日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

NEXT Conference 2017日商ツアー 現地の熱気をフォトレポート! in Washington DC

2017年06月30日

NEXT Conference 2017日商ツアー
現地の熱気をフォトレポート!
in Washington DC

6月28日〜30日に米国ワシントンDCにてNutanixのカンファレンスが行われております。今年も日頃からお世話になっているお客様、パートナー様向けに"日商ツアー"を開催しました。早速、現地より熱い会場の様子と日商ツアーの様子を皆様にお届けいたします!

NEXT Conferenceとは?

「Nutanix .NEXT Conference」とはNutanix社が毎年開催するユーザーカンファレンスの名称です。Nutanixのビジョンや戦略、最新の技術動向ならびに技術情報、世界各国のユーザー事例など様々な情報を一同に集め、発表しています。2012年に国内初のNutanixを販売した当社はもちろん第1回目開催から参加しています。
世界各国からの参加者は年々増えており、第1回目開催時には500~600名ほど、第2回目は2,500名ほどでした。第3回目の今年は3,000名以上。日本からもおよそ85名が参加しており、HCI市場の拡大とともにNutanixへの注目の高さがますます増していることが分かりますね!下の写真は現在開催中のカンファレンスの様子です。

NEXT Conference2017会場

静観なワシントンDC

6月27日に一同は成田空港に集合し、ツアーの無事を祈り決起集会を開催。フライトに間に合わないかも!というお客様のドキドキなハプニングもありましたが、なんとか無事に全員12時間のフライトを経てワシントンDCに到着しました。
空港から会場のナショナルハーバーまでは離れているため、ワシントンDC市内を観光しながらの移動です。ワシントンでは国会議事堂より高い建物を建ててはいけないという決まりがあるため、空が広く感じる長閑な印象の街並みでした。

静観なワシントンDC

日商ツアー限定ジャズナイト

日商ツアー限定ジャズナイト

また、夜には日商ツアー限定のジャズツアーを企画し、営業を続けているアメリカ最古のジャズサパークラブに訪れました。気軽にくつろげる深夜の聖地として、国内外から多くのファンが訪れるそうです。外観は怪しげに見えますが、実は18世紀の馬車置き場を改造して利用しているとのこと。ワシントンならではの文化と歴史に触れることができ、お客様からも「かっこ良かった!」とご満足いただけました。

カンファレンス会場の様子

カンファレンス会場の様子

会場は市内から車で30分ほどの場所にあるGayload National Resort and Convention Centerです。会場の通路には、昔懐かしいインベーダゲームや、パックマンなどのゲームマシンが設置してあり、誰でも楽しめるようになっていました。なかには、ノベルティで貰ったNutanixロゴ入りのミニドローンを通路で飛ばして遊んでいる方もいましたよ!

今年のテーマは「Building the Future of the Enterprise Cloud」

1日目オープニングセッション

Nutanix Dheeraj氏

現地時間の6月28日のオープニングゼネラルセッションでは、Nutanixの創設者であり代表取締役会長兼CEOのDheeraj、そして新たな連携機能として発表されたGoogle Cloud SVPのDiane氏らがフルスタックのエンタープライズクラウドOSへの道のりについて紹介しました。

2日目朝ゼネラルセッション

Nutanix Sudheesh氏とNasdaq Adena氏

29日朝のゼネラルセッションでは、Nutanix PresidentのSudheesh氏とNasdaqの社長兼CEOでビジネス分野での世界的に強い影響力を持つAdena氏による対談からスタートしました。Nasdaqが6つの大陸で活躍する世界的な組織に変貌を遂げたのは、破壊的なイノベーションを恐れることなく採用しているからだと熱く会場に訴えた後、Nutanix CPOのSunil氏から最新情報の発表とデモストレーションの紹介がありました。

日商ツアーオリジナルのスポンサーブースツアー開催!

.NEXT Conference 2017 ではおよそ50社の企業がスポンサーとして参加しております。各社のソリューションに触れることができる会場があり、日商ツアーはその中でも特に皆さんにオススメしたい3社をピックアップしオリジナルのスポンサーブースツアーを開催しました。日本からメーカー本社の人に直接質問をする機会はあまり多くありませんし、海外のカンファレンスに参加してもひとりだけだと会話が難しいいため、今回のスポンサーブースツアーならではの経験としてお客様に喜んでいただけたようです。
Liquidwareについてはこちら >
Workspotについてはこちら >

日商ツアーオリジナルのスポンサーブースツアー Liquidware
日商ツアーオリジナルのスポンサーブースツアー Workspot
日商ツアーオリジナルのスポンサーブースツアー Rublik
日商ツアーオリジナルのスポンサーブースツアー 集合写真

今回のカンファレンスには、およそ50社のスポンサーがついており、スポンサーブースもとても賑わっておりました。ブース内のパーティではなんと、ゼネラルセッションにも登壇したNutanix CEOのSudheesh氏とも遭遇!日商エレクトロニクスとはNutanix創業以来の長い付き合いだということで、快く記念撮影をしてくれました。

おわりに

このレポートは開催2日目半ばまでの内容をもとに書いています。これからまた、どんな発表があるのか楽しみです。

今回のカンファレンスの内容につきましては、7月14日(金)に東京にて開催する「Nissho x Nutanix Summit Tokyo 2017」にフィードバックさせていただきます。なんと、Sudheesh氏が来日しカンファレンスの発表内容についてワシントンでのホットな状態のまま、日本のお客様向けにお話いただきます。残席はわずかではありますが、ぜひご参加申込みください。
詳しくはこちら >

日商ブースツアーでもご紹介した、Workspot CMO Brad Peterson氏が来日し、当社主催の働き方改革イベントに登壇いただきます。たっぷりデモにてご説明いたしますので、ご興味ある方はこちらもぜひご参加くださいませ。
詳しくはこちら >