日商エレクトロニクス

Innovation Leading Company

ソリューション

Fortinet(旧Meru Networks)無線LAN

エンタープライズ向け IEEE802.11ac対応無線LAN

Fortinet(旧Meru Networks)

Fortinet社製Wireless LAN Systemは、同一Chの干渉などが原因で 接続・切断を繰り返すなど、これまでの不安定な無線LANの問題点を解決する、 次世代型無線LANソリューションです。

概要

Fortinet(旧Meru Networks) Wireless LAN Systemは、スマートフォン、タブレット端末にも
シームレスに対応する無線LAN製品を多数取りそろえています。
特許のバーチャルセルなどの同一Ch干渉機能も搭載されており、もちろん802.11acをサポートしております。

Fortinet無線コントローラ

ネットワーク管理の一元化を実現。同じOSが搭載でき同一機能を使用可能。機器の違いはサポートする
AP接続数と接続クライアント台数のみの違い。

FWC-50D
      

FWC-50D

SOHO・小規模ネットワーク向け
50台
最大1,000クライアントをサポート

FWC-200D
   

FWC-200D

小・中規模ネットワーク向け
200台
最大2,000クライアントをサポート

FWC-500D
   

FWC-500D

中・大規模ネットワーク向け
500台
最大5,000クライアントをサポート

Fortinet無線アクセスポイント

IEEE 802.11ac対応から廉価版まで用途に合った様々なアクセスポイントを準備

image
   

AP832e

IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応
デュアル無線、11b,g,nと11a,n,acで同時利用
全方向アンテナ(3×3 MIMO 3ストリーム 最大1.3Gbps/RF)

image
   

AP832i

IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応
デュアル無線、11b,g,nと11a,n,acで同時利用
内蔵型アンテナ(3×3 MIMO 3ストリーム 最大1.3Gbps/RF)

image
   

AP822e

IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応
デュアル無線、11b,g,nと11a,n,acで同時利用
全方向アンテナ(2×2 MIMO 2ストリーム 最大867Mbps/RF)

image
   

AP822i

IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応
デュアル無線、11b,g,nと11a,n,acで同時利用
内蔵型アンテナ( 2×2 MIMO 2ストリーム 最大867Mbps/RF)

容易なチャネル設計(シングルチャネル・デプロイメント/チャネルレイヤリング)

シングルチャネル・デプロイメントにより、コントローラが同一チャネルの干渉を制御し、複数のAPを同一チャネルで
展開することが可能です。複雑なチャネルサイジングが不要なので、従来の無線LAN製品より簡単にプランニングする
ことができます。なお、広い帯域が必要な場合はチャネルレイヤリング機能を使用するため、複数チャネルを重ねて
利用する場合においても、APの出力調整は必要ありません。


従来の無線LAN製品

  • 同一チャネルが干渉しないように、チャネル設計と出力調整が必要
  • 構築後にカバレッジホールがあった場合、すべてのチャネル設計の見直しが必要
  • レイアウト変更時に、再度サイトサーベイが必要

Fortinet製品の場合

  • 同一チャネル干渉をスケジューリングにより制御
  • カバレッジホールがある場合、APを追加するだけ
  • 複数チャネルで構築する際、出力調整は不要

image

セルラーネットワークのテクノロジーを適用したバーチャルセル

通常の無線LANシステムは、端末側でどのAPに接続するか判断しますが、Fortinetのバーチャルセル機能は、コントローラが

クライアントに対して適切なAPを判断して、通信をコントロールします。クライアントからは、あたかも1つの大きなAP

として見えるため、ハンドオーバーは発生せず、シームレスな移動性を提供することが可能です。

病院の電子カルテシステムに最適な無線LANです。


image

より多くのユーザーに対して均等に「時間」を提供するエアタイムフェアネス

データ通信量ではなく、ネットワークアクセスの「時間」を均等に提供します。


  • 同じ速度の端末の場合、すべての端末の帯域を均等に提供
  • より多くのユーザーが接続可能(クライアントハイデンシティ)
  • レガシークライアントと11nクライアントが同時に通信している場合、「時間」を均等割りにするため、
    11nの通信が低速な通信に引きずられることがなく、最適な通信環境を実現

通信レートが違うクライアントが存在する場合の通信イメージ

image


image

安心して利用するための万全なセキュリティ

  • 業界標準のセキュリティ対応:

    WEP、WPA-PSK、WPA2-PSK、802.1x認証+DynamicWEP、WPA-Enterprise(AES)サポート

  • MACフィルタリング:

    コントローラによるローカル管理およびRADIUSサーバーとの連携で、接続する通信機器のMACアドレスを制御

  • Captive Portal:Web認証によってアクセスをコントロール

  • 不正APの検出:無断で設置されたAPを素早く検知し、不正APをブロック

運用を容易にする一元管理

ゼロコンフィギュレーション

  • APとコントローラが同一セグメントでも別セグメントでも、APに設定不要。コントローラが自動認識
  • L2(APとコントローラが同一セグメント)の場合、APのIPアドレスは不要

管理機能

  • 複数のAPをコントローラによって一括管理
  • コントローラとAPのバージョン管理およびAPに対する一括アップグレード
  • WebUl(HTTPS)、CLI(シリアル、Telnet、SSH)による管理
  • Syslog、SNMPv2/v3サポート

ワイヤレスエンタープライズインフラを可能にする柔軟なネットワーク構成

同一APでトンネリングモードとブリッジモード対応

  • トンネリングモード:
    すべてのトラフィックはコントローラを経由
    クライアントはどのAPに接続しても常に同じセグメントに接続
  • ブリッジモード:
    マネジメントトラフィックとデータトラフィックを分離
    データトラフィックはコントローラを経由せずAP下の接続セグメントへ転送

VLAN対応

StaticVLANおよびDynamicVLAN対応


N+1冗長構成

最大5台のアクティブコントローラに対して、1台のバックアップコントローラで構成可能

1+1冗長ソフトウェアは無償でコントローラーにバンドル

関連情報