Innovation Leading Company

ソリューション

年金ACC

国民年金保険料収納受託業務システム

日商エレクトロニクス

日商エレクトロニクスは、今までに多くの民間金融機関に債権管理総合システム ACC Professional Suiteを納入してきました。年金ACCはこの債権管理回収における実績・ノウハウをベースに新たに開発した国民年金保険料収納受託の業務システムです。

概要

平成17年より社会保険庁(現日本年金機構)によって、国民年金保険料収納業務が民間事業者へ業務委託されることとなりましたが、要求水準の達成へ向け受託業者にとっては収納業務の効率化が課題となっております。年金ACCは民間金融機関での債権管理回収や料金徴収・収納管理業務にて多くの実績をもつ債権管理総合システムACCをベースにしており、効率化された国民年金保険料の収納管理業務を実現します。

さらに年金ACCと戸別訪問用モバイルシステムを連携することにより、社内エリアでの電話督励業務はもちろん、戸別訪問業務における社外での滞納者との折衝記録や訪問記録などをリアルタイムにて登録/検索/確認することができます。

特長

滞納者を分類管理

督励対象者を受託地区、滞納者の基礎年金番号、属性などにより分類管理できます。ワンシステムで複数地区の未納情報を管理可能です。

オートコールによる架電効率化

滞納者の連絡先を画面表示し、電話番号をクリックすることで年金ACC専用電話機より自動架電(プレビューダイヤル)を行い、業務の効率化と手動ダイヤルによるかけ間違いを防止します。

※プレディクティブダイヤルでの架電をご希望の場合、別途ご相談させていただきます。

督励担当者を支援

滞納者とより確実にコンタクトし、督励担当者による管理・督励を効率的に行う各機能を搭載しています。

システムセキュリティを完備

担当者ごとにID、パスワードを設けたログイン管理と業務内容のログ収集、閲覧機能を標準実装しています。

モバイルシステムとの連携も可能

戸別訪問業務向けモバイルシステムと連携が可能で、社内外における収納受託業務をトータルでサポートします。

※Navitime ASPサービスとの連携により、地図の表示と最適な訪問ルート検索が可能となります。

日本年金機構指定の暗号化/復号化機能を標準装備

Keymateを使用した日本年金機構DATデータの復号化機能とMOデータ出力時の暗号化機能を標準実装しています。

※別途、Keymateの購入が必要となります。

【電話督励業務および戸別訪問業務を連携した全体概要図】

特長

機能一覧

  • 滞納者データ取込機能(DATデータ)
  • 文書発送(納付勧奨通知書など)
  • 電話督励機能(オートダイヤリング、リコール予約など)
  • 戸別訪問対象者登録機能
  • 折衝履歴登録機能
  • 各種検索機能
  • 分類/オペレータ振り分け機能
  • 条件抽出機能
  • 納付督励事蹟出力機能(MOデータ)
  • 各種データ帳票出力機能
  • モバイルシステム連携機能

スペック

商品のスペックの詳細については、下記 スペック詳細ページよりご覧ください。

スペック詳細ページ

関連情報