Innovation Leading Company

資料ダウンロード

Xシリーズの検証レポートや製品紹介資料、導入事例をご覧いただけます。

事例一覧

Vectra AI社製品の導入事例 (株式会社リコー様)

2017年5月に発生したランサムウエア WannaCry(ワナクライ)は、リコーグループにとっても重大な脅威でした。その対応を通じてネットワークの可視化の重要性を再認識した同社は、新たなセキュリティ体制の整備に着手。そこで選択されたのが、Vectra AI社のXシリーズでした。        
ここでは、株式会社リコー様がVectra AI社のXシリーズの導入にいたった、経緯から効果までの導入事例をダウンロードしていただくことができます。        
※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >

Vectra AI社製品の導入事例

Vectra AI社製品の導入事例 (日商エレクトロニクス株式会社)

日商エレクトロニクス株式会社ではVectra AI社製品を自社導入し、未知のインシデント検知と事後調査の能力を向上させました。監視業務の担当者は「SOCのアナリストが 1 人増えたかのような印象を持った」と語ります。
Vectra AI社製品とMCGの導入の経緯、背景、効果を隠すことなくお伝えします。
※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >

資料一覧

TIS様 × 日商エレクトロニクス Vectra AI社製品 検証レポート

TIS様 × 日商エレクトロニクス
Vectra AI社製品 検証レポート

昨今、組織内部に侵入して感染を広げ、潜伏するマルウエアの被害が拡大し、経営基盤を揺るがしかねない大きなリスクとなっています。従来製品では検知が難しい「ファイルレス攻撃」や端末内部の「正規ツール」を使用した感染活動など、巧妙化の一途をたどっています。

こうした状況の中、さまざまなセキュリティサービスを提供する、いわば「セキュリティのプロ」であるTIS様では、「自社のセキュリティ」を確保するために、エンドポイントとネットワーク通信における脅威の可視化に取り組みました。

とりわけ、ネットワーク通信における脅威の可視化では、機械学習によってネットワークの異常を検知する「Vectra AI社製品」に注目。早速社内で検証を実施しました。

従来製品や「EDR」と「Vectra AI社製品」による脅威への対策はどのように異なるのか。EDRと「Vectra AI社製品」の組み合わせによってセキュリティ対策がどのように変化したのか。検知精度はどのレベルなのか、得られるメリットは何なのか。検証レポートを用意しました。

※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >

横浜国立大学との「IoTにおける攻撃手法の調査とVectra AI社製品の有用性について」の共同研究結果

横浜国立大学との「IoTにおける攻撃手法の調査とVectra AI社製品の有用性について」の共同研究結果

横浜国立大学 大学院環境情報研究院 吉岡克成 准教授 との「IoTにおける攻撃手法の調査とVectra AI社製品の有用性について」の共同研究では、脆弱なIoT機器を囮として用いた横浜国立大学 大学院環境情報研究院のハニーポットで収集したマルウェアの検体を使用し、IoTにおける攻撃手法と感染後の挙動および攻撃に対する検知率の研究を行いました。
※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >

Cybersecurity Private Seminar 2019 講演資料

2019年2月5日(火)、ベルサール東京日本橋にて日商エレクトロニクス主催「Cybersecurity Private Seminar 2019」を開催いたしました。
ここでは当日の講演資料を無料でダウンロードしていただくことができます。

詳細・資料ダウンロードはこちら >

日経ビジネスイノベーションフォーラム
第2回「AIセキュリティーフォーラム」講演資料

2018年11月15日(木)日本経済新聞社主催イベント、日経ビジネスイノベーションフォーラムの第2回「AIセキュリティーフォーラム」が開催されました。
本フォーラムでは、日商エレクトロニクス社員が「AIによるDetection強化」というタイトルで講演しました。
ここでは当日の講演資料を無料でダウンロードしていただくことができます。

詳細・資料ダウンロードはこちら >

ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018 講演資料

2018年7月24日(火)~26日(木)にガートナージャパン主催イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」が開催されました。
本イベントでは日商エレクトロニクス社員がAIセキュリティ基盤のVectra AI社製品を用いた自動ハンティングとサイバーレジリエンス手法をご紹介させて頂きました。
ここでは当日の講演資料を無料でダウンロードしていただくことができます。

詳細・資料ダウンロードはこちら >

日商エレ・名古屋大学によるサイバーセキュリティ共同研究 報告書

日商エレ・名古屋大学によるサイバーセキュリティ共同研究 報告書

Vectra AI社製品の有用性、及び効果的利用法に関して、国立大学法人名古屋大学と日商エレクトロニクス株式会社で共同研究を行いました。全19ページからなる研究報告書を無料でダウンロードしていただくことができます。

詳細・資料ダウンロードはこちら >

Vectra AI_日経ビジネスイノベーションフォーラム 講演資料

日経ビジネスイノベーションフォーラム 講演資料

2018年5月28日に行われた「日経ビジネスイノベーションフォーラム~未知の脅威からビジネス・経営を守る~AIセキュリティーフォーラム」において、「Machine LearningとData Scienceによるサイバー攻撃自動ハンティングのご紹介」というタイトルで講演しました。
講演ではAIセキュリティが必要となっている背景から、AIエンジンを搭載するVectra AI社製品をご紹介し、さらに次世代SoCについてもお伝えしています。是非当日のセッション資料をダウンロードしてください。

詳細・資料ダウンロードはこちら >

Vectra AI_情報戦のサイバー攻撃にどう挑むのか?アルゴリズムによるハンティング手法のご紹介

情報戦のサイバー攻撃にどう挑むのか?アルゴリズムによるハンティング手法のご紹介

脅威インテリジェンス、AIなどサイバー攻撃に対抗するための新しい手法が実装されております。これらは爆発的に増加する脅威分析結果を企業に提供するサービスやソリューションです。ただこの手法は、情報量を持っているベンダーに傾倒した対策であり、ベンダーが収集・分析の得意な情報に依存します。
本資料ではサイバー攻撃のテクニックをアルゴリズム化しどのホストがいまどのような攻撃を受けどの程度リスクがあるのかを検出するソリューションをご紹介します。
※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >

Vectra AI_メディア掲載記事

日商エレが名古屋大学とセキュリティの共同研究の狙い 最終ゴールは「メイドインジャパン」

先日名古屋大学とのサイバーセキュリティ分野に関する共同研究を開始したプレスリリースを行いました。研究対象となる第一弾として、日商エレが国内初の代理店契約を締結したVectra AI社のXシリーズを用い、高度なサイバーセキュリティ脅威に対する効果的な運用方法を開発します。
本共同研究の取組内容と展望を月刊テレコミュニケーションに取材を受けました。その内容をダウンロードいただけます。
※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >

Vectra AI社製 Xシリーズ 製品紹介資料

Vectra AI社製 Xシリーズってなに?(製品紹介資料)

Xシリーズはネットワーク内部に潜む脅威を自動的に追跡・分析し攻撃の全体像を可視化するアプライアンス製品です。本資料ではXシリーズの概要をご紹介いたします。
※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >

Vectra AI社製 Xシリーズ カタログ

可視化できていますか?ネットワーク内部に潜む脅威

現在配布中のカタログをダウンロードいただけます。
※資料請求には個人情報の入力が必要です

詳細・資料ダウンロードはこちら >