Innovation Leading Company

Viptelaの特長

Viptela SD-WAN ソリューションの特長

Viptela (ヴィプテラ)は、企業がWAN 環境に求める、ビジネスの変化に柔軟に対応できるWAN 環境の実現や拠点側ネットワーク運用コストの削減といったニーズに対応しています。また、クラウド化に順応した付加価値の高いWAN 環境の構築を可能とする、注目のSDWAN製品です。簡単でセキュアな「Viptela」を利用すれば、インターネット越しにViptela 専用機器「vEdge」を接続する
だけで( ゼロタッチプロビジョニング)、セキュアでフルメッシュのIP-VPN を確立できます。暗号化キーの手動設定(IKE の設定)も必要ありません。管理者はクラウド「Viptela Cloud」からVPN ポリシーの一括管理/ 制御を行うのみです。拠点を多く持つ企業のお客様の運用工数削減に貢献することが期待できるSD-WAN ソリューションです。

  • オーバーレイ型ソリューション

    オーバーレイ型
    ソリューション

    専用回線(MPLS、Broadband、4G、LTE)分離。

  • 全通信(コントロールプレーン/データプレーン)が暗号化

    全通信(コントロールプレーン/
    データプレーン)が暗号化

    vEdge間はフルメッシュのセキュアネットワーク(IKEを使用せずRe-Keyを30秒程度で実現)。

  • アプリケーションベースのネットワークデザインが可能

    アプリケーションベースの
    ネットワークデザインが可能

    DPI機能で、アプリケーションごとのQoS/上位回線を選択。

  • ゼロタッチプロビジョニング

    ゼロタッチ
    プロビジョニング

    設置・交換オペレーションに高いナレッジ不要。

  • VPNを一元管理・制御

    VPNを
    一元管理・制御

    ビジネスに適合したVPNの実現。

  • 全通信(コントロールプレーン/データプレーン)が暗号化

    Webベースのダッシュボードで
    直観的なオペレーション

    デバイス/ネットワークを可視化。

  • アプリケーションベースのネットワークデザインが可能

    シンプルな
    オペレーション

    ソフトウエアのアップグレードもクラウド上のコントローラから実施。

製品について詳しくはこちら >

Viptelaのコンポーネント

Viptela のコンポーネント
アイコン コンポーネント 形態 説明
vEdge vEdge
vEdge Cloud
ハードウエア
ソフトウェア
spanRouting/DPI/VPN機器。データプレーンのルーティングを行う。
vBond vBond クラウド オーケストレーションシステム。vEdgeの初期認証を行う。
vManage vManage クラウド システム管理ステーション。GUIとAPIを提供する。
vSmart vSmart クラウド SDNコントローラー。コントロールプレーンの通信を管理する。

製品について詳しくはこちら >

Viptela デモ動画

Single Virtual Fabric Over Diverse Transports (04:34)

組織内でネットワークプロビジョニングを実施する際には、目的に沿った適切な技術を選択する必要があります。MPLS回線やベストエフォートのインターネット回線など複数の接続方法があり、さらにサービス品質や可用性、管理コストや運用工数等を、慎重に考慮して選択していく必要があります。Viptelaは完全な経路制御機能を提供し、これらの様々なトポロジーの上にも制約のない仮想ファブリックを構築することが可能になります。それにより、下層のトポロジーを意識することなく、各拠点間をシームレスに接続・拡張可能となります。

Bandwidth Augmentation (06:28)

ここでは実際に、Viptelaを利用したMPLS網とインターネット回線の有効な活用方法をご紹介します。Webサービスやクラウドの利用増加により、ネットワーク帯域が逼迫した場合、アプリケーションのパフォーマンスが低下します。Viptelaを利用することで、MPLS-インターネット回線間をシームレスに使い分けることが可能になり、組織内のネットワーク帯域を効果的に利用することが可能になります。

製品について詳しくはこちら >

差別化可能なViptelaの特長

差別化可能なViptela の特長

製品について詳しくはこちら >