Innovation Leading Company

普段聞けない本音トークも続出!過去最高の盛り上がりを見せた日商Nutanixユーザー交流会 in 六本木レポート

2018年10月 3日

普段聞けない本音トークも続出!過去最高の盛り上がりを見せた日商Nutanixユーザー交流会 in 六本木レポート

過去最高の来場者数を集め大盛況に終わった「.NEXT ON TOUR 2018 in Tokyo」。Nutanixが目指す新たなエンタープライズクラウドについての発表や、ユーザーの活用事例を紹介するセッションなど、様々な催しが開催され、その熱気溢れる会場の様子は日本国内におけるHCI市場の拡大とNutanixの成長を予感させるものとなりました。

今回は、カンファレンス終了後に場所を六本木へと移して開催しました「.NEXTの二次会」とも称した「第3回日商Nutanixユーザー交流会」の模様をお届けします。アルコールありの交流会だったこともあり、普段ではなかなか聞けない「Nutanixユーザーの本音」が続出となった本イベント。その様子を一部ご紹介します。

開演前から会話が弾む!これぞまさに交流会

今回で第3回目となる日商Nutanixユーザー交流会。.NEXT ON TOUR 2018の会場から徒歩10分ほどにある六本木 泉ガーデンタワーのレストランを貸し切って開催いたしました。

開場と同時に続々と集まるNutanixユーザーおよび導入をご検討中の皆さん。お食事やお酒を楽しみつつ、活発に名刺交換をされていました。初対面の方どうしもすぐに打ち解け合い、あっという間に会話の輪が広がっていきました。このように、新しい交流の輪が広がることこそ交流会の醍醐味と言えるでしょう。

開演前から会話が弾む!交流会の様子

本音でトーク!「Nutanix質問コーナー」

人が集まり会場に熱気が溢れ出すころ、日商エレクトロニクス エンタープライズ事業本部長 事業本部長 中島による「Nutanixにより、みなさんのビジネスが発展していくことを願って」という乾杯の音頭でいよいよ交流がスタートします。

しばらくの歓談の後に開催されたのは、恒例となった「Nutanix質問コーナー」。事前に参加者の皆さんから質問を募り、会場から指名されたユーザーの方が答えるというコーナーです。会場の雰囲気が、かなり温まった状態で実施されたコーナーだったので、普段では決して聞けないような本音トークが次々と炸裂。なかには「ギリギリ」なお話も数多く登場しましたが、ここでは紹介できる範囲でお伝えします。

Q.どんなAHV対応ソリューションを導入していますか?

NutanixのハイパーバイザーであるAHVには、様々な対応ソリューションが存在します。他ユーザーがどのようなソリューションを利用しているかは、皆さん非常に気になるところでしょう。司会から指名を受けたユーザー様は「実は、2017年に稼働したばかりなので、具体的な導入についてのお話はできないのですが」と断りを入れつつ、今、一番興味があるものとして、バックアップソリューションである「Veeam」の名前を挙げていました。「AWSやAzureにも対応する予定があるとのことで、大いに期待しています」とのことです。

本音でトーク!「Nutanix質問コーナー」

Q.期待していた部分以外で、導入効果はありましたか?

ユーザー交流会に参加している方の多くは、いうならばNutanixの「ファン」。ある程度の効果を期待した上うえで導入した方が多いはずです。では、逆に「あまり期待していなかったけれど、大きな効果があった」と感じる部分はあるのでしょうか?

指名されたユーザー様は「とにかく使い方が簡単だったところです」と答えます。「簡単だという話は聞いていましたが、『そこまで言うほどのものか?』と疑問を抱いていました。ですが実際に使ってみると本当に簡単で、とてもびっくりしました」。すると会場から「導入して社内の評価や給料は上がりましたか?」という質問が。これにユーザー様は「上がった......と思います(笑)」。会場からは大きな歓声があがりました。

Q.「Nutanix Flow」の使い心地はどうですか?

.NEXT ON TOUR 2018の基調講演でも紹介があった、ソフトウェア型ネットワーキングソリューションFlow。今後、急増することが確実視されるサイバー攻撃。その対策としてFlowの導入を検討している方も多いことでしょう。

あるユーザー様からは「使用した時はバージョン1.0だったので今もそうだとは限りませんが、私が使用した段階では、まだまだだと感じました」となかなかに厳しい感想が。ですが、その後にはFlowへの大きな期待の言葉を続けました。

「Nutanixのソリューションは、できないと思っていたことが、いつの間にかできるようになっていたりします。以前、現地の技術者に会った際に機能の希望を伝えたら、日本に帰国した頃にはもう実装されていたということがありました。Nutanixの改善スピードは驚異的なので、Flowも使いやすいソリューションへと確実に成長していくはずです」

当日は、回答者に指名されたユーザー様に対して、司会者からだけではなく、会場から質問の声が飛び交うなど、活発なやりとりが繰り広げられました。スペースの都合でご紹介できるのはごく一部ですが、読者の皆さんにその熱気が伝われば幸いです。

来年は300人の会場規模に?Nutanixと共に成長するユーザー交流会

質問コーナーの後に待ち構えていたのは、豪華賞品が当たる「プレゼント抽選会」。目玉賞品である「あのゲーム機」に当選した方は、「まだNutanixを検討中の段階」の方でした。ぜひ今後、ゲーム機同様、Nutanixもご活用いただけると嬉しく思います。

イベントの最後は、交流会直前に受け取った「Nutanixパートナーオブザイヤー2018」のトロフィーを手にした日商エレクトロニクス エンタープライズ事業本部 副事業本部長の榎本が締めました。

日商エレクトロニクス エンタープライズ事業本部 副事業本部長の榎本

「私たち日商エレクトロニクスは、2018年も日本で最も実績を上げたパートナーとしてNutanixから大きな評価を受けました。これからも、もっともっと実績を上げてNutanixの普及に貢献していきたいと考えています」「そして、来年はもっと多くのユーザー様を招いて交流会を開きたい。そのために、300人の会場を押さえます!」と宣言しました。

今回の会場は定員約70名で満席状態。毎年、参加者はほぼ倍ペースで増加しているため、次回開催時はさらに規模が大きくなる見通しです。

最後に

本イベントは「ユーザー交流会」とは銘打っていますが、参加条件は必ずしも「導入済みユーザー」である必要はありません。今回も「まだ購入していない」「今、検討しているところ」という方々にも多くご参加いただきました。Nutanixに少しでも興味があれば、このブログをご覧になっているお客様も、ぜひ来年度は参加して導入検討のための情報収集を行ってみてはいかがでしょうか?

集合写真