Innovation Leading Company

2020年3月25日

HPE on Nutanix特集5:HPE Composable Fabric って? Nutanixとの連携

近年、仮想化はサーバやストレージだけではなくネットワークの世界にも広がっています。 5回連続シリーズの最後のテーマとしては前後半に分けて、HPE社が昨年買収したPlexxi社のソリューションである 「HPE Composable Fabric」に焦点を当てます。 後半はNutanixとの連携について解説します。

Composable Fabric によるネットワーク最適化とNutanix連携

Composable Fabric によるNutanix連携は「ネットワークの可視化」「VLAN自動設定」 「ストレージトラフィックの保護」「ネットワーク機能の補完」の4つのメリットがあります。 3つのメリットは前半の記事で解説した通り、自動設定や自動認識、管理の一元化等運用をシンプルにするソリューションです。


自動認識 :
・HCIノードを自動検出・認識
・ファブリックに接続されたノードが "誰" なのかを自動的に検出

自動設定と帯域の最適化 :
・必要なネットワーク環境を自動割り当て
・物理ネットワークの分割、仮想ネットワークの帯域割当などを自動的に実施
・同じ設定を他のノードにも適用可能。設定作業の工数を短縮
・「Nutanix Prism」 と連携して自動設定

一元化 :
・物理/仮想ネットワークを一元的に可視化
・単一のコンソールから、物理/仮想ネットワークを統合的に管理
接続されたノードを自動的に検出/認識

接続されたノードを自動的に検出/認識

ネットワーク機能の補完:
NSX DCよりも安価で高度なネットワーク機能を

そして、この連携の最大のメリットがVMware NSX DCと同じ目的を安価に実現できることです。
flowそのものはAHVに内蔵されているため、シンプルなインストールや運用が可能ですが、 マネージャーを持つような構成になっていないこと、複雑な構成を組もうと思うとネットワークベンダー各社の SDNソリューションに頼る必要がありましたが、そのどれもが高額かつ複雑、大規模環境を想定しているものでした。 サーバー管理者が利用することを前提にした「Composable Fabric」であれば簡易な構成でNSXと同じ機能を実現可能です!

Nutanix AHV + AOS + FLOW +HPE Composable Fabric

HCI:
・分散ファイルシステム
・高い容量の拡張性

ネットワーク機能:
・マイクロセグメンテーション
・アプリケーションのパフォーマンス監視
・分散スイッチ
・VLAN 自動化
・深い部分のネットワーク可視化
・L2VPN 延伸

その他:
コストは安価(AHV が内蔵、 FLOW は NSX よりも安価)
導入作業が容易

まとめ

いかがでしたでしょうか?サーバ仮想化の世界で起きたことはそのままネットワークの世界でも起きつつあります。
ぜひネットワーク機器の検討の際には、物理機器をそのまま更改するのではなく、 仮想化することも視野にいれていただければ幸いでございます。