Innovation Leading Company

2020年3月25日

HPE on Nutanix特集1:2種類の提供形態

昨年10月に開催された.Next Copenhagenにおいて、ProLiant DXシリーズが、HPE社のGreenLakeに対応する旨が発表されました(詳しくは速報blogへ)。 発表からしばらく経ち、具体的な情報が出そろって来たため、 改めて注目の集まっている「HPE on Nutanix」について、以後5回のシリーズで解説を行います。 すでにProLiant DXシリーズのHWとしての特徴や位置づけは紹介ページでご紹介しておりますが、初回はも う一つの提供モデルである「GreenLake for Nutanix」の概要や、ユースケースについてご紹介をいたします。

提供モデル

提供モデルにより、それぞれに特徴があります。アプライアンスとして提供されるProLiant DXはハードウェア・ソフトウェア 別々に最適な調達モデルの適用(ハードウェアはスケールメリットを生かした購入、ソフトウェアは包括契約等)が可能になります。 他⽅、サービスとして提供される「GreenLake with Nutanix」はサービスとしての特性を⽣かした展開(瞬時に増強可能なリソースバッファーを持たせる)やカスタマイズ可能なHPE社の最上位保守である「データセンターケア」が標準となるため、 ニーズに合わせた柔軟なモデルが組成可能です。

2つの提供モデルの違い

提供モデルにより、それぞれのメリットがございます。 提供モデルにより、それぞれに特徴があります。アプライアンスとして提供されるProLiant DXはハードウェア・ソフトウェア 別々に 最適な調達モデルの適用(ハードウェアはスケールメリットを生かした購入、ソフトウェアは包括契約等)が可能になります。他⽅、 サービスとして提供される「GreenLake with Nutanix」はサービスとしての特性を⽣かした展開(瞬時に増強可能なリソースバッ ファーを持たせる)やカスタマイズ可能なHPE社の最上位保守である「データセンターケア」が標準となるため、ニーズに合わせた柔軟なモデルが組成可能です。

Proliant DX

GreenLake with Nutanix

提供形態 製品販売 サービス
(ハードウェアはHPE、ソフトウェアはNutanixより提供、パートナーによる導入) (ハードウェア・ソフトウェアともにファイナンシング)
保守サポート
(ハードウェア)
HPE ファウンデーションケア HPE データセンターケア
メリット ・いつでもすぐに増設
・マイグレーションが可能
・あらかじめ余剰リソースを確保することにより瞬時に増強可能
・ハードウェア・ソフトウェアが別々に提供されるため、スケールメリットを生かしての調達やソフトウェア包括契約の組成が可能 ・サービスとしての提供のため、オフバランス化可能 
※会計処理については、お客様ご自身においてのご確認をお願いいたします。
・ハードウェア・ソフトウェアそれぞれの別々に問い合わせ対応が可能 ・カスタマイズにより多様な保守オプションが提供可能(一括保守窓口、他社製機器一括保守等、高可用性保守)
向くワークロードや
状況
・ERP、VM統合基盤等計画的なリソース調達が可能な場合
・すばやくHWを調達可能な場合
・必要リソースの急激な増加が見込まれる場合
・リソース調達に時間を要する場合
・緩やかなリソース増加が見込まれる場合

ラインナップとユースケース

お客様の状況やプロジェクトに応じて、さまざまなラインナップを選択可能です。 ベースモデルとなっている DLシリーズの特性を受け継ぎ、1Uのモデルから4CPU搭載可能な⾼集約モデルまで、幅広いラインナップも特徴の⼀つです。

ROBO
エントリーレベル
VDI サーバ仮想化、
プライベートクラウド
ビジネスクリティカル アプリケーション、
ユニバーサルコミニュケーション
ITアプリ、
開発/検証
Files, Objects,
非構造化データ
ユーザー
ニーズ
コスト効率
小さなフォームファクタ
シンプルな管理
コンピュートリソース
リッチメディアのサポート
コンピュート /
ストレージの密度
レイテンシの重要なアプリケーション
ホットデータのための
高速なストレージ
ホットデータのための高速キャッシュ
安価 &大容量のストレージ
技術要件
エントリーレベルの
高密度システム
コンピュート密度
GPU
大容量キャパシティ向けのHDD層
多くのコア数
バランス
オールフラッシュ / NVMe 高速なCPU
大規模メモリ
ユーザー固有の要件
頻繁なディスクIOをさばくための
十分なフラッシュと大容量キャパシティ層
適切なフラッシュ層
長期保管に向けた大容量のキャパシティ
選択肢
DX360 4LFF
DX2200 w/DX170
DX380 8SFF
DX2200 w/DX190
DX2600 w/DX170
DX360 8SFF
DX380 24SFF
DX560 24SFF
DX380 12LFF DX380 12LFF
DX4200 24LFF
ストレージキャパシティ

24-TiB

32-40TiB

40TiB

120TiB-200TiB

まとめ

お客様の状況やプロジェクトに応じて、さまざまなラインナップを選択可能です。 ベースモデルとなっているDLシリーズの特性を受け 継ぎ、1Uのモデルから4CPU搭載可能な⾼集約モデルまで、 幅広いラインナップも特徴の⼀つです。第2回に続きます。