Innovation Leading Company

Digital Front Office

Moxtraの特長

Moxtraは、柔軟かつシームレスなコミュニケーションと強固な情報セキュリティという、モバイル時代に求められるユーザー体験を顧客に提供する次世代ビジネスコラボレーションプラットフォームです。ここではその特長、機能をご紹介いたします。

モバイル時代のセキュアな
コラボレーションプラットフォーム

Moxtraは、大きく3つのレイヤーで構成されています。UI/UXレイヤーでは顧客、担当者、管理者向けにそれぞれポータルが用意されており、役割とそのワークフローに合わせたユーザー体験を実現しています。Integrated Collaborationレイヤーでは、豊富なビジネスコラボレーション機能をシームレスにユーザーへ提供し、Integration and Deploymentレイヤーでは、API、SDKなど他のビジネスシステムとの統合、ハイセキュリティプラットフォーム、そしてクラウド、オンプレミスいずれのインフラストラクチャにも展開できるアーキテクチャが備わっています。

多層防御のセキュアプラットフォーム

Moxtraは顧客とのチャット、ビデオ会議、音声通話、資料を閲覧したかなど、監査に必要な情報をすべて記録できます。

そのデータはユーザ毎やバインダー毎などの細やかな権限管理によって、アクセス不可、ダウンロード不可と権限付与する事ができます。

またこれらはすべて従来システムと同じ環境(オンプレミス)に展開する事が可能であり、そこから外部とのやりとりは暗号化通信により保護されます。

このHigh-Security Collaboration Islandの思想に基づいた多層防御により、GDPRなどの規約・規制・コンプライアンスに柔軟に対応する事が可能です。

デジタルビジネスを強化するUI/UX

MoxtraはiOS、Android、Windows、MacOS、各種ブラウザ、クラウドサービス型、オンプレミス型とマルチプラットフォームに対応しております。またモバイルに搭載されている機能はすべてPC環境でも利用可能です。

担当顧客やチームとの直感的なコンタクト

Moxtraは、社内のメンバーと社外の顧客及びパートナーとを視覚的に明確に分けています。タブの切り替えやフィルタリングで表示を更に絞り込むこともできます。

細やかな権限管理とユーザー紐付け機能により、顧客と担当営業を紐付ける事ができます。例えば、担当営業が明確な顧客からは、その担当しか画面上に表示されないようにも制御ができます。

バインダーは取引別、チーム別、1to1、自由に内部と外部隔てなくユーザを組み合わせる事ができます。またこれら操作はすべて記録されているため、内部統制を損なう事はありません。

①ユーザーリストを切り替えれるタブ
②テーマやユーザー別にグループが作れるバインダー
③社外ユーザーがバインダーに含まれている場合に通知

シームレスなコンテンツ作成とメッセージング

Moxtraは、一般的なコミュニケーションツールと同様にひとつのバインダーごとに、ひとつのメッセージ画面を持ちます。

メッセージ画面からはダイレクトにビデオクリップ作成、カメラ、ホワイトボード、その他連携ソフトウェアを起動し作成、もしくは取得されたコンテンツはシームレスにメッセージ画面へと共有することができます。

ここで作成されたコンテンツは別のルームに展開する事が可能です。実データはバックエンドで共有されているため、バインダー毎にアップロードをし直す必要はありません。

①ファイルに対する注釈・コメントなどの機能へ遷移
②ファイルアップロードなどコンテンツ共有機能へ遷移

各種添付ファイルへの注釈・図示を双方向で共有

Moxtraは、Officeファイルをはじめpdf、画像、音声、動画など多くのファイル種別をネイティブにサポートしています。そのためメッセージ画面でプレビューをタップすれば、すぐに内容を確認する事ができます。

ビュー画面では、ドキュメントに対してコメントや、注釈を矢印やアイコン、ハイライトを使用して意図を伝える事ができます。またこの注釈はリアルタイムに相手の画面にも反映されます。

①コメントの挿入や矢印などがドキュメント上に反映される
②注釈やクリップビデオ作成機能へアクセス

電子署名とナビゲーション機能

Moxtraは、共有されたファイルに対する確認のサインや、チェックボックス、日付入力、テキスト挿入をひとつのプラットフォーム上で完結できます。

その署名は"誰に"、ドキュメントの"どこへ"、"何を"入力してもらうのかを通知・メンションする事ができます。

複数のサインが要る、承認ルートが階層化されているなどの場合にも簡単にワークフロー機能を使ってルートを作成する事もできます。

①署名者をここで指定することができる
②指定されたユーザーは手書き機能でサイン
③日付項目の入力はカレンダーから選択

ビデオ会議と画面共有機能

Moxtraは、モバイルに最適化されたUIで、ビデオ会議と画面共有をひとつの画面でシンプルに、ストレスなく共存させることができます。

ビデオ会議の間も新たに資料を共有すること、資料に署名や注釈を入れること、参加メンバーを増やすことなどが簡単に行えます。

その映像及び音声品質はMoxtraのバックグラウンドであるWebEXを含む20年超の卓越した技術で、外出先のモバイルからでも高いレベルを保持する事ができます。

①ビデオ通話をしながら相手の見ている画面を共有
②コンテンツに重ならないよう自動縮小・移動
③参加メンバーは最大50人まで随時追加可能
④カメラ・マイクのオンオフを制御

既存システム・サービスとの接続
※別途カスタマイズが必要となります。

Moxtraは、他システムを組込開発ができるSDK、他システムから機能を呼び出すことができるAPIが豊富に用意されており、自社の既存システムをMoxtraプラットフォームに連携させる事ができます。

お客様がすでに市場に提供している個別モバイルアプリケーションにも組み込む事ができます。その場合、ユーザーはアップデートをするだけでMoxtraプラットフォームを新たに利用できるようになります。

まだモバイルアプリケーションをお持ちでないお客様は、Moxtraをベースにビジネスに必要な機能と自社のブランディングデザインを搭載することで、迅速に双方向コミュニケーションが可能なモバイルアプリケーションを市場に投入することができます。

ビジネスチャネルの変革

Moxtraは、企業のモバイルチャネルを動的な双方向コミュニケーションに変革します。

moxtra_icatch