日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ソリューション

Viptela(ヴィプテラ)

ハイブリッドWAN製品

Viptela, Inc.

拠点間IP-VPN運用を簡単でセキュアに実現するハイブリッドWAN製品「Viptela」。「ゼロタッチプロビジョニング」と「VPNポリシー一括管理」による運用工数削減、「フルメッシュの暗号化通信」と「耐障害性」による安定したサービスを提供します。

概要

ネットワークのセキュリティとしてVPNを活用されている企業が多いですが、M&Aや多拠点化、リッチコンテンツの増加など頻度高く発生する設定変更など、運用で苦労されているお客様が多い状況です。簡単でセキュアなハイブリッドWAN製品「Viptela」は、インターネット越しにViptela専用機器「vEdge」を接続するだけで(ゼロタッチプロビジョニング)、セキュアでフルメッシュのIP-VPNを確立します。暗号化キーの手動設定(IKEの設定)も必要ありません。管理者はクラウド「Viptela Cloud」からVPNポリシーの一括管理/制御を行うのみです。拠点を多く持つエンタープライズのお客様の運用工数削減に貢献します。

image

特長

オーバーレイ型ソリューション

1.オーバーレイ型ソリューション。
  -専用回線(MPLS、Broadband、4G、LTE)分離。

全通信(コントロールプレーン/データプレーン)が暗号化

2.全通信(コントロールプレーン/データプレーン)が暗号化。
  -vEdge間はフルメッシュのセキュアネットワーク
     (IKEを使用せずRe-Keyを30秒程度で実現)。

アプリケーションベースのネットワークデザインが可能

3.アプリケーションベースのネットワークデザインが可能。
  -DPI機能で、アプリケーションごとのQoS/上位回線を選択。

ゼロタッチプロビジョニング

4.ゼロタッチプロビジョニング
  -設置・交換オペレーションに高いナレッジ不要。

VPNを一元管理・制御

5.VPNを一元管理・制御。
  -ビジネスに適合したVPNの実現。

Webベースのダッシュボードで直観的なオペレーション

6.Webベースのダッシュボードで直観的なオペレーション。
  -デバイス/ネットワークを可視化。

シンプルなオペレーション

7.シンプルなオペレーション。
  -ソフトウエアのアップグレードもクラウド上のコントローラから実施。

Viptela機能検証資料

2016年11月24日~25日に下関で開催された電子情報通信学会「ICM/NS/CQ/nV 合同研究会」で、株式会社ボスコ・テクノロジーズと日商エレクトロニクス株式会社による、Viptela製品の共同検証結果を発表。


最新SD-WANソリューションの実情と技術検証資料ダウンロード

コンポーネント

viptelaのコンポーネントviptelaのコンポーネント



アイコンコンポーネント形態説明
vEdge vEdge
vEdge Cloud
ハードウエア
ソフトウェア
Routing/DPI/VPN機器。データプレーンのルーティングを行う。
vBond vBond クラウド オーケストレーションシステム。vEdgeの初期認証を行う。
vManage vManage クラウド システム管理ステーション。GUIとAPIを提供する。
vSmart vSmart クラウド SDNコントローラー。コントロールプレーンの通信を管理する。

デモ動画

ラインナップ

Viptela関連 外部サイト情報

Viptela関連ツイート

Viptela 保守サポート情報

この情報をご覧いただくには、ID/PWが必要です。
ID/PWは申請頂いているお客様のみ発行しています。
また、ID/PWは不定期に変更します。
目的の如何を問わず、第三者へ電子データでの配布はご遠慮ください。

ID/PWを忘れた方はID/PW発行依頼から登録してください。
折り返し担当者からご連絡します。

保守サポート情報を見る

ホワイトペーパーダウンロード

資料をダウンロードしていただくには、簡単なお客様情報の登録をお願いしています。

  • 拠点網を変革するハイブリッドWANとは

    「回線費用がかかり、運用管理が面倒でなかなか変更できない」──。 そうした社内WANに関する悩みを解消する新製品が、ハイブリッドWAN「Viptela」だ。拠点間通信のコスト効率と柔軟性を飛躍的に高めることで、ビジネス上の要件に即応できるWANを実現。同時に、コスト削減にも貢献する。

  • 注目集めるSD-WANの導入検証が急増中

    本社・拠点をつなぐWANのコストを最適化し、柔軟かつ低負荷な運用を実現するSD-WAN。日本国内では提供が始まったばかりで商用導入は“時期尚早”と見る企業ユーザーも少なくなかったが、実態は違う。日商エレクトロニクスが販売する「Viptela」の導入に向けて検証を始める企業が続々と表れている。

  • Viptelaを使用したB2Bネットワーク

    Viptela のソリューションでは、オンボードのパートナーに対してスピーディーにオーバーレイインフラを作ることで機密情報の漏えいや不正アクセスの課題に対処し、機密情報を自動的に保護するポリシー制御と分離を実現します。

  • Viptelaを使用したネットワークサービスインサーション

    Viptela のソリューションでは、ネットワーク機能の仮想化サービスを要求に応じて伝達し実装することが可能になります。

  • クラウドとインターネットのパフォーマンス改善

    Viptela のソリューションでは、最適化したインターネットへの出口を安全に提供し、支店で高帯域通信を利用できるようにして、パフォーマンスの強化を妨げる障害を排除することで、ネットワークの問題を解決します。

  • エンドツーエンドのネットワークセグメンテーション

    セキュリティの脅威に対して、Viptelaでは、一元化したポリシーによって管理できるエンドツーエンドの暗号化されたネットワークセグメンテーションが利用可能なシンプルなアーキテクチャーで対応しています。

  • 関連情報