況で、あとどれ位の仮想マシンを立てれらるか、CPU/メモリ/ディスク/ネットワークなどのリソースがいつ枯渇するかを可視化して確認することができます。根拠あるデータをもとに将来の投資のタイミングが把握できます。

  • 物理マシンに対する仮想マシンの最適な統合率

vSOMは、リソース競合なし(パフォーマンス劣化なし)に、統合可能な最大値を算出することができます。この数値を参考に最適な統合率に近づけることで、コストとパフォーマンスを最適化することができます。

  • 不要なアラート発生の抑制

vCenterで監視すべき項目が多く、CPU、メモリ使用率などの固定しきい値を設定しただけでは、アラート発砲の乱発、使用率と重要度の乖離などの問題が残ります。過去の統計を学習し、「通常の範囲」を算出して動的しきい値を設定することで、効率的な監視ができます。

  • 仮想化環境状況のレポート作成時間の短縮

サイズ過剰な仮想マシン、アイドル状態の仮想マシン、データストアの待ち時間・スループットなどの情報15種類のレポートを1クリック数分で作成できます。毎月の作業レポート作成時間を大幅に短縮できます。

Horizon View

製品概要

Horizon Viewは、デスクトップ仮想化のための製品です。

オフィス・外出先・在宅勤務などで同一のデスクトップ環境にアクセスでき、ユーザビリティが向上した新しいワークスタイルに対応します。ユーザーデータはクライアント自身ではなくマシンルームもしくはデータセンターに置かれるため、データの入ったPCを持ち歩く必要がなく、データ漏えいのリスクを削減できます。

製品特徴

  • View Composer によるデスクトップイメージ管理の効率化

    お客様の利用方法に応じて最適な仮想デスクトップの提供方式が選択できます。

  • フルクローン方式

    各ユーザーに仮想デスクトップが割り当てられるため、物理PCとほぼ変わらない環境で使用できます。

  • リンククローン方式(View Composer 利用)

    マスターイメージ(各仮想デスクトップで実現する部分)と差分ディスク(各仮想デスクトップの固有情報)で構成されます。差分ディスクを構成することで、ストレージの消費を抑えることができます。

  • グラフィックの処理に、サーバのGPUを利用可能

    仮想マシンが実行される仮想基盤にGPUカードを搭載することで、グラフィックスの演算処理をオフロードすることができます。CAD のような高度な 3D ワークロードに対応します。GPUにも対応予定です。提供方式は2つあります。

  • パフォーマンスに優れるGPU占有型(vDGA)

    物理 GPU カードに対して仮想マシンが専有アクセスすることで、パワーユーザーが必要とする3Dやハイパフォーマンス環境を仮想デスクトップで提供します。また、NVIDIA のネイティブのドライバーを使用可能。設計やデザイン業務など、ハイパフォーマンスを必要とする業務スタイルの方に最適な方式です。

  • コストメリットに優れるGPU共有型(vSGA)

    物理 GPU カードに対して仮想マシンが共有アクセスすることで、パフォーマンスとコストを両立します。NVIDIAだけでなく、AMD/ATI の GPU もサポート。

  • 何百、何千とある仮想デスクトップ基盤の負荷分散、可用性向上がvSphereのDRS/HAなら簡単に実現

  • vMotion機能

    vMotionによるハードウエアメンテナンスなどによる仮想基盤(物理サーバ)の計画停止時もダウンタイムなく、デスクトップを稼働し続けられます。

  • DRS(Distributed Resource Scheduler)機能

    ホスト毎のリソース利用状況をモニタリングし、自動的にロードバランシングすることで、各仮想デスクトップのパフォーマンスを最大化して生産性を向上させることができます。サーバ仮想化と比較して仮想デスクトップは統合率が高開く、動的な負荷分散の自動化は必須のテクノロジーです。

  • HA機能

    サーバ障害を検知し、仮想デスクトップを自動で健全なサーバ上で再起動させます。

VMware Workspace

製品概要

ユーザーがあらゆるデバイスから安全かつ自由にアプリケーションやファイルなどの社内リソースへシングルサインオンでアクセスできる統合ワークスペースです。

アプリケーション・SaaS、仮想デスクトップが1つの統合画面で管理され、ユーザーは必要なアプリケーションを選択して利用できます。エンタープライズ環境のセキュリティを担保しつつ、利便性を高めることができます。

vRealize Suite

製品概要

VMwareのクラウド向け製品がvRealize Suiteになります。

オンプレミスのVMware仮想化環境(VMware、Hyper-V、KVM)、物理環境、vCloud AirやAWSなどのパブリッククラウドを包括して管理する製品です。

製品特長

  • セルフサービスポータルから仮想マシンを自動プロビジョニング

事前に管理者がカタログを作成しておくことで、ユーザーはセルフサービスポータルから必要な仮想マシンをプロビジョニングすることが可能です。管理者の運用負荷が軽減され、ユーザーの利便性が向上します。 (ワークフローを作成し、管理者の承認後にプロビジョニングさせることも可能です。)

  • マルチベンダー、マルチクラウドのインフラストラクチャをサポート

Microsoft、Citrix、RedHatなどの他ベンダーのハイパーバイザー、Amazon、OpenStack環境などのパブリッククラウド、物理環境とも連携することができます。お客様は単一のポータルから、複数のプラットフォームを横断して仮想マシンを利用することができます。

  • クラウド基盤の運用管理の効率化

仮想基盤全体を俯瞰的に監視、リソースの依存関係を可視化することで、障害の未然防止、障害対応の迅速化、リソースのキャパシティの分析による基盤増強計画をすることができます。

関連情報