Innovation Leading Company

Siemens オープンIoTクラウドプラットフォーム MindSphere構築手順

Siemens

◆目的

当社ネットフロンティアセンター(略称:NETFC)のマシーンルーム内の分電盤より電圧、電流、電力データをPLCにおいて取得し、
クラウド上のオープンIoTプラットフォームであるMindSphereでモニタリングを行います。
なお、機器のIPアドレス、各パラメータのアドレスは下図の通りとし、PLCのプログラミングに関してはすべて完了しているものと
します。



◆MindConnect Nanoとは

MindConnect NanoはモータやバルブなどのOT機器とMindSphereのネットワークゲートウェイの役割を担います。
S7、OPC UA、Midubus通信など様々なインターフェイスに対応しており、Siemens社のPLCの他、一般的なPLCでも簡単に
MindSphereと連携します。























◆MindSphere構成イメージ

図3はMindSphereの構成イメージです。

テナント内にアセットと呼ばれるものを作成します。さらにアセットの配下にアセットを作成できます。上位のアセットを親アセット、
配下のアセットを子アセットと呼びます。

アセットはアスペクトという変数群で構成されます。そして、このアスペクトをまとめたものをタイプと呼びます。
図3は、タイプBasic AreaでNETFCという親アセットが構成され、NETFCアセット配下にタイプMindConnect NanoでNETFC
MindConnect Nanoアセット、タイプPower MonitoringでPower Monitoringアセットが構成されたものとなります。



★設定手順



◆Asset Managerへのアクセス

MindSphere Launchpadにアクセスすると以下の画面が開きます。Asset Managerをクリックし、Asset Managerにアクセス
します。
























◆NETFCアセット(親アセット)の作成①

MindSphereの設定はAssetManagerで実施します。

まずは、NETFCアセット(親アセット)を作成します。
左側メニューバーのAssetsをクリックします。



























◆NETFCアセット(親アセット)の作成②

新しいアセットを作成するため、Create Assetをクリックします。



























◆NETFCアセット(親アセット)の作成③

NETFCアセットはMindSphereで標準で準備されているBasicAreaタイプを用いて作成します。
BasicAreaをクリックし、Createをクリックします。



























◆NETFCアセット(親アセット)の作成④

アセット追加画面が開くので、アセット名、ロケーション情報を入力します。



























◆NETFCアセット(親アセット)の作成⑤

NETFCアセットが作成されました。



























続きをご覧になりたい場合は"こちらから"お問い合わせください。

関連情報