Innovation Leading Company

インフラからアプリケーションまで
フルスタックのサイト監視、分析プラットフォーム

New Relicの導入により、リリース時の影響をリアルタイムに検知し、そのルートコーズを即座にアプリケーションのコード・レベルまでドリルダウンし、バグの箇所が迅速に特定できるようになります。また動的に変化するインフラおよびアプリケーションを容易に一元監視できるようになり、迅速で適確な障害対応およびサイジングの最適化が図れるようになります。New Relicを開発と運用共通のテスト、監視、分析ツールとして活用することで、開発と運用の担当者間における情報の共有化と相互理解が進み、双方の効率化が図れます。

New Relicについてさらに詳しい情報はこちら >

New Relic

New Relicについてさらに詳しい情報はこちら >

1.システム変更の影響や
障害原因を簡単・はやく把握

New Relic特長

インフラストラクチャーからアプリケーションまですべてを包括する監視・分析機能があります。 短期かつ連続的に発生するシステム変更や配備に伴う環境変化においても対応可能です。

2.最新のITトレンドへ
いち早く対応

New Relic特長

導入が進むコンテナやマイクロサービスの監視・分析に最適化されています。サーバーサイドだけでなく、ブラウザーやモバイルネイティブアプリケーションといったクライアントサイドまで一元的に管理。

3. セットアップ不要
少ない運用負担

New Relic特長

監視対象となるシステム(OSやアプリケーション)にエージェントをインストールするだけ。従来の監視ツールのような監視設定がないため負担なく運用できます。また、クラウドサービスのため、監視 システム自体の構築・運用が必要ありません。